アンジャ児嶋が涙の謝罪…相方渡部にダメだしも

アンジャ児嶋が涙、渡部のラジオに代役出演 相方にダメ出し。

「本当に馬鹿ですね。調子に乗っていた」

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が複数の女性との不倫が原因で無期限活動休止となった問題。

相方の児嶋一哉(47)が12日、渡部がナビゲーターを務めるJ―WAVE「GOLD RUSH」(金曜後4・30)に代役出演しました。

渡部の出演自粛を報告

「ウチの相方が不倫をしまして。それが笑えない、たちが悪い、相方から見ても気持ちの悪い不倫で世間をお騒がせしまして、自粛になりました」

とコメント。

涙声に…

児嶋は「ふぅ…、すいません…」と涙声になり、

「本当に馬鹿ですね、大馬鹿で、調子に乗ってたんですよね。仕事もうまくいくし、プライベートも順風満帆で、天狗だったんですよね。勘違いしてたんですよ。人の痛みとか思いやりとか優しさとか愛とか、そういうのがないんですよ」

と伝え、

「報道を見て本当に不快になったと思います。ウチの渡部がとんでもないご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした」

と謝罪しました。

児嶋にも謝罪

渡部とは電話でやり取りしたといい

「僕にも謝っていました。普段俺に謝ることなんてないんですけど。人間そんなに簡単に変われるとは思ってませんが、人として心が通じる人間になってほしい」

と思いを語っていました。

前日11日、番組の公式ツイッターで

「ナビゲーターは、アンジャッシュ児嶋一哉が代演となります」と発表しました。

「GOLD RUSH」は12年10月から渡部がナビゲーターを務めてきたのです。

ネットの声

「聴きました。今回の件だけでなく、スタッフ、芸人仲間、そして児嶋さんに対する態度に心がなかったと。そしてそれを注意できなかった自分への悔しさ、申し訳なさが伝わってきてもらい泣きしました。渡部さんをかばうこともなく、でも愛情も感じて、本当に優しい人なんでしょうね。ただ、明日のブランチで謝罪させるのはあまりにも可哀そう。ラジオより、テレビの生はハードルが高すぎます。」

「元々いい人だし、これを機会にピンで独立するのもアリかもしれないよ。大嶋さん頑張って!」

「児島の弄られてる姿を観ると弄ってもらえるのは愛情の裏返しだし、それだけ多くの人に慕われてるのは画面からも伝わってきてた。渡部の休業で、それも含めて弄られることで児島の今後の活動には一切影響がないどころか、そこでも真摯な対応を見せれば仕事は増えると思う。」

本人が復帰したいと思えばたいていの芸能人は復帰してきました。

渡部の場合はどうでしょうね。

おすすめの記事