どこもお金を貸してくれない絶体絶命なとき。

そんなときでも頼りになるのが、ネットの個人間融資掲示板です。

ここなら即日融資もありですよ。

お金が必要なときはどうする?

急にお金が必要になったとき、そのお金が少額の場合でしたら、何とか自分の力で調達するようにしたいものです。
必要な金額が3万円程度でしたら、いくつかの方法があります。
一つは、自分の力で稼ぐことです。
普通のバイトでしたら、バイト料が入るのが後日になってしまうので、バイトをするなら日払いのバイトしか選択肢がありません。

日払いのバイトは数はすくないのですが、求人情報誌にも掲載されています。
それでアテを作って、WEBで検索するのも一つの方法でしょう。
男性の場合でしたら、日払いのバイトはガテン系の仕事が多く、主に建築現場での仕事になるでしょう。

肉体労働となるので、体力勝負になるのは避けられません。
体力に自信がなかったらしない方がいいかもしれません。
また、ガテン系の仕事に慣れている人でも、ケガなどの危険性は常につきまといます。

ガテン系に限らず、働く際には雇い主は労働者に対して、労災保険をかけることが義務づけられています。
しかし、日払いのバイトとなると、労災保険をかけていないこともあるのです。
日払いのバイトをして日銭を稼いだのはいいのですが、ケガをして労災保険に未加入だった場合は治療費は自腹となります。

せっかくの日銭が治療費で消えて、さらに赤字になる可能性もあるのです。
ですから、ガテン系の日払いのバイトをするときは、労災保険の加入の有無をしっかりと確認しておきましょう。
また、ヘルメットや安全靴、作業着などは自分持ちが原則です。

安全靴にしてもヘルメットにしても、作業着もそうですが、1セットもっていても無駄にはなりません。
この機会に揃えておくといいでしょう。
ガテン系のバイトを1回すると、1万円程度にはなるでしょう。

それを3回すると目標金額の3万円になります。
ガテン系ですからきつい仕事になりますが、誰にも迷惑をかけずに自分の力だけでお金を稼ぐことができるので、3万円程度のお金を稼ぐのでしたら、もっともオススメの方法といっていいでしょう。

緊急でお金を調達したいというときに、頼りになるのが友人知人です。
昔から気心の知れた友人知人ですから、頼んだら3万円くらいのお金はすぐに貸してくれることでしょう。
もっとも、そのときは財布の中にあるお金で借りるようにしましょう。

ATMでわざわざ引き出すようでしたら借りてはいけません。
あくまでも、財布の中にあるお金というのが肝心なのです。
それは、いわば友人知人の小遣いということですから、友人知人とのお金の貸し借りはそういった小遣いの範疇で考えるようにしましょう


それ以外のお金の貸し借りとなると、潔く銀行や消費者金融会社からお金をかりるようにしましょう。
それが、友人知人とのお金の貸し借りのマナーと考えるのです。
友人知人からお金を借りるときは、借りる側が気を遣って借用書を作るようにしましょう。

通常でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人への借用書ですから、気が引けてしまうものです。
ですから、友人知人とのお金の貸し借りの場合は、借りる側が借用書を作ったほうがいいでしょう。
何を水くさいとかいわれそうですが、借用書はないよりはあったほうがいいです。

貸す側の友人も口では水くさいとか言っても、あったほうがいいのは間違いないでしょう。
借用書には、給料日の翌日に一括で返済する旨のことを書いておきましょう。
間違っても、分割で支払うといったようなことを書いてはいけません。

友人はすぐに財布の中からお金を出して貸してくれたのですから、返済は最短最優先でしかも一括で返済しなければいけません。
それが、すぐにお金を貸してくれた友人への、最低限のマナーと言えるでしょう。

3万円程度のお金でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうようにしましょう。
不要品ですから、それほど大きなお金にはならないでしょう。
というよりも、むしろ買取り値が付かないほうが多いと思います。

それでも、不要品を無料で引き取ってくれるはずですから、不要品の処分にはなるのです。
ですから、もともと必要のないものですから、できるだけ多くの不要品を買い取り業者に処分してもらいます。
その中に少しでも買取り値が付いたらラッキーと考えたらいいでしょう。

不要品ですから、それほどの買取り値は期待できないのですが、それでも1万円あるいは2万円程度にはなるはずです。
それでも目標金額にはとどきませんから、そのときは、家にある書籍やコミックを買取りしてもらうようにします。
人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買取りが期待できるでしょう。

書籍にしてもベストセラーよりも、レア本のほうが高く買取りしてもらえます。
家にある書籍やコミックをある程度買取りしてもらうと、目標金額の3万円は楽々クリアすると思います。
書籍やコミックの買取りは、通常の買取り業者ではなく、書籍やコミックの価値の分かる古本屋などに買取り依頼をするとよいでしょう。
そのほうが少しでも高く買取りしてくれるはずです。

また、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。
キャッシングですから、審査は必要ないの?と思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードを持っていること自体が審査に通った証拠ですから、利用限度額内であれば、いくらでもお金を借りることができるのです。

それでも、月々の光熱費やスマホ代、さらには買い物の支払いをクレジットカードで行っている場合は、予定外のキャッシングなどをすると、翌日の払いが残高不足になる可能性もあるので、その点には気をつけたほうがいいでしょう。
クレジットカードのキャッシングは急ぎのときには大いに助かることでしょう。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要となると、銀行か消費者金融会社からお金をかりるようにしたほうがいいでしょう。
銀行か消費者金融会社か、どちらからお金を借りるかと悩むまでもなく、金利の低い銀行カードローンからお金を借りるようにしたいものです。
しかし、銀行カードローンは、誰でも気軽にお金を借りることができるわけではありません

