後悔先に立たず…カズレーザーは「やる後悔は良い選択肢ではない」

カズレーザー、“やらぬ後悔よりやる後悔”に異論「良い選択肢ではない」

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが17日、YouTube公式チャンネル「カズレーザーの50点塾」で、

“やらない後悔より、やって後悔”論に異議を唱えました。

やらない現状維持も選択肢

この日公開された動画「【勉強/人生相談】カズレーザーがお悩みに答えます【コメント返し】」で、

「さまざまな岐路で迷ったとき、何を大切にして進む道を決めていますか?」と質問されたカズレーザー。

「迷うなら選択しない方が、僕は良いと思いますね」と即答。

「“やらない後悔より、やって後悔”っていう論がどうしても世の中にある」とする一方、

「やらない現状維持も選択肢としてある」という持論を語ったのです。

動画がこちら

やって成功することが大事

続けて、「やって後悔は、実は良い選択肢ではなくて、やって成功が一番大事なんです」と力を込めたカズレーザー。

“やらない後悔より、やって後悔”論は、「成功しないんだったら、後悔という形ではどちらも同じ」だと言います。

「別の選択肢がすぐに見える分、やらない方が俺は良いと思います」と、物事に迷ったときは現状維持も視野に入れるべきだとアドバイスしていました。

ネットの声

「心理学者か脳科学者に訊いた方が良さそうな質問が多いけど、カズさん独自の答えを聞きたいというのがファン心理なのね。」

「『生きてる意味はない』という話がとても深かったです。人としてこうあるべき、という固定観念を打ち破る説得力のある話に目から鱗が落ちました。ありがとうございます。」

「人は受験生の時全然勉強してなかったって言うけどセンターで同志社って控えめに言ってヤバいと思うのだが もはやセンスの領域?()」

やらない現状維持という選択があったのかと思い知らせれました。

おすすめの記事