求刑通りなら獄中死必至…飯塚被告に禁錮7年求刑

池袋暴走事故 飯塚被告に禁錮7年を求刑 東京地検

禁錮7年を求刑

東京・池袋で2019年4月、近くの主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故について。

自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)に対し、東京地検は15日、東京地裁(下津健司裁判長)の公判で、禁錮7年を求刑しました。

ブレーキとアクセルの踏み間違え

起訴状などによると、飯塚被告は19年4月19日、東京都豊島区の道路を時速60キロで走行中、車線変更の際にブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み続け、時速96キロで交差点に進入。

自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永さん母子をはねて死亡させ、通行人ら9人を負傷させたのです。

「私の過失はない」と主張

飯塚被告は「ペダルは踏み間違えていない。私の過失はない」などと無罪を訴え、車の不具合が原因だったと主張しています。

ネットの声

「二人の尊い命が奪われたことを思うと、禁錮7年の求刑を軽いと思うのが国民感情でしょう。しかも、本件では、被告人が罪を認めず、客観的証拠に反する供述をしており、そのことが被害者遺族をさらに苦しめています。犯した罪を認めないということは、裁判の場で反省の意をあらわすこともできていないということであり、厳しい判決につながる可能性はあると思います。一方、自動車運転過失致死の事件では、執行猶予がつくケースも多いです。裁判所の判断に注目したいと思います。」

「未来ある妻子を殺めた訳だから、7年では足らない。ましてや、反省も謝罪もしていない。勲章取り上げていただきたい。」

「あれだけの事をしておいて禁錮刑?報道番組でも実刑が確定しても高齢である事や難病を抱えているので刑が停止になる可能性を話していたがご遺族の事を思うと他人ですが、腹立たしくて仕方がない日本の法律の虚しさを感じました」

懲役でないと勲章剥奪にはならないはず…。



おすすめの記事