気がつけばコンパクトカーよりも軽自動車のほうが高くなってる!この逆転現象はどうして??

安い軽自動車なぜ激減!? 小型車よりも高価格主流に…。

なぜ立場が逆転したのでしょうか。

軽自動車といえば、コンパクトで取り回しがしやすく、「通勤・通学」や「買物・送迎」といった近場の利用に便利で、日常にはなくてはならない存在といえるクルマです。

軽自動車と小型車に起きている逆転現象とは

近年は新車の軽自動車の価格帯が上昇傾向にあり、軽自動車であっても「気軽に買う」という風潮でなくなりつつあるといわれています。

いったいどうして高価格化しつつあるのでしょうか。

自動車検査登録情報協会が調査する自動車保有台数によると、2020年3月末時点で、普通車(通称3ナンバー車)の保有台数は1961万4910台、小型車(通称5ナンバー車)の保有台数は1966万5498台です。

一方、軽自動車の保有台数は2252万8178台となっており、軽自動車の保有者が普通車や小型車より多いことからも、その人気がうかがえます。

軽自動車は、ひと昔前までは普通車や小型車に比べて安全・快適装備が少ない代わりに安く購入できる、というイメージを持たれるクルマでした。

しかし、最近は標準装備化された安全支援システムなども増え、普通車や小型車に引けを取らないほど装備や機能が充実しています。

例えば、日産と三菱が共同開発して2019年3月に発売された「デイズ」と「eKクロス/eKワゴン」には、

軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「プロパイロット(三菱ではマイパイロット)」が搭載されるなど、運転時の快適性も格段に向上しているのです。

こういった装備や機能の充実により、装備や機能の差がなくなってきました。

さらに、スズキ「ハスラー」や新たに加わったダイハツ「タフト」など最近ブームのSUVタイプや、居住性や積載性のある軽トールワゴン/軽スーパーハイトワゴンなど種類も充実しています。

そのため、とくに小型車との差別化が難しくなっているのです。

年々上昇傾向にある軽自動車の新車価格は、最近ではコンパクトカーとほぼ同価格帯です。

例えば、日産では「マーチ」の128万92000円からに対して「デイズ」が132万7700円からというように(いずれも消費税込、以下同様)、コンパクトカーよりも軽自動車の方が価格が上回る“逆転現象”も起きています。

いまや200万円を上回るグレードを設定するモデルも存在。

軽自動車は上級志向の路線が続いている状況です。

なぜこのような状態になったのでしょうか。

高価格化の理由

この理由について、人気の軽自動車「N-BOX」などを扱うホンダ販売店スタッフは次のように話します。

「最近は、価格の安さよりも装備や機能面を気にしてクルマの購入を検討される人が増えている印象です。そういったニーズに合わせるために、昨今では軽自動車でも装備や機能を充実させているのだと思います。
その代わり、軽自動車としては以前より価格が上がり、普通車と変わらない価格帯となっています。しかしその分、機能や装備などが大差なくなってきたため、むしろ税金などの維持費が安い軽自動車がいいという人は結構多いです」

最近のユーザーのニーズは、価格の安さよりも、装備や機能を重視して検討する傾向にあるようです。

そういった変化するユーザーのニーズに応えようとした結果、軽自動車が上級志向になったといえそうです。

また、最大のメリットである維持費の安さはやはり大きな武器であることは昔も現在も変わりません。

軽自動車の上級化やラインアップが充実したことより、軽自動車とコンパクトカーとの差が感じられなくなったことで、維持費の安さが軽自動車のメリットとして優位なポイントとなっているのです。

100万円以下の軽自動車、現存するのは“わずか2車種”

軽自動車の上級化にともない、今ではほとんどの軽自動車が100万円台で設定され、なかには200万円超えのグレードを持つモデルも存在しています。

では、ひと昔前では、当たり前だった100万円以下の軽自動車は現在どのくらいあるのでしょうか。

2020年8月現在、軽自動車市場には約40車種以上のモデルがラインナップされています。

そのなかで、ベースグレードが新車価格100万円以下の乗用軽自動車は以下の通り。

  • スズキ「アルト」86万3500円
  • マツダ「キャロル」86万3500円
  • ダイハツ「ミライース」85万8000円
  • トヨタ「ピクシスエポック」85万8000円
  • スバル「プレオプラス」91万3000円

以上の5車種のみとなっています。

このなかでも、キャロルはアルトのOEM車、ピクシスエポックとプレオプラスはミライースのOEM車なので、実質2車種のみといっていいでしょう。

ちなみに軽商用車であれば、ほかにも100万円以下で購入できるモデルが存在しています。

スズキの初代アルトは、1979年に47万円という低価格で発売され話題となったモデルで、徹底したコスト削減によりこの安い価格を実現していました。

現在でも100万円以下という低価格なクルマですが、初代から2倍近くまで価格が上がりました。

その理由は、物価の向上はもちろん、ユーザーのニーズが「価格の安さ」ではなく、「安全性の高さ」に移り変わったことによります。

装備や機能を充実したため、軽自動車の高級化が進んだといえるでしょう。

ネットの声

「価格の面でいうと軽自動車に限った話ではありませんね。クルマ全般に言える話になったといえます。税金やガソリン価格も上昇してますね。一つ言いたいのは軽自動車のアイドリングストップ機能を廃止して燃料タンクを30Lタンクに戻して欲しいですね。」

「それは、自動車税だけでも年間2万円近く違う。車検代や高速代金も安い。ターボなら小型車NAとそこまで差は感じないはなにより、若者が、すべてではないが小型車よりも軽自動車ではないと維持が難しいことがある。そうなると、どうしても、軽自動車に流れてしまう。」

「節税目的で普通車から軽に乗り換える人が多いから、普通車並みの快適装備を求めた結果ですね。660ccでもターボ付ければ1000cc並みの出力出るし、車体サイズも規制のない高さ方向に巨大化し続けているから車体重量だとコンパクトカーと変わらない。税金が普通車と軽で大差なくなれば、軽を買う人が一気に減るでしょうけど。」

高くても軽自動車は売れる…さらに高機能化を求める声にメーカーが対応した結果です。

おすすめの記事