新宿といえばそこでお店を出すのも一苦労…。家賃も物価も高いのです。そんな新宿で定食288円の激安食堂があるのです。経営は成り立っているのでしょうか。

うちが適正価格!他店が高すぎるだけ!

そう豪語するのは、料理を2品以上頼めば、何杯飲んでも焼酎は無料…そんな「居酒屋革命」をプロデュースして注目された天野雅博さん(51)です。現在は東京・新宿で激安食堂を経営し、またまた話題になっているのです。

とにかく値段がすごいのです。ご飯、味噌汁おかわり自由の日替わり定食が288円というのですから…。

なぜ、こんな価格が可能なのでしょうか。

天野さんは、2014年から東京・新宿で飲食店を自ら経営。昼に弁当を作って販売すると、これがバカ売れします。それを機に店名などを変え、現在は昼夜営業+弁当屋の「定食酒場食堂」に落ち着いているのです。

そこでのランチが288円、夜はおまかせ料理と飲み放題で3000円といった激安価格で客を呼んでいます。

「50歳が近づいて、人生も終盤。人生70歳までだとしたら、これから20年続けられる仕事は何かな、と考えてできたのがこの店でした」

天野さんの思いが詰まっている店ですが、まずは激安価格の秘密を知りたいというのが多くの人の本音でしょう。

ランチは毎日メニューが変わるのですが、この日は全6種類で日替わり定食のマーボー春雨288円、卵焼き定食380円、豚焼き肉定食500円といったバラエティーに富んだメニューとなっています。

しかも、ご飯と味噌汁がおかわり自由で、おかずのボリュームも満点です。

「豚焼き肉定食は肉150グラム使って、ほかの500円定食だって肉は100グラム使っています。ほかの店が高すぎるんです。ここは他店ほど利益をとらず、適正なものを適正価格で出しているだけです」

その“適正価格”を実現する秘訣は、仕入れにあるということです。

「僕は食品ロスゼロを訴えているんで。たとえば、店頭に並べられない行き場のない野菜がありますよね。形が悪いとか、一部だけ良くないところがあるとか。それらを農家と直接交渉したりして仕入れ、悪いところは切って使うとか工夫しているんです」

そして、「安かろう、マズかろう」ではないのです。

「基本、化学調味料は使っていません。味噌は手作り、醤油だって寿司屋でも使ってないような高級な醤油を使ってますよ。米はコシヒカリとかあきたこまちとか。でも、米の味は銘柄より洗い方や炊き方次第だと思いますね。うちはガスで炊いています。よそで食べると舌がしびれる、というお客さんも、うちのメシではしびれない、って言われますね」

元客たちがボランティアに

コストカットの工夫はほかにもあります。

固定費として大きいのが家賃なのですがが、築74年の古家を借りてリフォームしたのです。

「もともとこのへんに30年住んでいたので、取り壊す予定の寂しそうにしているこの家をたまたま見つけ、『フリーレント2年つけてくれたら借ります』と交渉しました。そしたら大家さんは『2年は無理だけど、23カ月でどうだ』と(笑)」

人件費は天野さん自身がフライパンを握ることで節約。

おかげで腕の腱鞘炎に悩まされていますが、痛みに耐えながら1階20席、2階32席の客をさばきます。そんな天野さんの考えに賛同する元客たちが、ボランティアで店を手伝ってくれているのです。

「そもそも完全セルフだから、お客さんが皿を下げたり、自分から動いてくれるんです。ほかにも、80万円のエアコンを付けてくれたり、20万円を封筒に入れて渡してくれたお客さんもいる。こういう、みんなが助け合うような“場”をつくりたかったんです」

お腹いっぱい食わせてやりたい

多くの人の協力で成り立っているこの店では、昨年から、孤食の子どもたちに無料で食事を提供する「子ども食堂」も兼ねています。

実は天野さん自身、両親に認知されず、児童養護施設で育ちました。

腹をすかせるつらさはよくわかるのでしょう。遠くからわざわざ食べに来て、身の上話をして帰る子どももいるということです。

「この間は、将来ヤクザ確定だな、っていうような入れ墨をした高校1年生4人が来ましたね。ほかにも、不登校の女の子が来たり。僕は腹いっぱい食わせてやりたいだけ。腹いっぱいにならないと悪いことするなら、腹いっぱいになって帰ればいい」

「定食酒場食堂」は札幌、東京・下丸子にものれん分けしているということです。


児童養護施設の元先生たちが運営しているそうです。

ネットの声

「人件費をボランティアで賄うとか好意であってもあまり推奨は出来ないな。」

「志は立派だとは思うが、「他が高すぎる」は酷いと思います。決して1人の力だけでは成り立たないお店でしょうから。」

「これがスタンダードだと思えば、デフレから脱却できない。消費者にとってはうれしいが、経済を考えると負の連鎖にしてはいけない。」

いろいろな意見がありますが、少数派であってもこういった店は助かりますね。

おすすめの記事