お金を借りたいけど、どこからも融資を受けることができない…そんな人も少なくないでしょう。
昔からお金を借りるとしたら銀行というのが通り相場です。
それでも銀行というのは金融機関でありながらなかなかお金を貸してくれないのです。

お金を借りたい

もちろん返済能力が高ければ問題ありません。
そこにさらに信用度がプラスされれば問題なくお金を貸してくれるでしょう。
そういった指標を属性と呼んでいます。

専門用語だったのですが、今では借りる側も普通に使うくらい一般的な言葉となりました。
属性が高いというのは勤務形態が正社員といった安定した収入を得ている場合に当てはまります。
反対にパートアルバイトでは収入が不安定ですから、属性が低いということになります。

属性が低いと銀行カードローンなどの融資を受けることはできません。
そうなると属性の低い人はどこから借りたらいいのかというと、消費者金融会社のカードローンなどが一般的となるのです。
もっとも銀行でお金を借りることができないのは、パートアルバイトの人ばかりではありません。

正社員でも他社借入れなどがあると、返済能力に問題ありとされてカードローンの審査に通らないことが多いのです。
消費者金融会社のカードローンの場合は審査基準が銀行と比べても緩くなっています。
ですから、銀行で借りることができなかったら消費者金融会社からお金を借りるということになるのです。

もっとも、消費者金融会社にもいろいろあります。
一般的には消費者金融会社の業容で分けることができます。
まずはアコムやプロミスといった大手消費者金融会社、そしてその下の中小消費者金融会社、さらには街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社です。

銀行カードローンの審査に通らなくても、大手消費者金融会社のカードローンの審査には通ることができるでしょう。
まだまだ属性がそれほど下がっていない場合です。

それが、返済に対して滞納や延滞を繰り返すようになると、さらに属性が低くなってしまうので、大手消費者金融会社からお金を借りることは難しくなるでしょう。
そのときは、中小消費者金融会社、さらには街金からお金を借りるというようにどんどん借りる先を変えていくようになるのです。

どこからもお金を借りることができない

中には銀行からお金を借りることができない、さらには消費者金融会社からもお金を借りることができないという人もいます。
普通の人でも銀行からお金を借りることができないケースがあるのですが、消費者金融会社からお金を借りることができないとなると、かなり属性が悪くなっている可能性が高いです。
延滞を繰り返していると、信用情報機関に登録されてしまいます。

そうなると、お金を借りる際の消費者金融会社や銀行ではその信用情報機関に信用情報の照会をするので、そこで他社借入れなどで延滞しているという情報がわかるのです。
そうなると審査落ちということになってしまい、情報を共有している金融機関や貸金業者からお金を借りることは一層難しくなるのです。
クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠も使い切ってお金を借りている人も多いでしょう。

中にはキャッシング枠がなくなって、ショッピング枠の利用可能額を専門業者に依頼して現金化する人もいると思います。
とにかくお金が必要な人はわらにもすがる思いでお金を調達しようとするのです。
しかし、そういった行動もどこかで行き詰まってしまうことでしょう。

そうなるとどうなるのかというと、返済が滞ってしまって、それまでは仮に延滞や滞納をしてもなんとかやりくりして返済をしていても、それがどんどん遅れてしまって、最終的には返済不能となってしまいます。
自分から手を挙げて弁護士に相談するのか、カードローン会社のほうが先に簡易裁判所に調停依頼をするかということになります。
いずれの場合も債務整理となり、今後の返済について相談することになります。

債務者のほうは弁護士に相談した時点で利用者を巡るお金の動きが全てストップするのです。
持っているローンカードもクレジットカードも全て使えなくなるということですね。
債務者のほうでまったく支払能力が無くなっている場合は自己破産ということになります。

いずれにしても、債務整理あるいは自己破産になった場合は、どこからもお金を借りることはできません。
債務整理の場合も同じですが、返済義務は残ります。
その場合の金利はかなり優遇された低金利となるでしょう。

個人間融資掲示板とは

その名の通り、個人間でお金の貸し借りをすることです。
掲示板サイトに「お金を貸します」あるいは「お金を借りたい」といった旨の書き込みをして、それに呼応するかのように、お金を借りたい人、お金を貸したい人が掲示板に書き込んだ人にコンタクトを取るのです。
このような掲示板に、「お金貸します」と書き込みしている人は、どういった人たちなのでしょうか。

