華道家の假屋崎省吾(61)が2月26日に、「もうマスクが無い、手作りで!!」と題してブログを更新。

新型コロナウイルスの影響でマスクの品切れが続くなか、假屋崎省吾のガーゼハンカチを使った“手作りマスク”が反響を呼んでいます。

マスクを自作

《もうマスクが無い 出張続きだしね》と切り出した假屋崎省吾。

バラ柄のガーゼハンカチを《三つ折りにして 右左折って ヒモつけて出来上がり これでなんと24層にもなるからね》と、4枚の写真を添えて作り方を解説しました。

「もうマスクが無い、手作りで!!」

ネット民も賞賛

このアイデアに、フォロワーから称賛の声が上がった。

《花柄のガーゼマスク、素敵です ガーゼやと、呼吸もしやすそうで、お肌にも優しい感じがします》
《お手製マスク浸透するといいですね。マスク不足の不安、解消したいです!》
《とても素敵です!! 薔薇の花模様がが、仮屋崎さんにとても似合ってますね! マスクなくて不安でしたが久しぶりに明るい気持ちになりました!》

またタレントの辻希美(32)も、18日にYouTube『辻ちゃんネル』で手作りマスクを公開。


こっちはかなり本格的です。

「ウイルス防止をお約束するものではありません」「リユースアイテムになりますので各自で十分に確認の上ご使用下さい」と前置き。

その上で使用済みになった使い捨てマスクのパーツに、布・ガーゼを組み合わせた作り方を紹介したのです。

「国内衛生用品メーカーは、工場を24時間稼働させてマスクを増産しています。ですが、供給が追いついていない状況です。マスク不足の対策として、栃木県鹿沼市や奈良県葛城市といった各自治体もガーゼマスクの作り方を紹介しています」(社会部記者)

経産省がガーゼマスクを輸入

そんななか、26日に経済産業省はマスク着用についてこう呼びかけています。

「使い捨てマスクがない時は、代用品を使いましょう。ガーゼマスクやタオルなど、口を塞げるものでも飛沫(くしゃみなどの飛び散り)を防ぐ効果があります」

同時に同省は、国外からガーゼマスクの輸入開始をこう発表したのです。

「東証一部上場のアパレル縫製企業がミャンマーの工場において、ガーゼマスクの生産を開始しました。来週にはガーゼマスク4000枚の輸入を開始します。3月第二週には10万枚、3月中には、100万枚の輸入を目指します。その後は需給の状況を見ながら、順次400万枚まで拡大していきます」

ネットの反応

「輸入‥。自国でなんとかする力を今、見直すチャンスなのに。無力さを感じないのかな。危機感を持たないのかな。」

「ヨメの会社が下着会社だけどマスク作りはじめた。ぶっちゃけ感染者がマスクしてなかったら、非感染者のマスクは気休め。感染者がマスクしてて幸運にも移らなかった実体験から。」

「昔のマスクはガーゼだったし使い捨てでもなかった。ガーゼでいいならタオル地でもいいだろう。気休めでもいいから口を覆っておきたいというのであれば素材はなんでもいいんじゃないの?元々マスクで感染防止は難しいのだから。なんだかみんな騒ぎすぎててうんざりする」

昔のマスクはガーゼでした。ガーゼマスク導入で世間の不安が緩和されたらいいですね

おすすめの記事