児嶋が渡部との緊急ミーティング中…痛恨のミス

アンジャッシュ児嶋 渡部との〝緊急ミーティング〟で超凡ミス!「あいつを怒ってた手前…」

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉が1月24日、自身のユーチューブ「児島だよ!」を更新。

相方・渡部建との〝緊急ミーティング〟の際に起きた事件を打ち明けたのです。

マネージャーのクレーム第2弾

今回の動画は、担当の女性マネジャーが児嶋へのクレームを届ける企画。

「何でも聞いてくる」「歯磨きがメチャクチャ長い」「『行列のできる法律相談所』『ザ!世界仰天ニュース』をよく間違える」などの苦情を受け付けたのです。

そして最後に告げられたのが、渡部の〝多目的トイレ不倫〟報道後、事務所で2人で話し合いをした際のハプニング。

マネジャーが話し合いの最中に児嶋から車の移動を頼まれ、鍵を預けられたのですが、よく確認すると「家の鍵だった」というもの。

クルマのキーについて

マネジャーは「2人が真剣に話している中、ちょっと扉開けて『これ家の鍵でした』って言ったら、児嶋さんちょっとテンパって渡してくれた」と回想。

児嶋は「気まずいよな。いろいろあって初めてアンジャッシュで会って、ちょっと熱くなってる部分もある中、『すいません、鍵間違えてました』って言いづらいもんね」と思いやり謝罪したのです。

児嶋に恥をかかせられない…

さらに、その時の謝り方を確認すると「結構ヒートアップしてたんで、『ああ』みたいな感じでちょっとカッコつけてた」(マネジャー)。

これに児嶋は「あいつをちょっと怒ってた手前、俺がミスってるところを見せたくないと。『お前のこういうとこダメだよ』とかって話をしているときに、鍵を間違えたってすごい俺っぽいし。『ああ』って(いう反応で)あんまり事件にしないように(した)」と当時の心境を語ったのです。

つづけて「真面目なアンジャッシュの話をしているから、ここ(渡部への)の怒りのテンションを、そのままこっち(マネジャーに)いっちゃったんだ。完全に俺が悪いのに…」と苦笑い。

「それ以来、同じポーチに2つ(車と家の鍵を)入れっぱなしにして渡してる。そしたら間違えないじゃん。そこは対策してる」と訴えたのです。

ネットの声

「児島さんの礼儀と言いますか、思いやりと言いますか、やはりいい人柄だと思う。」

「人というものは凡ミスを繰り返すもの、すぐに対策するのはなかなかできないこと。
芸能界に長く生き残れてるのも、こういうことを積み重ねが効いているのかもしれない。」

「今回の一件で、沢山の人が迷惑を被りましたけど、児島さんの良い面がしっかり評価された事だけは良かったと感じています。真面目で誠実で天然なところが浸透して、最近ではピンでCMも出演していますね。これからも応援しています。」

マネージャーとの関係の良さが垣間見れます。



おすすめの記事