『希望しない』ってなに?どうしてこんなことしたの?10万円特別定額給付金でミス連発…

河野太郎防衛相は14日、新型コロナウイルスの緊急経済対策として1人10万円が支給される特別定額給付金の申請で、「『希望しない』に勘違いでチェックをつける人が多い」ようだと注意を呼びかけました。

希望しないにチェックを付ける??

準備が整った自治体から順次申請の受け付けが開始されている特別定額給付金。

郵送方式の申請書については、各自治体に対し2つの標準様式が総務省から示されています。

各自治体が内容を変更できるOCR対応の様式と、もう一方は従来の申請書を踏襲した様式。

この従来の様式では、給付対象者の横に「給付金の受給を希望されない方はチェック欄(□)に×印を御記入ください」という辞退の意思を表す項目が設けられています。

問い合わせも…

この「希望しない」にチェックが入っている場合の対応について、

ある自治体で申請書の受け付けを担当しているというTwitterユーザーは「勘違いなのか本当に辞退するのか電話で問い合わせている」と13日夜に投稿。

しかも、「今日確認した人たちはみんな勘違いだった」として、「人口の多い自治体だとどう処理するんだろう。申請書を信用して機械的に処理すると後々大変だな」との心配をつづっています。


詐欺にも気をつけたいですね。

家族の中で受け取らない人への配慮…

エゴサーチ力が高いことで知られる河野防衛相が、この総務省に関する投稿を目にしたかどうかは不明ですが、

14日朝にはTwitterで注意喚起。

特別定額給付金の受給を希望しているにもかからず、「『希望しない』に勘違いでチェックをつける人が多いようです。間違いないように気をつけましょう」と呼びかけたのです。

一方でこのような声もありました。

ネットの反応

「そもそも欲しいから申請するのであって、希望しないという欄があるのがおかしいと思います。」

「手続きに対しての反応がないときちんと届いているかどうかがわからないから希望しない人のために希望しない欄があるんですよ。」

「そんな欄は確かにいらないとはいえ、大事な書類とかをちゃんとチェックしないで出す人の方がやばいでしょ」

確かにいろいろな考えがありますが…家族の中で「いる」「いらない」があるようなので、そこをはっきりしたかったんでしょうね。

おすすめの記事