かつては軽トラターボやスーパーチャージャーが存在してたんだけど…

かつては存在したがいつしか消滅! 「軽トラ」からターボやスーチャーが消えたワケ

最近では国内だけでなく、アメリカからも注目を集めている日本の軽トラック。

現在ではダイハツ・ハイゼットトラック、スズキ・キャリイトラック、ホンダ・アクティトラックの3車種が存在しています。

一方で、トヨタやスバルにはハイゼットが、日産、マツダ、三菱にはキャリイがOEM供給されています。

働くクルマとしての完成度

3車種とも限られたサイズのなかで特色を出そうと試行錯誤されており、働くクルマとしての完成度は感動を覚えてしまうレベルです。

しかし、じつは3車種ともに共通している点があるのです。

それはターボエンジンを搭載したモデルが存在しないということです。

と言っても昔からなかったわけではありません。

キャリイトラックは先代にターボが、スバルオリジナル時代のサンバートラックにはスーパーチャージャーが存在していました。

現行型でもバンタイプのハイゼットやエブリイにはターボモデルが引き続き設定されています。

長距離の運転がメインでない軽トラックには必要性が高くない

では、なぜ軽トラックのみターボモデルが消滅してしまったのでしょうか。

そもそも軽トラックは軽バンとは異なり、荷物をたくさん積んで長距離を走ることを想定していません。

ユーザーの多くが農作業など近場の移動に使っており、そもそも過給機の必要性が高くないというのが理由のひとつ。

また、ターボ付きとなると当然車両価格が上がってしまうのですが、自宅と畑の往復をするだけのために買う軽トラックが高くなってしまっては困ってしまうでしょう。

事実、軽バンには存在しない「エアコン・パワステレス仕様」が軽トラックにのみ用意されています。

これは、極限まで購入時の出費を安くしたいユーザーがいることを物語っています。

ターボとなるとオイル管理がシビア

そしてターボエンジン、とくに小排気量の軽自動車のようなものはじつはオイル管理がシビアなのです。

とくに軽トラックのように短距離、短時間移動が多いとよりエンジンオイルへの負担は大きくなります。

しかし、軽トラックのユーザーは意外とメンテナンスに気を遣わずに乗り続けてしまう人が多く、

結果的に重大なトラブルを招くというケースも少なからず発生していたようです。

こういった理由から、現行型の軽トラックにはターボエンジンを搭載したモデルが消滅してしまったわけですが、

コアな軽トラックユーザーのために、ターボエンジンへの換装やボルトオンターボ化をしているショップなども存在しています。

気になった人は検索してみると新たな扉が開かれるかもしれません。

ネットの声

「今どきのエンジンならターボなくてもそれなりに走るのでとりあえずは良いのですが、スーパーキャリイとかジャンボにはまともに荷物積む人も少ないだろうからハイギヤードミッションのオプションがあっても良いのでは?とは思う。」

「たしかにあまり必要ではないかもしれない。ただ選ぶ事が出来るようにラインナップには残してほしかった。
ベースとなるエンジンに過給機設定がなくなるなら仕方ないが、バンタイプ、ワゴンタイプには同型エンジン過給機付き設定があるので、残すこともできた気がするけど。需要は少ないんだろうね。」

「普通車には有るが、軽には無いのが遊び心が有るトラック。海外輸出を意識して多少の積載スペースやキャビンスペースを犠牲にしてもハイラックスみたいな格好良いトラックが軽クラスに有っても良い気がする。ターボは要らないかスーパーチャージャーの選択肢に入れて欲しいとは思う。」

壊れないので長持ちする軽トラ…収益力は低いのでそこまで無理は言えないのかも…

おすすめの記事