アンジャ児嶋が語る…さんまが5千円のギャラで番組出演

明石家さんまが「5000円」で番組に! 異例オファー実現させたアンジャッシュ児嶋の「愛され力」

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが2020年10月11日、自身のYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」を更新。

「壮絶!アンジャッシュ児嶋の芸人人生」と称し、これまでの活動や体験を振り返りました。

中でも明石家さんまさんを冠番組「白黒アンジャッシュ」(千葉テレビ)にゲスト出演させた際の安すぎるギャラや、その「愛され力」が大きな話題となっています。

「千葉テレビで番組やってるんで来てくださいよ」

この日、動画内で自身の遍歴について話した児嶋。

「2015年『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)にさんまさんが来る」という思い出を「大事件」だと表現し、

当時の経験を赤裸々に告白したのです。

麻雀仲間として頻繁にさんまと遊んでいた児嶋は、あるタイミングで「千葉テレビで番組やってるんで来てくださいよ」とさんまに冗談交じりの交渉をしていたとのこと。

そこに「ええで」と乗っかるのが2人の定番スタイルとなり、なんと8年もの間この様な「コント」を続けていたのだというのです。

しかしある日、突然電話がかかってきて「日曜日だっけお前の番組、もしタイミングあったら行くで」と言われ、

本当にそれが実現したのです。

児嶋がさんまを誘導

本番当日、児嶋は「さんまさんのゲスト出演」を相方・渡部健へのサプライズとして敢行する予定だったのですが、

「千葉テレビがルーズだった」ためお迎えするスタッフがいない状態であったことを振り返っていました。

「普通ドッキリもあるからバレないように誘導しなきゃダメなのに...」と前置きしながら、

そのままさんまが勝手に楽屋へ入ってきてしまったと苦笑い。

児島は渡部にバレないようさんまを自分が誘導する羽目になったようです。

ギャラは5000円

その後、しゃべり倒したさんまの出演回は4週連続で放送されたのですが、渡されたギャラはなんと5000円だったというのです。

児嶋は「あのさんまさんが出たっていうだけで、皆さん出てくれるんですよね。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を口にし、カメラに向かって頭をさげていました。

コメント欄には「さんまさんと麻雀!? すげえ」と驚く声が寄せられたほか、

「関係を大事にしているから相手にも大事にされるんかな」
「これだけ丁寧に(スケジュールを)覚えてて、きちんと一言ずつコメントしているのを見ると、大島さんと仕事する人は気分いいだろうな」
「児島さんが愛されてるのがわかる」

など改めて彼の魅力を実感するファンも多数見受けられました。

ネットの声

「明石家さんまは自分が面白いと思ったらギャラに関係なく行動を起こし、そして何より他人が言った些細な事もよく覚えていて、本当に義理堅い人だと思います。この人柄が長年トップに君臨している理由なのでしょうね。」

「大阪の番組に未だに出続けてるし、軽いノリの第一人者みたいな感じだけど義理堅いし男気のある人だから他の若手も面識があったらダメ元でオファーしたら案外来てくれるかも知れない。」

「サンマは、昔から漫才コンビの売れてない方を応援してきた。雨上がりの蛍原、アンジャッシュの小嶋、ピースの綾部じゃない方の芥川賞取った方・・・・。今じゃ売れてた方が問題起こして引っ込んだいるのもいるが、面白いことだ。」

さんまのギャラを落とすと他の若手芸人が困る…という逸話もありますね。

おすすめの記事