健康寿命こそが大切…しっかり稼ぎ続けるための5つの方法

無くしてからその大切さに気がつくもの代表の一つが健康でしょう。

はっきりと目に見えないものなので、普段はないがしろにされがちですが、体が資本というように稼ぎ続けるためには健康的な身体と精神が不可欠です。

今回は稼ぎ続けるために必要な健康寿命を延ばすための方法を集めてみました。

健康寿命を延ばす方法とは?

稼ぐことと健康は深い関係があります。病気になってしまった状態では、仕事を続けることも難しいでしょう。

普段ないがしろにされているこれらの項目に気を使いお金をかけることは、将来への投資です。

長い間第一線で働いていたいという人ほどこれらの項目には気を付けなければいけません。

①歯を大切にする

歯は養分を吸収するために入り口となる口の中にある部位です。

ここで食べ物がすり潰され、飲み込むことができるようになることで、私たちは栄養分を摂り入れることができます。

肝心な歯が使い物にならなくなってしまった場合、全身に影響が出ることは有名な話ですね。

自分で丁寧に磨いているつもりでも、思った以上に磨けていないのが歯です。

虫歯になってから歯医者さんに行くという人も多いでしょうが、できることなら半年に一回定期検診に行くことをお勧めします。

虫歯になっていないのに歯医者さんに行くなんてと思うかもしれませんが、何よりを予防することが大切です。

一度虫歯になってしまった歯を治すよりも、虫歯にならないように気をつけた方が結果的にきれいな歯をキープできます。

最近では頭痛や肩凝りも歯並びと関係していることがあるとも言われています。

一度そういった症状がある人は、歯医者さんで見てもらうのもいいでしょう。

②食事の仕方を考える

「私たちは食べたものでできている」というのは有名な言葉ですね。

今口に入れているものが、将来の自分の作ると思うと、ちょっとものを食べる手が止まってしまう人もいるのではないでしょうか。

健康寿命伸ばすために、闇雲にテレビで紹介された健康にいい食品に手を出してもきりがありません。

肝心なのは今の自分に何が足りていないかということと、どうすれば効率よく食事からその栄養分を吸収できるかということを把握することです。

ただ単に栄養分だけ吸収できればいいのなら、サプリだけでいいではないかと思われますが、物を噛むという行為自体が脳を活性化させます。

食事だけで補いきれない栄養はサプリなどを頼って、どちらもいいとこどりをしながら自分の健康を保つ方法を探ってみましょう。

③睡眠環境の改善

人生の1/3は睡眠時間だと言われています。こんなに大量の時間を過ごす場所であるベッドは、もはや家の中で一番長い時間を過ごす場所かもしれません。

今しっかり稼げているという人の中に、睡眠環境を疎かにして長く働けている人はいないでしょう。

良い睡眠環境を保つコツは、光です。

会社のフロアライトはよく真っ白な色を使うことが多いですが、この色は脳を覚醒させる色です。

もし夕方家に帰って 、部屋で寝るまで過ごす時にこの色のライトがついているととても眠くなりませんね。

自分が過ごす寝室だけは、暖色系のライトをセットしましょう。

できれば低い位置にセットして、間接照明で明るさをキープできるとなお良いです。

目覚めを良くさせることも大切で、朝起きて一番にカーテンを開けるというのは、

太陽の光を取り込むことができるので気持ちいい目覚めと体内時計の調整に効果的です。

④ジムや筋トレ

一時期筋トレブームがありましたが、きちんと継続して稼げている人というのは習慣的に運動をしています。

ジムや筋トレに通うのは特別な人だけではありません。

しっかりと自分の体を自分で管理したいと思っている人は、少なからずジムや筋トレに通っています。

何もボディビルダーのような体型を目指さなくても大丈夫です。

体を動かす行為そのものにストレス発散の効果があり、血流が良くなったり、寝つきも良くなったり、良いことだらけなのです。

毎日気持ちが鬱々としている人は、体を動かすことを習慣化してみてください。

友達を誘って散歩に行くだけでも、気分がだいぶ明るくなることでしょう。

⑤頭を使う趣味

健康寿命を伸ばすためには体も大切ですが、脳のトレーニングも欠かすことができません。

脳のトレーニングと言うとクイズ番組などでよく取り上げられていますが、

何も難しいクイズを解かなくても効果的に脳のトレーニングをする方法があります。

それが頭を使う趣味です。例えば楽器や囲碁や将棋などといったボードゲーム。

これらは脳の普段使っていない部分を使うことができる上、特に楽器は指先も同時に鍛えることができるため脳の活性化におすすめです。

楽器を始めるのはハードルが高いと感じている人は、リコーダーや鍵盤ハーモニカ、オカリナなど小さい頃に触った楽器でも十分効果が得られます。

難しいことをしようとしなくてもいいので、毎日少しずつ特訓していくことでできることが増え、それが日々の充実感にもつながっていきます。

おすすめの記事