木村花さんを追い詰めたSNSの卑怯者!「傷つこうと関係ない」―自殺したら慌てて消去。

プロレスラー木村花さんのツイッターに書き込んでいた20代男性。

病気で大学を辞め、リアリティー番組「テラスハウス」を以前から観ていたということです。

「足元でギャーギャー騒いでいるぐらいの気分だったが、当人からしたらそんなことはなかったんだな」と話します。

番組の中で花さんが他の出演者に「人生をなめている」と問い詰めるシーンに「うるせえ」と投稿したというのです。

自分の思いを言いたかった

相手の出演者に感情移入して、花さんに反感を持ったそうです。

「バカにされた感覚で、正義感ですよ」
「誰かと話したい気持ちで、好きとか嫌いとかを見せると、共通の話題ができる」

と振り返っています。

番組の映像がユーチューブにアップされると、投稿はさらに増えます。

「見てイライラする」と書き込んだ男性。

「むこうが傷つく傷つかないに関係なく、とりあえず自分の思いを言いたかっただけ。(花さんが)叩かれているとは知らなかった」

少数意見が多数意見に見える

国際大学の山口真一准教授は

「問題は、一部の意見があたかも多くの意見に見えたことだ」と指摘。

「炎上」なんていうとあたかも多数が書き込んでいるように聞こえますが上の投稿中10回以上は1・3%しかありませんでした。

しかし、それが全投稿の14・7%を占めたのです。

「ネガティブなことを考えている人ほど多くのコメントを能動的に発信する。ゆがんだ意見分布により世界が敵に見えてしまう」面があるとしています。

誹謗中傷投稿も番組は織り込み済み

こうした誹謗ツイートの60%が、花さん自殺の直後から、他人から読めない状態にされました。

ネット問題に対応するNPO代表の大空幸星さんは「軽い気持ちの言葉が人を傷つけるという認識が広がった」と話しています。

また、「僕の投稿が別の掲示板に掲載されたら面倒なので消した」と語る男性もいるのです。

投稿の責任を問われそうになって逃げているのは間違いありません。

フジテレビは「出演者をどう扱うか、認識が十分ではなかった」との社長コメントを出しています。

山口准教授は「批判的感情をあおることによって視聴率を稼ぐビジネスモデル」と批判します。

番組は決して「リアル」ではなく、「リアティー」という現実っぽいやらせで、中傷投稿も番組の一部として組み込まれていたのです。

訴えた例も…

2年以上も「淫売」「強姦」といった誹謗中傷を受け、家族まで巻き込まれたというサイエンスライターの片瀬久美子さん。

ツイッター社に削除を求めますが、「攻撃的行為を禁止するルール違反にあたらない」と拒否されています。

片瀬さんは裁判所に訴え、ツイッター社にIPアドレスの開示を請求。

携帯会社やプロバイダーにも裁判を起こし、1年かけて発信者を特定して訴えることができました。

発信者は埼玉県に住む60代男性でした。

数百のアカウントを持ち、誹謗中傷を繰り返していたのです。

一度も裁判所に出廷しなかったのですが、270万円の賠償支払いと謝罪の判決が下っています。

それから1年、今も謝罪も支払いもありません。

検察の調べに、男性は「遊びだった」と語ったということです。

嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

検察までが面倒を避けたのでしょう…検察審査会で審議して当然の事案です。

賠償不払いには強制執行の申し立てができます。

神田知宏弁護士は「誹謗中傷を削除できる法や仕組みと、もう少し迅速に対処することが必要です」と指摘します。

ネットの声

「売れないベビーフェイスより売れてるヒールの方が良いと割り切っていても本人の想像以上に心理的な負担があったはず!そんな乙女心を察する事がら出来ずに、プロレスでヒール役が出来るくらいハートが強いと勝手に勘違いして安易に悪役キャラに仕立てた番組制作者の罪はとてつもなく大きい!」

「チラチラ見える素の部分が傷つけられて心を蝕んでいったのだろうと。一社会人としてこの番組出演を引き受けたとしても、不安定になりがちな彼女の場合メンタルのカウンセリングを受けて周囲が労る状況だったと個人的に思う。」

「恋愛モノの番組を喜ぶ年齢層、SNSというツール。いとも簡単に大人(番組)の煽りに乗ってしまう若年層、未成年、子供が視聴者に多かったのでは無いでしょうか・・・良い年した大人や団塊jr世代とかそれ以上がターゲットの番組では無いでしょうね。だとすると、制作側の責任も重いという意見には同意できます。」

逃げるくらいなら書き込むな…というのが大方の意見です。

逃げた人はこれから変な書き込みをしないでしょうから、ネット環境も健全化に向かうのかもしれません。

誹謗中傷と批判をごちゃまぜにしている風潮もあります。

逆に窮屈なネット環境になりつつありますね。

おすすめの記事