えみちゃんねる降板で「事情も知らず芸人でもないのに...」

キングコングの梶原雄太が7月7日、ツイッターを更新。

俳優の黒沢年雄がブログで梶原についてつづった記事を添付し「非常に悲しい」とつぶやいたのです。

何があった??

黒沢年雄がブログで

梶原が添付した記事は、梶原が関西テレビ系「快傑えみちゃんねる」を降板したことにむけたものです。

黒沢がブログで「折角の芸人としての、立場のチャンスを逃したね」などとつづったことを報じています。

黒沢なりの援護射撃なのかも

黒沢はこの「快傑えみちゃんねる」に「何十回と出演している」とし、

「その経験から、意見を言わせて頂きます」と前置き。

「上沼さんの頭の回転は、想像以上に凄い。

その、上沼恵美子さんと、キングコングの梶原君(何度も、ご一緒しています)が、

番組内のことでゴチャゴチャしている」と心配。

そして「梶原君は、お笑い芸人なんだから、上沼さんに、何を言われようが、受けてたって、会話で負けたら、最後に、本気でワンワン泣いて演技したら、番組が盛り上がり、その後の上沼さんの、フォローが見事にハマり、梶原君の、芸人の素晴らしさが評価されたと思う…」

ともつづっていました。

これに梶原が反応

「事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに、、このような事を言われると非常に悲しいですね」

との思いをつぶやいたのです。

ネットの声

「お互い余計なことを言わなきゃいいのに。黒沢さんも余計だが、それに言い返した梶原さんも余計。」

「>事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに
最後の芸人でもないのにという言葉が全てという気がするな。大先輩に対して芸人でもないのにというのは、要するに下に見てるんだよな。」

「黒沢に噛みついている時点で卑怯だと思う。なぜ、上沼に噛みつかない?噛みつく事のできる相手と舐め切らないと噛みつく行動に出られない、下心丸出しの姿勢にどうかと思います。上沼に噛みつかないのなら誰にも噛みつかないで欲しい。」

これは、梶原がスルーする案件では…。

言い合ったら炎上必至(返答するだけでも)ですからね。

ひょっとしたらこういうところが、上沼恵美子にキレられたところかも…

おすすめの記事