キングコングが同期のオードリーについて語ってるよ

キングコング、オードリーとの共演回想 - 春日の発言に「意外やった」

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太と西野亮廣が15日、公式YouTubeチャンネル「毎週キングコング」に公開した動画で、オードリーについて語りました。

同期のオードリーについて

「【感動】同期のオードリーについて真剣に語りました」と題して公開された動画で、

梶原はコンビで『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京 毎週火曜25:35~)の収録に臨んだことを明かしました。

そのうえで、「記憶にないぐらい楽しかった。テレビで俺が楽しいというのは記憶にないもん。『はねトび』が終わってからは1番ちゃうかな」と振り返ったのです。

オードリーとは距離が近くなかった…

梶原によると、「オードリーさんは同期なんですけど、ずっと距離感的に近くなかったからお互い敬語になっちゃう」とのこと。

西野は、「オードリーさんが本当に面白くしてくださった」と回顧したのです。

梶原は「俺、おもろいことあんまり言ってないのよ。言うてないけど、おもろく見せてくれんのよ」と述べ、

「色んな同期芸人がいるけど、オードリーさんは一緒にやりたいまで思った。惚れてしまったんかな」と絶賛していました。

春日にも言及

さらに2人は、春日俊彰についても言及。

梶原は「不思議な人やな」と言い、「あの人、そのままやな。(収録が)終わった後も偉そうとはまったく真逆で礼儀正しすぎる」と説明したのです。

一方の西野は「ちょっとびっくりしたのが、ひな壇で梶原さんが前に出られないみたいな話をしたやん。すべってしまうし、怖くて出られないみたいな」と話し、

「春日さんも言ってたやん。春日さんはすべって良くない? 春日さんはすべってポイント入るやん。『ここでもすべれるんや、それで動じないんや、すごい春日さん』っていう人やんか。『春日さんもそういう人っぽいところあるんや』って意外やった」

と述懐していました。

おすすめの記事