元阪神ヘッドコーチで野球評論家の片岡篤史氏(50)が14日、新型コロナウイルスに感染していたことを、自身のYouTube「片岡篤史チャンネル」で公表しました。

自ら動画で報告

鼻にチューブを通し、ベッドに横たわりながら動画を投稿。自らの言葉で、8日から入院していることを明かしたのです。

プロ野球界で一時代を築いた片岡氏が異例の形で新型コロナウイルス感染を公表しました。

昨年10月からYouTube上で、「片岡篤史チャンネル」を開設。

この日、衝撃的な動画を投稿。

ベッドに横たわり、鼻にチューブを通していたのです。

「皆さん、こんばんは。片岡篤史です。私、コロナウイルスに感染してしまい、4月の8日から入院しています」。

自らの言葉で入院時期を明らかにした。うつろな目でカメラを見つめ、言葉は途切れ途切れで、呼吸するのが苦しそうな様子。

片岡氏は直近では12日に動画を投稿し、元気な姿を見せていました。

しかしこれは事前に収録していたものだということです。

「皆さんに見てもらってる動画はストックしていたものであって、動画が更新されなくなったら、ストックしている動画がなくなったと思ってください」と言葉をつないでいます。

「今、コロナで世の中、大変なことになっていますので、皆様も今まで以上に十分、予防していただいて、感染されないようにしてください」と感染予防を訴えて締めくくっています。

動画の最後には黒い画面に「必ず復帰します! 待っていて下さい。」という白い文字が映し出されました。

プロ野球OBでは近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めた梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)がコロナウイルスに感染し、現在もICU(集中治療室)で治療を続けています。

片岡氏は精力的に評論活動を行いながら、動画投稿にも力を注いでいました。

1日も早い回復が待たれます。

野球界から激励の声が

これを受け、元大洋(現DeNA)、日本ハムで野球解説者の高木豊氏(61)は自身のツイッターで

「片岡がコロナ感染。普段、元気な彼がこんな事に。入院したのは知っていた。公表は自分でしたい、YouTubeでお世話になってるファンに対して自分の口で伝えたかったのだろう。それが今日になった。豊さんも気をつけて、バカやろ、気遣うより、早く帰って来い。因みに、私は接触していない」

と悲痛なツイート。

また、片岡氏と親交が深い日本ハム時代の後輩で侍ジャパン投手コーチの建山義紀氏(44)は片岡氏の名前は挙げていないものの自身のツイッターに

「俺の兄貴はこんなもんに負けませんよ」とコメント。

巨人時代の昨季途中に現役を引退した上原浩治氏(45)はこれをリツイートしています。

入院したのは知っていた

高木豊氏は「片岡がコロナ感染。普段、元気な姿がこんな事に。入院したのは知っていた」と明かしたのです。

高木氏もYouTubeで自身のチャンネルを持っているのですが、片岡氏の動画にも出演したことがある間柄。

「公表は自分でしたい、YouTubeでお世話になっているファンに対して自分の口で伝えたかったのだろう。それが今日になった」としていました。

ネットの反応

「いつも片岡チャンネル見ているので、「コロナに感染しました」という通知が携帯に入って、何かの冗談かと思ったけど…信じられない。今までの動画がいつ撮ったものかは知らないけど、ちょっと前まであんな元気そうだった人が、こんなに辛そうにしているのが本当にショックやった。また、いつものおもろい片岡さんを見せて欲しい。あの時はほんま大変やったって、立浪とかと話できるようになってくれ!」

「梨田さんも片岡も、必ずや、復活するだろう。いや、復活を祈っている。」

「チューブが必要なんて、暴露量が多かったのかな。夜の繁華街組は重症化するケースが多い。知り合いの飲み屋が開店したばかりだったが、即感染して持病があったから人工呼吸状態になってしまった。30代なのに。何か前半に流行ったコロナより凶悪化している気がする。」

高齢者が罹患するイメージですが、片岡氏は50歳…若い人もどんどん感染してますね。

おすすめの記事