iDeCo、つみたてNISA、個人年金保険をフルに活用して老後を豊かに
ideco イデコ

老後の資産運用 iDeCo、つみたてNISA、個人年金保険のフル活用を

リスクコントロールが必要

2月15日に約30年ぶりとなる「日経平均3万円」を記録して以降、激しい値動きが続いています。

一時、2万8000円台まで落ち込んだ後、3月18日に3万円台を回復するも、翌週にはまた2万8000円台に急落。

「原因のひとつは『日銀の軌道修正』だと考えられる。黒田東彦・総裁は3月19日、金融政策決定会合後の会見で、日経平均連動型ETF(上場投資信託)の買い入れ除外などを表明した。これまで“日銀が買うから上がる”という考え方で、ファーストリテイリングなど日経平均への影響力が大きい銘柄を買っていた投資家たちが、一気に売り注文を出したと考えられる」(市場関係者)

市場は大荒れですが、“資産運用なんてやらなければいい”とは言えない状況もあるのです。

4月から「70歳就業法(改正高年齢者雇用安定法)」が施行され、企業に70歳まで従業員への雇用機会を提供する努力義務が課されます。

「定年退職」という考え方が消滅し、“働けるうちは働き続ける”のが当たり前となる時代がやってきたのです。

それはつまり、「公的年金だけでは老後は暮らせない」ということ。

2019年に金融庁の審議会が「老後資金2000万円不足」報告書を出して大騒動となりました。

同報告書は、夫婦2人が公的年金だけで65歳から30年間暮らした場合に足りなくなる生活費が2000万円に達するとしており、70歳まで働けば補えるレベルのものではありません。

「公的年金」と「給料」に加えて“第3の柱”が必要になるわけです。

ただ、虎の子の貯金を闇雲に株式市場へ投じても、資産を失うリスクが増すだけです。

相場が乱高下するなか、上手くリスクをコントロールしながら資産を増やさなくてはいけません。

そこで検討したいのが、加入者が毎月掛け金を拠出して運用し、一定期間後に年金として受け取る「私的年金(じぶん年金)」。

家計に無理のない範囲で積み立てて、リスクを分散していく資産運用になります。

銀行預金とは大違い

私的年金については近年、制度改正で優遇措置が拡充されてきました。

年金博士こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘します。

「主に税制面での優遇が大きい『じぶん年金』には、いくつかの種類があるので“使いやすさ”と“節税効果”の観点から、どれが自分に合っているかを考えましょう」

有力な選択肢となるのが「個人年金保険」「iDeCo(以下イデコ)」「つみたてNISA」の3つ。

いずれも毎月の積み立てが基本となるが、それぞれメリットとデメリットがあります。

北村氏は「これまで何もやっていない人は、まずは個人年金保険を検討しましょう」と説明します。

「イデコやつみたてNISAは新しい制度として注目度は高いですが、投資の初心者には少々ハードルが高い。その点、個人年金保険は誰でも手軽に始められます」

個人年金保険は、毎月保険料を積み立て、それを将来、年金として受け取る貯蓄型保険です。

「保険外交員が手続きをサポートしてくれるので、投資に縁のない人でも安心です。65歳から5年間で受け取るなど、リタイアプランに合わせた受け取り方を選ぶこともできます」(北村氏)

北村氏が“最大のメリット”として挙げるのが「拠出金を所得控除できる」というポイントです。

保険料を払っていると、税金が安くなるのです。

「新たに契約して年間8万円を超える額を保険料として払うと、最大で4万円を所得控除できます。課税所得500万円(所得税率20%)の人が個人年金保険で毎月7000円(年間8万4000円)を積み立てると、所得税と住民税が合計1万800円、戻ってくることになります」(同前)

じぶん年金の基礎を身につける

銀行の定期預金が年利0.01%を下回る状況なのですから、「毎月7000円を払うと、1年で1万円得する」という商品は魅力的です。

「ただし、個人年金保険料を増やしても、控除は4万円より大きくはなりません。また、加入の条件によっては生命保険料(個人年金保険料)控除の対象とならないことがあるので、節税メリットを目的に始めるのであれば、事前に保険会社の担当者などによく確認したほうがいい。種類によっては、元本割れのリスクがあることにも注意が必要でしょう」(北村氏)

積み立てている途中で解約できるのが個人年金保険の特徴ですが、「時期によっては解約返戻金が戻らないこともある」(同前)ので注意したいところです。

まずは比較的シンプルな個人年金保険を検討してみて、じぶん年金の基礎を身につけるのがよさそうです。

おすすめの記事