週刊少年ジャンプに連載されている漫画が急展開しています。

3月30日発売少年ジャンプ18号で、『鬼滅の刃』は200回を迎え、巻頭カラーで掲載。

かなり劇的な回となりました。

単行本だと…

単行本だけで漫画を追う人も多いでしょう。

しかし、単行本がここまで追いつくのは少し先になります。

鬼滅の刃の単行本は現在19巻まで出ていて、5月1日に20巻が出る予定です。

19巻は169話までなので、20巻に収録されるのは170話から178話あたりとなるでしょう。

仮に178話だとすると“ラスボスのひとつ前の敵(上弦の壱)”との戦いが終わるところであり、まだ最終戦には至りません。

178話が掲載されたのは昨年(2019年)の46号、10月12日発売の号なのです。

こう考えると単行本は連載とは半年くらいのタイムラグがあると考えていいでしょう。

ですから、200話が入るのはこのままでいけば23巻で、売られるのは夏過ぎて秋になってからになると思います。

半年のタイムラグができてしまうからしかたありません。(異様な人気なので少しは早められる可能性もあるかもしれませんが…)。

以下大きくネタバレします。

そのため、単行本派の人は読まないほうがいいでしょう。アニメ派の人も同様です。

「死にゆく者の最後の思い」を繰り返し描いた作品

200話で、敵の最後のボスが倒れました。

ほんとに倒れたかどうかはわかりません。

一応倒したことになっています。

タイトルも「勝利の代償」となっていることから考えても…。

(ただ、主人公の炭治郎の状態とともに、まだまだ意外な展開が残っていそうで、予断を許さない。というか予断を許したくない)。

200話は、いろいろな人が一挙に描かれています。

悲鳴嶼(ひめじま)さんの力尽きているさまが描かれ、伊黒(いぐろ)と甘露寺(かんろじ)の会話が描かれます。

不死川(しなずがわ)は弟と母の姿を見て覚醒。

伊之助と善逸はいつもどおりに暴れています。

冨岡さんもいる。

禰豆子(ねずこ)は走っています。

それぞれ主人公の味方です。

こうやって並べてみると、たしかに終わりが近いのかもしれません。

そして、このなかでは、伊黒小芭内(いぐろおばない)と甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の会話がとにかく泣けるのです。

そう思っている人も多いでしょう。

2人は4ページにわたって話しつづけます。

深い思いが吐露されています。

これは誰が見ても…というよりも鬼滅の刃ファンであれば泣くところでしょう。

蜜璃の叫びが胸に刺さったまま…

あらためてこの激烈な回を読んで、『鬼滅の刃』は正面から「死」について描いてる作品だと思い至ります。

「死にゆく者の最後の思い」をこれほど繰り返して描いた作品はいままで見たことがありません。

「死ぬ間際」を重点的に描いた作品として特異だと言えます。

人であっても、鬼であっても、死ぬ間際にはいろんな思いがめぐる。

その風景をせつなく描きつづけているのです。

200話もまた、死に際した人の心の動きを丁寧に描いています。

まだまだ生き続けるつもりだった者に襲いかかる「死」

鬼はもともと「不死の象徴」として描かれていますた。

足や手を斬られたくらいでは鬼は死にません。

ときに胴をまっぷたつに斬られても蘇生するのです。

簡単には死なない厄介な存在…。

一応首を斬り落とされると死ぬ…ということになっていますが、一回斬り落とされたくらいでは死なない鬼も多いのです。

いっぽう主人公たちは人間ですから、鬼にくらべてはるかに脆いのです。

鬼の一閃であっさり死んでしまいます。

なかなか死なない鬼と、生身で脆い人間が戦う姿が、「死」とは何かを強烈につきつけてくるのです。

しかし鬼でも、死ぬ間際にいろんなことを思います。

鬼はもともと人間であり、死ぬ間際だけは人間だったころのことを思いだすのです。

ここでは、「死」は「まだ生き続けるつもりだった」人をいきなり襲うのだということを示しています。

予想してない死に見舞われ、意識がなくなる直前に、いろんなことを考えてしまうのです。

生き続けるつもりだったから

どんな人も鬼も、死ぬと知るといろんな風景を思い出してしまいます。

みんな薄れゆく意識のなかで、何かを考えて死んでいきます。

しかも考えている途中で死んでいくのです。

死ぬとはそういうことでもあるのか…と慄然とします。

この峻厳さゆえに『鬼滅の刃』は強く支持されているのでしょう。

われわれはたぶん、死ぬ間際にいろいろなことを考えてしまい、その考えさえも止めることができず、その途中で死んでいくのでしょう。

しかし、それは受け入れるしかないようです。

生きてるからこそ、そういう死を意識して過ごすしかありません。

『100日後に死ぬワニ』と『鬼滅の刃』に共通するテーマ

「“死”は“まだまだ生き続けるつもりだった人”をいきなり襲う」というのは、『100日後に死ぬワニ』でも示されていたテーマでした。

誰かが「そうかあ、無惨(むざん)より先にワニが死ぬのかあ」と言ったのが印象的でした。

3月16日のことです。

『鬼滅の刃』は198話。

敵の最終ボスである「無惨(鬼無辻無惨:きぶつじむざん)」には毒が効き始め追い詰められていきます。

そろそろやっつけられそうでした…。

でも、この週は生き延びた。

つまり次週の月曜までは死なないことがわかった(週刊誌連載ですから)。

そしてその週の金曜に『100日後に死ぬワニ』は、100日めを迎えることになっていたのです。

われわれには、鬼無辻無惨がいつ殺されるかはわからず、ワニ君が死ぬ日はわかっていたのです。

『100日後に死ぬワニ』は主人公のワニ君も、まわりの友人たちも、登場している者たちはだれもワニ君が死ぬことなど予想していませんでした。

読者だけが主人公が死ぬことと、死ぬ日を知っていたのです。

『鬼滅の刃』と『100日後に死ぬワニ』はどちらも「いきなり死ぬということ」を描いた作品です。

2020年の3月、われわれは同時にそれらに心奪われていたのだ。

「ふつうの日常」と「そこにいきなり切り込んでくるダークサイド」について、他人事だと思いつつ、少し身につまされて考えていました。

疾走感のなかで「死」が語られる凄み

『鬼滅の刃』はずっと緊張が続いています。

このまま大詰めになるのでしょう。

これほど真剣に連載を追ったのはひさしぶり。

『鬼滅の刃』がここまでの人気になったことに違和感を抱いてる人たちがそこそこいるでしょう。

それはこの漫画の設定や展開が特別なものではない、ということを示しているのだと思います。

おそらく『鬼滅の刃』は「前へ進む力」が尋常ではないのです。

「どうなるのだ」と思わせる力がものすごい。

その疾走感のなかで「死」をつきつけられ、考えさせられるのです。

スピード感をもって死生観が語られるのが新鮮なのですね。

たしかにリアルはそんなものかもしれません。

死ぬときくらいはおれのペースで死なせてくれよ、という願いはたぶん聞き入れてもらえません。

みんなが忙しいさなかに、それと関係なく自分は死んでいくしかないのです。

そういうことにあらためて気づかせてくれる作品だ。

鬼滅の刃はまもなく終わりそうです。

さびしくもあり残念な気持ちもありますね。

おすすめの記事