加藤浩次と斉藤由貴がバトル!?『人生最高レストラン』にて

「何か喧嘩売ってます?」斉藤由貴の痛烈な一言に狂犬・加藤浩次もタジタジ…「座敷犬ですよ完全に」

10月10日放送の「人生最高レストラン」(TBS系)では、女優の斉藤由貴がゲストとして登場。

極楽とんぼ・加藤浩次に痛烈な一言を浴びせる斉藤さんの姿が話題を集めました。

斉藤由貴が「人生最高レストラン」に登場

今回の番組では、ゲスト・斉藤由貴が食にまつわる忘れ難い作品として、

宮藤官九郎が脚本を務め2006年に放送されたドラマ「吾輩は主婦である」(TBS系)の名前をあげました。

この作品の思い出について、斉藤由貴は

「及川光博さんと夫婦役で、夏目漱石がね、のりうつるっていう役、そこで出前一丁を作るんですね。出前一丁をみんなで食べるっていうシーンが、何べんも出てくる。多分ねクドカンさんが出前一丁好きなんだと思うんです」

とコメント。

続けて、

「それから、私、『吾輩』が終わってからも、物凄く吾輩(の役)があまりにも自分から抜けなくて、凄くその役が本当に好きだったから。しばらくの間、出前一丁を結構、しょっちゅう食べてましたね」

と当時を振り返りました。

この話を聞いた加藤浩次が「やっぱり役って入っちゃうもんなんですか?」と聞くと、

斉藤由貴は「普段は入んない。撮影が終わって『お疲れさまでした』って言ったら、台本をそのまま捨てちゃうような感じの人です」と切り替えは早い方だと明かし、

「吾輩は主婦である」は特別だったことを強調します。

何か喧嘩売ってます?」斉藤由貴の痛烈な一言に狂犬・加藤浩次もタジタジ…「座敷犬ですよ完全に」

続いて、買い物好きという斉藤由貴は、一目惚れをしてドラえもんの箸置きを購入したことを報告。

そんな斉藤由貴が「ドラえもんの顔は無かった」と話すと、

加藤浩次は「顔なくて何でドラえもんって分かるんですか?四次元ポケットだけですか?」とツッコミを入れます。

斉藤由貴は、この箸置きにドラえもんの道具が描かれていたので、ドラえもんだと分かったそうです。

さらに、「あの照らす、あれ、何て言うのかな…。懐中電灯みたい感じの」とドラえもんの道具を説明しようとします。

加藤浩次は「スモールライトとビッグライト、両方ありますけど、どっちすか?」と問い詰めると、

斉藤由貴は「何か喧嘩売ってます?」と返答したのです。

これに対して加藤浩次が斉藤由貴のことをもっと知りたいと話すと、

「ちょっと今、狂犬になりつつありますね」と痛烈な一言を浴びせます。

すると、加藤浩次は、タジタジになりながら「今日なんか、ず?っとチワワだよね、座敷犬ですよ完全に」と弁明していました。

ネットでも評判に

今回の放送について、ネット上では

「斉藤由貴さんのトーク、相変わらずユニークで面白い」

「斉藤由貴と加藤浩次でなんかやって欲しいくらい面白い」

「斉藤由貴さん面白いな笑もっと喋り聞いてたいな」

などのコメントが上がっています。

斉藤由貴と加藤浩次の会話が夫婦漫才のようでした。

今回は、加藤浩次をタジタジにさせる斉藤由貴をみて、さすがだと感じた人もいたのではないでしょうか。

おすすめの記事