「魅せ方が9割!」ツライダイエット要らずの、着やせ術

ダイエットしなくても魅せるだけ・・どういうことかというと痩せて魅せるということですよ。世の中には着やせするタイプの女性がたくさんいます。実は太っているのに痩せて見えるという奇跡のような、そしてうらやましすぎる女性ですね。しかしそれはまぐれでも不思議でもなく誰でも実現できるものなのです。

ダイエットしなくても大丈夫

着痩せするだけですから、ダイエットとは無縁です。もっとも結果的に着やせではなくて本当にスリムになるので無縁とはいえないかもしれません。間接的なダイエットといってもいいでしょう。

それでもここではダイエット要らずで着やせして魅せる方法なのです。


ダイエットとは縁がないですから、食事制限はしなくてもいいですから普段通りの食事になります。そして運動もしなくてもいいので、考えたら何もしないということです。

もっとも、着やせするための努力をちょっぴりしなくてはいけませんが、ダイエットのようないわゆる苦行になるようなことは一切しなくてもかまわないのです。

細くないのに細く見える

そんなに痩せているわけでもないのにメリハリのあるボディで痩せて見える女性って多いですね。
もっとも痩せて見えるということは見る人にとっては痩せているわけですから、元が太っているとは思えない人ということです。

ですから真実は本人のみぞ知るということです。ある意味とてもうらやましいことなのですけど、そういうことが可能なのでしょうか。

昔から確かに着痩せする人がいることは事実です。もっともそれは、そう見えるだけでよく見ると太っているというオチが付いているものでした。

それなのに細く見える人が本当は肥満体質だということはにわかには信じられません。

どのようなトリックを使っているのでしょうか。

同じような服でも太って見えたり…

同じような服なのに着る人によって太って見えたり、痩せて見えたりします。太っている人は一般的にゆったりとした服を着がちです。

それは動きやすいことが一番でしょうし、小さめの服をきるとパツパツになってしまいボタンまで飛びそうになります。これは却って太っていることを強調してしまう服装ですから、太っている人が選ぶことがない服ということになります。

着やせがあるから着ぶくれも当然あるでしょう。それはやはり自分に合っていない服をチョイスしているからです。

洋服の選び方

着やせするには洋服の選び方がどうやらポイントのようです。確かに一般的に着やせしてみる服や着ぶくれして見える服というのがあります。これは一般的なことで、誰でも着やせして見えるという服は存在しません。

スラッとしている人が着ぶくれするような服を選ぶことはそれほど難しくはないでしょう。ゆったりした服を着るだけで、太って見えますし、逆に見方によってはほっそりと見えます。

細い人は何を着ても実は細く見えるものなのです。そうすると太っている人は何を着ても太って見えると短絡的に考えがちですがそうでもありません。服の選び方だけで十分に痩せて見えるのです。

体型から見つける

基本的に太っている人も服のチョイスは自分に似合う服を着ることです。好みもあるでしょうし、肝心なのは人の目で似合っているという服をチョイスすることが大事です。

ここは重要なポイントなのですけど、自分は太っていると意識することが大切です。その上で服を選び、本来の目的である誰から見ても細く見える服装を選ぶのです。

誰から見ても、その人の良さを活かしている服だと思ってもらえたら、きっとその服を着ることで肥満と言われることはないでしょう。

服選びの基本は体型に合うデザインであることが大事です。全体のバランスを考えた服であれば結果的に痩せて見えますし不思議なことにそれで肥満だと思う人はいません。


一般的にふっくらとして丸みのある人は曲線的でふんわりとしたデザインの服が良く似合います。ふっくらとした服はチョイスしないほうがいいのですが、普通に誰が見ても太っているという人は、ゆったりとした服をチョイスするしか道がありません。

色から考える

目に飛び込んでくる真っ先の情報は色であり、女性であったらカラフルな色の衣装でしょう。無意識のうちに色の影響を受けているので、いい意味での目くらましといってもいいでしょう。

赤などの派手な色が一番目を引きやすいのですごく効果的です。一発で肥満体型ということは忘れられてしまうでしょう。もっとも派手な赤は一回切りです。ですから勝負色などと言われています。

基本は派手すぎずそれでいて地味すぎないといった軽い自己主張をするような色がいいと思います。

結果的にダイエットになります

服装選びのときはイメージすることが大事です。自分の目より人からどう見られるかが大事になりますが、他人に一人一人聞くわけにはいきません。

ですから、イメージすることで人に見られる自分を客観的に見るのです。そうすることで服装が決まり、それが結果的に痩せて見えるということになるのです。

ネットの声

「テレビで着やせ術やってたけど、背中に流れて段々になったお肉はカバーできてるのかな?」

「米娘はおっぱい大きすぎて着ぶくれしやすくて困る。巨乳の着やせ術を知りたい」

「無理して痩せなくていいかもしれないってのが好き。機や施術極めたいな」

痩せなくていいのですから、ほんとに極めたいですよね。

おすすめの記事