11月11日、経済評論家の勝間和代さん(50才)が自身のブログでパートナーとの破局を明かしました。

パートナーはLGBT活動家…二股疑惑も

突然の告白に世間は驚きました。

雑誌記者が勝間さんに取材を打診したそうですが、あまりにショックが大きく、話せる状態ではないということです。

そこで本人に代わって勝間さんの事務所代表で経済評論家の上念司さんが、破局の真相について語った。

「勝間は、浮気され、二股をかけられていたのかもしれません。今、彼女はひどく打ちひしがれている状態なんです」

勝間さんから一部始終を聞いたという上念さんの声は、怒気を含んでいた──。

勝間さんのパートナーとは、2018年5月に交際を公表したLGBT活動家で会社経営者の女性、増原裕子さん(41)

増原さんはレズビアンであることを告白。

2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(34)と、東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げたことでも世間の注目を浴びていました。

勝間さんと増原さんは慶應義塾女子高校の先輩・後輩で、2016年初旬に共通の友人の紹介で出会ったということです。

当時はまだLGBTについて詳しくなかった勝間さん。

増原さんに誘われてイベントなどに参加するうちにLGBTへの理解を深め、同時に増原さんに対する“恋愛感情”を自覚するようになっていったのです。

勝間さんには2度、男性との結婚・離婚歴があります。

慶應義塾大学在学時に21才で長女を産み、その後、25才で次女、30才で三女を出産。


2018年6月、増原さんとともに本誌の取材に応じた時には、高校生の時に同性に恋愛感情を持っていたものの、その思いにフタをして50才まで過ごしたと告白しています。

自分では「パンセクシュアル(全性愛)」というカテゴリーが近いのではないかとも語っていたのです。

増原さんと同棲生活スタート

2017年12月に増原さんが東さんとのパートナーシップを解消したのを受け、2018年1月に勝間さんの方から告白。

勝間さんの自宅で同棲生活をスタートさせました。

その年の5月、勝間さんは自身がLGBTであることを公表

増原さんとの交際を報告しています。

以降、SNSを通じて順調な交際ぶりを報告してきたのです。

誕生日に増原さんから大きな熊のぬいぐるみをプレゼントされて喜ぶ姿。

増原さんのためにヘルシーな料理を作る様子を掲載。

夜にはふたりで卓球をしながら、その日にあった出来事を報告し合いました。

しかし、そんな仲むつまじいふたりの関係は、長くは続かなかったのです。

増原さん選挙落選

ふたりの関係が綻ぶ大きなきっかけは、増原さんが今年7月、参院選に立憲民主党候補として京都選挙区から立候補したことです。

「彼女は選挙運動のために京都にいましたが、そこで浮気相手と出会ったのでしょう。増原さんがその女性のことをSNSによく上げるので、勝間も気になっていたようです。周囲に“嫌な予感がする”と漏らしていました。今思えば、増原さんは二股をかけていたのだと思います」(上念さん・以下同)

勝間さんは、当時のことをブログにこう書いています。

「一生を共にすると約束した相手なので、できる限りのサポートをしたいと考え、京都へ滞在や選挙活動の支援などを行ってきました」

当時、具体的にどんなサポートをしていたのでしょうか。

上念さんはこう聞いているとしています。

「勝間は増原さんに選挙資金として200万円近くを貸し、それを京都で活動するための生活費にしたり、必要な家電製品を買っていたようです。今回、そのお金は“ちゃんと返します”と連絡があったそうですが…。選挙が始まると勝間は交通費も滞在費も自腹で何度も京都に行き、食事を作るなどのサポートをしていました。増原さんはそんな勝間を連れて、“勝間和代のパートナーでございます”と自己紹介していたんです」

そして増原さんは落選

お疲れさま会をした時にこんな出来事があったといいます。

「増原さんが、勝間を“身内”としてではなく、応援してくれたかたとしてVIP扱いしたそうです。そのことに勝間は“あれ?”と違和感を覚えた。他人行儀な機嫌を取るような態度に、自分から心が離れていっていると感じたようで、かなりショックだったようです」

選挙後もふたりの同棲生活は続きました。


勝間さんは、

「東京に戻ってからも、私とすれ違った気持ちは戻ることはありませんでした」

とブログで明かしています。

増原さんのSNSに他の女性の姿が

「この頃、勝間は増原さんの浮気疑惑がさらに深まる出来事があった、と信頼する知人に話していました。増原さんが普段着用にしているカジュアルな下着とは違う、勝間が見たことのない下着が干してあったというのです。勝間は、ピンときた。“これは勝負下着では?”と感じたそうです」

そして11月6日、勝間さんはとうとう増原さんから“別れ”を切り出されたのです。

「“好きな人ができた”“その人とつきあいたいので、パートナーシップを解消したい”と言われたそうです。かなり悩んだようですが、もう修復するのは不可能だろうと思い、申し出を承諾した。もちろん言いたいことはいろいろあったのでしょうが、勝間が伝えたいことはブログに全て書いています。それ以上は“泥仕合になるだけだから…”。そう周囲に漏らしています」

増原さんも11月11日、自身のフェイスブックで、

「夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました」

と、報告しています。

しかし、上念さんによれば、そのことで勝間さんはさらにショックを受けているという。

「報告の9割が勝間への感謝の言葉で、謝罪の言葉が2行しかない。あれだけ勝間を傷つけたのに、美談にしようとしている。それは私も納得がいきません」

もちろん恋愛には当事者のみが知ること感じることがあり、他者にはうかがい知れないこともあります。

増原さんにも言い分があるはずですが…。

ネットの声

「増原は一人の人との関係を長く続ける事ができないレズビアン。もし男が増原と同じ事をしたら不倫だ、不貞だと非難囂々でしょう。増原はレズビアンだから、他の好きな人ができたから関係はすぐ解消しても許されるといいとこ取り。男女婚と同じ権利を要求するならば同じ義務も課すべき。レズのカップルはそういうものだから義務はないというのは誰の賛同も得られないでしょう。増原は自分を肯定するのではなく人として最低である事を認め反省するべき。」

「お相手だった増原に利用された感じがしますね。増原は影響力のある人なら誰でもよいのだと思う。LGBTを拡散、宣伝するのが目的。こういうコメントを公開したり、記事にアップしたりするのは不要。身内だけで済ませてください。」

「なんでLGBTだと社会性より個人の恋愛感情を優先して表に出してもいいことになってるのかが分からん。普通の社会人はいちいち別れただの公表しないぞ。LGBTの活動をし過ぎて、自分の個人的な恋愛の去就が社会的な意味を持っていると勘違いしているのではなかろうか?」

知的なカップルの最後は悲しいものでしたね。

おすすめの記事