ママたちが癒されているカラテカ矢部太郎のイラスト、独特の世界観が人気。

芸人として活躍しながら、さらには漫画家としても活躍中のカラテカ矢部太郎。

著書『大家さんと僕』は、続編『大家さんと僕 これから』とあわせて累計120万部を突破、多くの人の共感をよびました。

口コミサイト「ウィメンズパーク」のママたちの間でも、本はもちろんその絵のもつ「やさしさ」が人気を集めています。

なぜカラテカ矢部の絵にママたちがひかれるのでしょうか。

人柄が伝わってくる

東京の新宿にある、ある一軒家を舞台に、階下に住む大家のおばあちゃんと2階に住む芸人の「僕」との交流を描いた、「大家さんと僕」。

カラテカ矢部の人柄がつたわってくる、あたたかい作風が人気です。

口コミサイトウィメンズパークの「外出自粛ででかけられないので、おすすめの本を教えて」というあるママの問いかけにも、カラテカ矢部の作品があがっていました。

インスタグラムも人気

「わたしは『大家さんと僕』『大家さんと僕 これから』をおすすめ。不覚にも泣いてしまったほど気に入ってます」
「絵やにじむ雰囲気がとてもいい。疲れているときに読みたくなる」
「なんでかな、温かさと優しさにあふれているからかな。読み返したくなる本ですよ」

カラテカ矢部のInstagramでは、現在大家さんとの仮想旅行が描かれています。

草原や、外国、果ては宇宙にも!やさしい色遣いで描かれた世界は、実は見ている人の気持ちを考えソーシャルディスタンスを保っています。

せめてイラストだけでも

「みなさん外出自粛で外にでられないなか、せめてイラストだけでも、のんびりした気持ちになってもらえたらと」のこと。

育児雑誌「ひよこクラブ」の7・8月号特別合併号キャンぺーン「夏を休もう」のためのイメージイラストを手がけることに。

「赤ちゃんのかわいらしさや、愛しさ、大切に想うご両親のやさしい気持ちを想像しながら描くことで、僕自身も癒されるとても良い時間でした」とのこと。

外出もままらない今、窓の向こうに空や、雲や木々がひろがっている、希望あふれる、まさに矢部さんならではの世界観が描かれています。


(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

おすすめの記事