キッス『地獄の軍団45周年エディション』が11月19日にリリース

キッスは1976年にリリースされた『地獄の軍団』の45周年エディションが11月19日にリリースされることが決定しています。

キッスにとってのメモリアルアルバム

彼らにとって『地獄の軍団』は発売初年度に100万枚のセールスを記録した初のアルバムであり、彼らのスタジオ・アルバム中、歴代最高の売上を達成した作品でもあります。

45周年エディションは超豪華5枚組スーパー・デラックス・ボックス・セットの他、CD2枚組デラックス・エディション、通常版の黒盤LP2枚組、限定版のカラー盤LP2枚組、及びデジタルでリリースされます。

5枚組スーパー・デラックス・エディション

まず、5枚組スーパー・デラックス・エディション(4CD+1Blu-rayオーディオ)のCD1にはアビイロード・マスタリングで新たにリマスタリングされたオリジナル・アルバムが収録され、CD2にはポール・スタンレーとジーン・シモンズが個人的に保管していたアーカイヴから15曲のデモ(うち9曲は未発表)が収められています。

CD3には、スタジオ・アウトテイクや別ヴァージョン/ミックス、シングル・エディット等が収録され、注目は装飾音を削ぎ落とした最新ミックス“Beth”のアコースティック・ミックスとなっています。

CD4には未発表だった1976年5月22日に仏パリのオランピア劇場で行われたパフォーマンスが収録されます。

ボーナストラックも

Blu-rayオーディオ盤ではスティーヴン・ウィルソンをリミキサーに迎えたオリジナル・スタジオ・アルバム『地獄の軍団』の初のドルビーアトモス音源と5.1サラウンド・ミックスが収録されます。

ボーナス・トラックとして、“Beth”のアコースティック・ミックスと、スタジオ・アルバム・ヴァージョンには入っていないエース・フレーリーのオリジナル・ギター・ソロがフィーチャーされた“Sweet Pain”のオリジナル・ギター・ソロが加えられています。



おすすめの記事