というのも、銀行カードローンを借りるにも審査が必要になります。
返済能力があるのかといったことを調べるのですが、それには属性の高さが必要となるのです。
属性というのは、信用度や返済能力、お金の借りやすさなどを計る指標のようなものです。

属性はさまざまな項目から構成されています。
例えば、居住形態が持ち家か借家か、雇用形態が正規雇用か非正規雇用か電話をひいているかどうかなど、属性の高さを決めるのは多岐にわたっているのです。
また、同じ正規雇用でも勤続年数によって属性の高さが変わってきます。

そういったことを全て数値化して、ポイント化したものがスコアリングです。
それによって、ある一定の数値以上だと審査に通る、それ未満だと審査にとおらないといった審査方法が主流となっているのです。
銀行カードローンの場合は、その審査基準のラインが消費者金融会社の審査基準のラインよりも高いということです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいです
そのため、貸し倒れに遭わないように審査を厳しくしているのですが、さらにリスクを回避するために保証会社と提携しているのです。
銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の審査だけではなく、保証会社の審査も受けるようになります。

当然ですが、保証会社の審査にも通らないと、銀行カードローンの融資を受けることはできません。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能になると、残りの債務の全額を保証会社がカードローン利用者に代わって銀行に支払います。
その後で、改めて立て替えたお金を保証会社が、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。

この時点で、すでに債務整理に入っていますから、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入るのです。
こう考えると、銀行はお金が戻ってきたのですからノーリスクに見えます。
しかし、返済不能以降の返済利息による収益がなくなったのですから、まるっきりノーリスクとはいえないのです。

また、銀行カードローンにもデメリットがあって、それは即日融資に対応していないことです。
一頃は、メガバンクを中心に即日融資やスピード融資を大々的に宣伝していた時期がありました。
たしかにそういった宣伝を最近は見ることがなくなっていたのですが、即日融資ができなくなったので宣伝をとりやめたということなのです。

その理由は、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたことにあります。
不正融資を防止する施策なのですが、カードローンの申し込みをすると、警察庁のデータベースにも信用情報を照会します。
その照会情報を得るのが、早くても翌日以降になるので、物理的に即日融資はできなくなったのです。

ですから、すぐにお金が欲しいときは銀行カードローンに頼ることはできず、消費者金融会社のカードローンに頼ることになるのです。

消費者金融会社でお金を借りる

銀行カードローンで借りることができなかったら、大手消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴は、その多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのが大手消費者金融会社の強みでしょう。

また、WEB完結という申し込み方法が新たに加わりました。
これは郵送物が自宅に一切届かないサービスです。
郵送物がないので家人に気づかれる、あるいは怪しまれるということがありません。

そして、大手消費者金融会社はメガバンクと提携しているところもあって、メガバンク行内の自動契約機で、大手消費者金融会社のカードローンの申し込みができるようになっています。
これも何気に便利な申し込み方法ですから、利用している人も少なくないでしょう。
そして、大手消費者金融会社の最大の特徴は、全国各地に設置している無人契約機です。

24時間365日稼働しているすぐれもので、いつでも融資の申し込みができるのです。
即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ればすぐにローンカードが発行されます。
それを持ってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

さらに現在はカードレスのサービスも始まっていて、スマホを持っていることが条件となるのですが、スマホで入出金ができるので、ますますカードローンを利用していることがバレにくくなるのです。

中小消費者金融会社と街金と個人間融資掲示板

消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社のカードローンの審査基準は最も厳しいので属性に不安のある人、特に延滞歴などのある人は、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通ることはないでしょう。
延滞しても返済すれば問題ないと思っている人も少なくないですが、延滞行為自体が重大な契約不履行であり、金融機関や貸金業者との間であってはならないことなのです。
サラ金時代に強引な取り立てが問題になったのも、きちんと返済していけば問題はなかったのです。

当時は高利であったことで返済が滞ることが多く、それが元で強引な取り立てがクローズアップされたのです。
現在では強引な取り立て小戸ありませんが、その分延滞などの金融事故については厳しく対処する方向が顕著となっています。
厳しくというのは債務整理などの処置ということです。

そして、大手消費者金融会社でお金を借りることができなければ、中小消費者金融会社や街金に頼るしかありません。
審査基準が緩くなっているので、延滞歴があっても借りることができる、中小消費者金融会社や街金も少なくないのです。
それでも、中小消費者金融会社や街金で借りることができなければ、ネットの個人間融資掲示板を利用するようにしましょう。

ここでは特に審査もなく、支払い方法などで確認のみで融資を受けることが即日で可能です。

個人間融資掲示板は誰でも借りることができる?

個人間融資掲示板では、審査もなく、誰でも借りることができます
果たしてそういうことが可能なのでしょうか。
借り逃げする人が続出しそうな気がしますが、個人間油脂掲示板ではお互いの身元の確認をするので、借り逃げをしたとしても、逃げおおせることはできないでしょう。


貸し出し金額の相場も10万円程度となっているので、そのくらいの金額で人生を棒に振る人もいないと思います。
個人間での貸し借りになるので、そこは信用を大切にして、借りたら返すという大原則のもとで、個人間融資掲示板を利用するようにしましょう。

ネットの声

「営利情報の薄い掲示板(2chなど)の情報は信用できるね。他はなんかうさんくさい…」

「ブラックと思い込んでいても、実際にはブラックでない人って多いんですよ。そういうケースが多いんじゃないかな…ブラックでも借りることができたって情報は…」

「やっぱり大手が安心。そこで借りれなかったら、お金を増やす努力をするしかない」

実際に自分をブラックと思い込んでいる人も少なくないようですよ。

おすすめの記事