《合わないなら寄付しろよ》
《縦に2枚つけとけ!》

タレントの森公美子が、新型コロナウイルス対策で政府が配布した布マスクに対し嫌味たっぷりの実況をSNSに掲載し炎上しました。

笠井アナが投稿

悪性リンパ腫で闘病中の元フジテレビ笠井信輔アナウンサーが4月18日に自身のインスタグラム。

森のマスク動画を投稿したものです。

森はSNSをやっていないので、笠井アナがかわりに「投稿してあげた」というのです。

森は届いたマスクを顔につけながら実況するように紹介しています。

「こうやってお話していますと、だんだんマスクが上がってきて、なんと下(口)が出てしまいまーす。なので、これはいけないと思ってここ(口)を隠すと、鼻が出てしまいまーす。さて、どなたにお礼を申し上げたら良いのでしょうか。こういったマスクを頂きまして、本当にありがとうございました」

私はベッドの上で爆笑しました

この動画に対し笠井アナは《いかがでしたか? 私はベッドの上で爆笑しました》とコメント。

しかし、この行為が炎上を引き起こすことになるのです。

「このインスタのコメントは、みんな闘病中の笠井さんに気を使っているのか“おもしろい!”と同調する人が多かったです。しかしツイッターやネットにコメントを見るとかなり炎上していましたね」(芸能リポーター)

これを受け、ツイッターでは

《これが60年生きてきた人間の哀れな姿です。幼稚としか言いようがない》というコメントが投稿されると、元山口組系組長で現在投資家の猫組長は《単純に顔がデカいだけだろ》と切り捨てたのです。

「466億円かけて布マスク国民に2枚を配ったいわゆる“アベノマスク”を批判したかったのかもしれませんが、着用する前にぱっと見で自分にサイズが合わないと分かるはずなので、医療従事者や地方自治体などに寄付する方法もあった。その動画ではかなり人をバカにしたような口調で煽り立てていました」(全国紙記者)

動画を削除…

さすがにこの炎上騒動にまずいと思ったのか、笠井アナは20日には動画の投稿を削除。

《私は皆さんと、友人の森公美子さんに謝らなければいけません》と、病床から謝罪に追い込まれることになってしまった。

この投稿をInstagramで見る

 

皆さん、申し訳ございません。 私は皆さんと、友人の森久美子さんに謝らなければいけません。 先日、国から届いたマスクについて、森公美子さんの感想動画を私のInstagramで紹介させていただきましたが、たくさんのご批判をいただく結果となりました。 そもそも森公美子さんが、入院生活の長い私を笑わせて励まそうと、個人的にLINEで送ってきてくれたものでした。 森さんは、このマスクについて批判する気持ちなど全くなく。 ただ私を笑わせようとして、自虐的な感想を述べてくださったのです。 森さんの思い通り、私は大笑いしました。 暗い入院生活の助けとなりました これまでのブログを見ていただいても分かると思いますが、 もちろん私も、このマスクを批判するつもりはありませんでした。 ただ、外出自粛でストレスを溜めている皆さんにも、私が笑ったように、楽しんでもらえるかなと考えたのです。 その時、このマスクを不眠不休で作ってくださった皆さんのお気持ちや、病院に専門のマスクを送るために、国民には布マスクを送ることになったと言う事情など、深く考えが及びませんでした。 皆さんがマスク購入について苦労しているのは、テレビやネット、ラジオなのでよく知っていましたが、 病室の中にいて、自分自身は体験していないので、皆さんのマスクに対する切実な思いをくみ取ることができていませんでした。 もう一度言わせていただきますが、森公美子さんは動画を、あくまで私に個人的に送ってきてくれました。 世の中に何かを言いたくて撮った動画ではありません。私のためだけに送ってきてくれた動画です。 それを私が、森公美子さんの本心を分からず、「ぜひInstagramで公開したい」と、お願いしたため に、森さんがイエスもノーも言えない状況であったこともわかりました。 全責任は私にあります。 大変反省しております。 不快な思いをしてしまった皆さん。このマスクを作って下さった皆さん。 このマスクを配送してくださった皆さん このマスクに関わった すべての方に謝罪します 本当に申し訳ございませんでした。 森さんの動画は、ブログやInstagramから削除させていただきます。 Instagramは全て削除しなければならないので、ご批判や応援コメントも含め、たくさんよせてくださったコメントもすべて消えてしまいます。 その皆さんたちにも謝らなければなりません。 せっかくご意見を寄せて下さったのに申し訳ございません、 これからは、もっと深く考えてから、発言をしなければいけないなと、思っています。 最後に、森公美子さんへご批判を寄せてくださっている方々へ。 森さんは全く悪くございません。 個人的な会話を、 私が公開してしまったようなものです。 そこをぜひお含みいただきたいと思います。 本当に申し訳ございませんでした。 笠井信輔

笠井信輔official(@shinsuke.kasai)がシェアした投稿 -


「現在、リモートワークや外出自粛で自宅にいる時間が長くなり、コロナ鬱が広まっている。ですので、いつも以上に炎上しやすい状況なのです。コロナ対策で安倍総理に不満が高まっているのは間違いないですが、ネット上には“熱狂的”な支持者がいることも忘れてはなりません。あまりに理不尽な批判だと、逆に自らが炎上してしまうということを芸能人や著名人は忘れてはいけませんね」(ITジャーナリスト)

笠井アナのインスタによれば、個人的に森から送られてきた動画を公開してしまったとのこと。

だとしたら、勝手に動画を晒された森にとっては、思わぬ“もらい事故”なのかもしれません……。

ネットの反応

「森さんがSNSに上げてって頼んだの?頼んではいないけど上げてもいいよって了承したの?そうじゃなくて笠井さんが勝手に面白いからって上げたなら森さん気の毒だわ。まず笠井さんはブログに依存しすぎだと思う。」

「これは元々は森さんが笠井アナに送った冗談動画を、笠井アナが公開してしまったというのが原因だったようですね。森さんは自分の顔の大きさをネタにしただけで、悪意はなくしかも誰にでも噛みつく大衆に向けたのではなく、闘病している笠井アナを元気づけようとしたものだったということですね。」

「マスメディアの世界で働いていた笠井さん。何が駄目で問題になるか他の方より分かっていたのではなかったの?一度ネットにあがると消せないから、意図していなかったとしても森さんには迷惑が掛かりましたね。」

これは、笠井アナが悪ふざけしすぎでしょう。

森公美子に同情が集まってもいいくらいですね。森公美子は笠井アナ個人に対してであり、笠井アナはSNSに対して公開…。

療養生活の中でよほど暇なのでしょう。インスタの投稿頻度でもわかります。

まあ、森公美子もあれが本心なのでしょうね。

おすすめの記事