「週刊文春」 2月13日号で報じた女優・鈴木杏樹(50)の「禁断愛」 。

それから約2カ月半。愛憎劇の登場人物たちは新たな生活を始めようとしています。

鈴木杏樹は「ビックリするほど純粋だった」

約7年前に夫と死別した杏樹が密かに情を通じていたのは、宝塚の元トップスター・貴城けい(45)を妻に持つ劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)でした。

喜多村が所属する松竹関係者が打ち明けます。

「交際中の喜多村さんは杏樹さんについて、周囲に『あの子はビックリするほど純粋だった』と話していたといいます。喜多村さんは恋愛経験が豊富ですから、そんな彼女を振り向かせるのは難しくなかったでしょう。それまで杏樹さんは2人くらいしか付き合ったことがないようで『過去に芸能人に言い寄られたこともあったみたいだけど、お付き合いしたことは1回もないらしい』とも言っていた」

杏樹には、喜多村との交際がスタートする直前まで、親密な男性がいたというのです。

杏樹を知る芸能プロ関係者が明かします。

「杏樹さんはその男性との交際に悩み、昨年には弁護士にも相談していたようです。喜多村さんと知り合ってからは、彼にも恋愛相談をしていたと聞いています」

「私と同じ地獄を見せたい」

舞台での共演をきっかけに深い仲となった杏樹と喜多村。

「週刊文春」の報道により夫の不貞を知った貴城の怒りは、すさまじいものだったそうです。

彼女は知人に対し、次のようにぶちまけています。

「あの人(杏樹のこと)は芸能界で清純派や癒し系と言われていますけど、夫を寝取った。物事の順序を守れないのは純愛じゃなくて自己愛でしょう」

貴城が身内に対し「私と同じ地獄を見せたい」とまで語ったのにも理由があります。

「普段、喜多村さんは和食を好み、貴城さんが好きなイタリアンレストランなどには行こうとしなかった。でも、今回、杏樹さんとは複数回、千葉県内のイタリアンで食事をしたことが発覚し、彼女は絶望していました。また今となってみれば夫の言動に不審な点もあったそうです。彼は制作発表会や記者会見の日などを除き、1年のうち99%はジャージ姿。『ジーパンに革のジャンパーで出かけた日はあの人とのデートに違いない』と話していました」(貴城の知人)

夫婦関係は驚きの展開へ

貴城を奈落の底に突き落とした喜多村が初めて心境を告白したのは、「週刊文春」3月26日号でした。

喜多村は取材に対し

「あれから妻とは一度も会えていません」
「傷つけてしまったことを一生かけて返していきたい」

と胸の内を吐露。

杏樹については「もう鈴木さんとお付き合いすることはできません」と別離を宣言したのです。

夫婦の共通の知人が匿名を条件に打ち明けます。

「今年2月上旬以降、喜多村さんは妻に毎日のようにショートメールを送っていますが、梨のつぶてでした。そのため妻と共通の知り合いである弁護士を通じ、彼女へのメッセージを送ったのです。その意向を彼女が受け、このまま夫婦関係を継続させていくことを決意したといいます。現在、弁護士が仲介役となり、夫婦関係の修復に向けて話し合いが進められています」

現在、喜多村は「鈴木さんとは一切連絡を取っていない」と公言しています。

「杏樹さんは海外渡航を計画していましたが、新型コロナの影響で頓挫し、現在は週1回のラジオ番組をこなす日々。(喜多村の)夫婦関係が白黒ついた段階で、彼から正式に謝罪を受ける流れになっています」(前出・芸能プロ関係者)

多くの禍根を残した不倫劇。今、第二幕が切って落とされようとしているようです。

ネットの反応

「鈴木杏樹さん憎いのも分かるけど 根本的な原因はあなたの旦那ですよね?私は女性だけど 奥さんの怒りの矛先が鈴木杏樹さんに行くことは理解できない ただ、とんでもない旦那と結婚したな、と同情はするけど」

「コレは完全に旦那さんが悪い…。完全に夫婦間が破綻してて離婚予定で何年も別居状態とかなら杏樹と付き合っていても再婚してもいいし、それなりの金銭解決もできるだろうけど、この旦那さんみたいのが一番罪な奴…。」

「杏樹さんは擁護出来ないけど、一番悪いのは喜多村さんだと思う。奥さん、離婚しないのは女の意地でしょうね。でも、あまり恨みをオープンにしてしまうと奥さんの印象もよくないです。自分ならそんな旦那いらない。」

女性のエゴが出てますね。旦那が悪いのに相手の女性を逆恨み…。芸能人なら見栄もあるだろうに攻撃の手を緩めないところが女性の怖さなのか…

おすすめの記事