単なる支援者なのか道楽なのか、お金を貸す側のリスクというのも相当なものがあるように感じます。
個人間融資掲示板サイトは、お金を借りたい人、お金を貸したい人が混在している掲示板もあれば、お金を借りたい人のみが書き込みをして、融資をしてくれる人のコンタクトを待つといった掲示板もあります。
また、お金を貸したい人が書き込んで、お金を借りたい人がコンタクトを取るといった個人間融資掲示板サイトもあります。

お金を借りる個人としては気をつけなければいけないのが、ヤミ金や詐欺業者です。
ヤミ金の場合は金利が高くてもお金を融資してくれてそれに対して返済するといったある意味非合法でありながらのルールがあります。
一方の詐欺業者はお金をもらって逃げようとするのですから、まず気をつけなくてはいけないのが詐欺に遭うことです。

もちろん闇金からお金を借りるのも絶対に避けなければいけません。
ヤミ金の場合は法外な金利設定となります。
利息制限法では金利が年利で20%までと決まっているのですが、ヤミ金ですからそんな金利を守ることはありません。

うちも20%の金利ですとかいいながら、その金利が月利であったり中には週利という闇金もいるのです。
個人間融資掲示板は、支援金掲示板と書かれることもあります。
支援してくれるというのですから、かなりの低金利を予想するのですが、しっかりと金利も発生します。

この金利も言い値になってしまいますし、何よりも借りる側の切羽詰まった気持ちなどの足元を見られるのですから、借りる側が不利になることは間違いないのです。

個人間融資は危険?

銀行や消費者金融会社からお金を借りることができないような人が最後に頼るのが個人間融資です。
お金が必要で切羽詰まっている人も多いでしょう。
ですから、足元を見られるので、信じられないような暴利でお金を貸すような闇金業者にひっかかる可能性があります。

お金を借りる方法は、闇金業者でしたら、契約書を交わすことになるので、厳密にいうと個人間融資ということにはなりません。
しかし、闇金融というのはどこにでもはびこっているのです。
ですから、個人間融資掲示板の中にも闇金業者が徘徊していると考えていいでしょう。

そういった意味では個人間融資の安全性はかなり低いと考えていいです。
闇金とのコンタクトも個人の携帯番号になりますから、そう思えば1対1の個人間融資と考えることもできます。
融資方法は現金を手渡しするか、銀行振込みとなります。

専用掲示板上でのコンタクトとなるので、利用方法なども掲示板上あるいは、携帯での連絡となります。
融資条件は特になく…というよりも安定した収入というのが建前となっています。
危険性はかなり高いのですが、闇金業者が徘徊しているのと同様に、街金業者や中小消費者金融会社なども出入りしているようです。

闇金と比べたら合法の貸金業者ですから安心です。
このように個人間融資掲示板を利用して知名度の低い中小消費者金融会社や街金業者なども出入りしているので、一見して闇金業者特別がつきません。
闇金業者もうちは闇金ですというわけではありませんから、そのあたりの判断も利用者が行わなければいけないのです。

掲示板サイトの管理者は、個人間融資掲示板を運営しているだけで、トラブルなどの問題には一切責任を持たないといったスタンスです。

純粋な個人間融資はできる?

中小消費者金融会社や街金、さらには闇金が徘徊している個人間融資掲示板ですが、純粋に個人同士でお金のやり取りはできるのでしょうか。

基本的には個人名で個人間融資掲示板は書き込まれています。
ですから、あたかも個人間でお金の貸し借りの話し合いがされるような形ですが、結果的には個人で書き込んでいながらも、貸金業者だったというオチになるのです。

しかし、口コミサイトを見てみると、生粋の個人が融資を行っているケースも多々あるようです。
このあたりはお互いの信用ということになるのですが、きちんと金利計算を行って、融資額と月々の返済額を決めるというシンプルなものです。

個人間融資の場合に借りたお金を踏み倒した場合はどうなるのか、そのような事例もきっとあるはずです。
しかし、なかなかそのような問題が表面に現れてこないのは、個人間融資がアンダーグラウンドなところで取引されている闇の部分が大きいからでしょう。

成功事例は多くも書き込みがあっても、失敗事例というか、持ち逃げした事例の書き込みがないのは、当事者が書くわけはありませんから当然のことなのかもしれません。
いずれにしても、金融ブラックとなってどこからもお金を借りることができなくて、どうしようもない状態のときに個人間融資掲示板を覗いてみるのもいいかもしれません。

しかし、返済能力がまったくないのにお金を借りることは絶対にしてはいけません。

ここがもっとも基本的な部分であることは言うまでもないのです。

おすすめの記事