KDDIが月々2480円の新料金プラン「povo」を発表

KDDI、月2480円で20GBの新プラン「povo」 5G通信も対応 「3キャリアで最安値目指した」

KDDIは1月13日、月間のデータ通信容量の上限が20GBの新プラン「povo」(ポヴォ)を月額2480円(税別、以下同)で3月から提供すると発表しました。

高橋誠社長は「3キャリアの中で最安値を目指した」としています。

契約手続きはオンラインで

当面は4G通信のみに対応し、夏以降は5G通信も使えるようにする予定です。

ネットワークはauと共通で、通話料は30秒ごとに20円。月間データ容量の上限を超えたときは通信速度が最大1Mbpsになります。

追加容量は1GBにつき500円で提供し、契約手続きは専用サイトのみで受け付けます。

ユーザーオプションでトッピング

ベースの通信プランに、ユーザーがオプションとして自由に加えられる「トッピング」というサービスも提供。

例えば、1日だけデータを使い放題にしたいときには、24時間だけデータ容量が使い放題になる「データ使い放題 24時間」(1回200円)をオプションとして一時的に適用できます。

トッピングサービスは順次追加

他にも、1回あたり5分以内の国内通話を何度でもかけられる「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や、「通話かけ放題」(月額1500円)も提供。

毎月、適用するかどうかを選択できるようにする。トッピングはサービス開始以降、順次追加する予定です。

携帯電話料金の値下げを巡っては、KDDIとソフトバンクがサブブランドで月20GB・4000円前後のプランを発表。

その後、ドコモが月20GB・2980円の「ahamo」、ソフトバンクも月20GB・2980円の新プランを発表しています。

ネットの声

「キャリアメールで登録したサイトやサービスがたくさんあって、乗り換えを躊躇する人はたくさんいるけど、重い腰を上げて必要なサービスだけでもフリーメール変更手続きしておけば、今後乗り換えの障壁がぐっと下がるのでぜひやってみてほしい。
最近は契約解除料やMNP転出手数料やらも撤廃され始めていて、価格やサービスで魅力を保ち続けないと客が離れていく状況だから、さらにいいサービスも出てくるかもしれませんし。」

「ひとつ確かなことは、楽天モバイルが今のままならば終わる可能性が高いという事。座して死を待つか、出でて活路を見出すか?本体が致命傷になる前に撤退するのが正解だと思いますが・・・」

「結局、各社横並びなのね、と思うところだが、トッピング自体は面白い。他社が追随してくるとは思えないが、特色は出せたのではなかろうか。」

新料金プランではなく、既存の料金プランの大幅値下げをユーザーは望んでいるはずですが…。

そこにはなかなか切り込めないようですね。

おすすめの記事