夜は一日を振り返り明日に備える時間…お風呂は早めに『結果を出し続ける人が夜やること』

お風呂は晩ご飯の前に入ったほうがいい理由とは?

結果を出し続ける人の習慣。

テレワークが当たり前になると、夜の自由時間が増えます。

仕事を終えた瞬間に家にいますし、翌朝起きる時間も1~2時間遅くて大丈夫なので、多少の夜更かしも可能。

その結果、体感的には2~3時間夜の時間が増えたように感じるのです。

夜の時間の使い方を指南してくれる

『結果を出し続ける人が夜やること』(後藤勇人/あさ出版)は、コロナ禍で増える夜の時間の使い方を指南してくれる本です。

著者は、“結果を出す夜活トレーナー”として活躍する起業家・コンサルタントの後藤勇人氏。

今のテレワーク社会で、いかに夜の時間が大切になるかを語ってくれます。

内容をチェックすると

具体的には何をすればいいのか。早速、本書の内容をチェックしてみよう。

お風呂に入るタイミングは“夕食前”がいい?

お風呂に入るタイミング、いつがよいか意識しているでしょうか。

夕食後、夕食前、とくに気を遣わずその日の気分で…と、人それぞれかと思うのですが、著者は「夕食前」を推奨しています。

理由は2つ。

ひとつは、早い時間にお風呂に入ることで、身体をオフモードに切り替えられるから。

私たちは、仕事に集中したり、人と会っていると、無意識のうちに身体に力が入ります。

夜の時間を効率よく過ごすには、お風呂に入って身体を緩め、リラックスしたほうがよいというのです。

また、夕食前のお風呂は、体型コントロールにも有効。

体重や身体のラインをチェックすれば、夕食やお酒の量を事前に決められるのです。

人、本、YouTube…仕事と関係のない世界を覗く

仕事を終えた夜の時間は、さまざまなインプットにちょうどいいでしょう。

オンライン・オフライン問わずいろいろな人と話したり、本やYouTubeで情報を集めたり…。

特に今、平日は仕事以外の人と話すことが減っていないでしょうか。

職場の人としか話さないと、会話自体に後ろ向きになってしまうことも。

意識的に知り合いや友人と話し、デトックスしましょう。

また、著者は情報収集の手段としてYouTubeを勧めています。

テレビや新聞などのプロが作るメディアにはない情報があり、世の中の動き、流行りがよくわかるというのです。

もちろん、個人の発信なので、情報の裏どりが必要なこともありますが、アイディアの引き出しは間違いなく増えます。

他にも、「今日決断したことを振り返る」といった夜のルーティーンや、ベッドに入るときの注意点なども紹介しています。

テレワークで増える夜の時間。リラックスできる環境を作り、効率よくインプットできるかで、仕事の成果は変わることでしょう。

非常事態だと思っていた生活が日常になっていく中、このあたりで夜の時間を見直してみてはどうでしょうか。

ネットの声

「すごくいい本です。著者さん、きっと優しい人なんだろうなあと思いました。ビジネス本ですが、めっちゃ癒されます。ほわっとします。ホッとします。最初の2節を読んだだけでも、肩の力が抜けて、スルスルと読み続けられます。頑張ってるあなた、お疲れなあなたに、是非ともおすすめしたい1冊です」

「徹底的な夜型です。朝が人生を変えるという本が多い中、この本は、朝を作るのは、夜であることに至極納得。確かに仕込みをしておけば、あとは、流れるように物事は進む。明日のための準備に今日の夜がある。今までやってきたことの成果が出る朝のために、今日の夜も頑張ろー!」

「この本で著者が述べられている夜の過ごし方は、どれも真似しやすいものばかりです(←ここ最重要!)。朝が苦手な人でも、今までの夜型の生活サイクルを変えずにそのまま使えるものばかりです。考え方を変えるだけでいいのです。あとは継続あるのみ。これで理想の人生を手に入れられるというのですから、これをやらない手はありません。」


(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

おすすめの記事