加山雄三も終の棲家へ…ケアハウスという選択

加山雄三に学ぶ「終の棲家」の選び方 大スターもケアハウスに住む時代

連日の熱帯夜が続いていた8月末の夜、加山雄三(83才)が「誤嚥」で救急搬送されました。

救急車が駆け付けた東京・中央区のマンションは「自立型ケアハウス」と呼ばれる施設だったのです。

介護施設よりも自立した生活ができ、主な家事は生活支援スタッフがサポートしてくれるため安心感があると人気です。

脳梗塞を発症

昨年11月に脳梗塞を発症した加山は、それを機に東京・世田谷の豪邸からケアハウスへ転居。

最近になって再び同居し始めた妻と「ここが自分たちの“終の棲家”だね」と話していたというのです。

ケアハウスとは軽費老人ホームC型とも呼ばれる施設で、低額で高齢者が入居でき、

介護サービスを受けながら個室で生活できる。今や大スターであってもこうした施設を選ぶ時代なのです。

生き方の多様化、高齢者の数の増加から、近年の「終の棲家」に対する価値観はじつにさまざま。

高齢者住宅アドバイザーで「シニアの暮らし研究所」代表の岡本弘子さんが言っています。

「『終の棲家』という言葉が広く使われ始めたのは、ひとり暮らしの高齢者の増加が顕著になってきた10年前くらい。ここ数年の『終活ブーム』が起こってからは、誰でも知っている言葉になりました。人生100年時代が当たり前になり、長い老後を自分らしく生きたいと思う人が増えたことで終の棲家も人それぞれのものに変化しています」

変わるライフスタイル

昔は、よほどの事情がない限り、住み慣れたわが家で晩年を過ごし息を引き取ることが理想であり、スタンダードでした。

しかし最近は、子供が独立したり、定年退職したタイミングなど、ライフスタイルに合わせて住む場所を変えるという考え方が主流になりつつあります。

「いまでも、自分の家を終の棲家にしたいという意見は多いですが、仮に全面バリアフリー化したとしても、元の家の構造によっては介護がやりにくいことがあります。『施設』と聞くと窮屈で暗いイメージを抱く人もいますが、高齢者住宅はどんどん進化していて、自由度の高い施設も多い。年齢と段階に合わせて終の棲家を移していくという考え方は、これからの時代の常識になるでしょう」(岡本さん)

終の棲家選び

立地や子供との距離感など、終の棲家選びには検討すべきポイントがいくつかあります。

まず考えてほしいのは「これからをどう生きたいか」だと岡本さんは指摘します。

「具体的に毎日何をしたいのか、自分の楽しみはなんなのかを考えてください。そして、考える気力があるうちに準備してほしい。いざというときになって、家族や他人に言われるまま終の棲家を決められると、後悔が残るかもしれません」

ネットの声

「ケアハウスとは…低額で高齢者が入居でき…今や大スターであってみこうした施設を選ぶ時代なのだ…
いやいや、加山さんは中央区の某高額、高級な施設にお住まいですけれど…」

「普通の人間には決して安くは無い。
しかも経営力の無い施設に入って、経営破綻したらもうどうする事もできない」

「お金の心配がない人たは、どこでも住めます。」

お金のある人はお手伝いさんやヘルパーを雇うものと思っていました。

ライフスタイルもずいぶんと変わりました。

おすすめの記事