どこもお金を貸してくれない…金融事故を起こしていたら特にそうでしょう。

そんなときに頼りになるのは個人間融資掲示板かも!?

お金を調達するにはどうしたらいい?

調達したいお金の額にもよるのですが、3万円程度でしたら、友人知人を頼るのもいいでしょう。
というよりもそのくらいの金額でしたら、銀行や消費者金融会社からお金を借りるできではありません。
銀行は10万円が融資の最少額になるので、3万円借りようと思ったら銀行カードローンの最少額の10万円の枠で融資の申し込みをしなくてはいけません

消費者金融会社のカードローンは1万円から借り入れができるので、融資の申し込みができるのですが、必要な額が少額でしたら、まずは銀行や消費者金融会社を抜きにして、お金を調達する方法を考えてみるようにしましょう。
そういった点では、3万円程度でしたら、友人知人を頼るのはいいことでしょう。
勝手知ったる関係ですから、お金の相談をすると快く貸してくれることでしょう。

3万円というのはたいていの大人でしたら、財布の中に入っているものです。
3万円というのはそれを考えるととてもリーズナブルな金額と言えます。
快くお金を貸してくれるのですから、借用書は借りる側が用意しましょう。

普通でしたら、貸す側が借用書を用意しますし、友人知人の関係でしたら、借用書は要らないというのが普通ですが、借りる側が借用書を用意するのも一つのマナーと言えます。
水くさいともいえますが、友人の間がらでお金の件でこじれてしまうと、修復するのにも時間がかかることもあるでしょう。
ですから、そういったことがないように3万円という金額であっても、友人知人の関係であっても、お金を借りるのですから、マナーとして借用書を自ら作ったほうがいいでしょう。

貸す側としてもホッとすることだと思います。
3万円程度でしたら、家にある不要品を買取りしてもらうことでなんとかなるかもしれません
頻繁に使える方法ではないのですが、家にある不要品ですから、惜しいということはありません。

また、不要品はどこにいっても不要品なので大きな買取り額にはならないでしょう。
むしろ買取りできないといわれるか値段がつかないと言われるかも知れません。
それでも処分してもらえるケースが多いですから、不要品の処分でお金がもらえるくらいに考えると気が楽と言えるでしょう。

それでも不要品をかき集めても1万円くらいにはなるでしょう。
あるいは2万円くらいにはなるかもしれません。
それでも、まだ3万円には届きません。

そのときは家にある書籍やコミックを買い取ってもらうようにしましょう。
特に人気コミックが全巻あるようでしたら、それだけで、買取り価格が上がります。

コミックや書籍の買取りは、価値のわかる古本屋などに買取りをしてもらうほうがいいでしょう。

3万円程度でしたら、クレジットカードのキャッシングという方法もあるのですが、キャッシングした翌日から金利手数料が発生するのと、金利が消費者金融会社のカードローンの金利よりも高いので、クレジットカードの場合は、ついでにキャッシングもできるというように考えたほうがいいです。
他に手があるのでしたら、クレジットカードのキャッシングは最後の奥の手くらいに考えたほうがいいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融会社のカードローン

まとまったお金が必要な場合は、借りるという選択肢になってくるでしょう。
借りるとなると銀行と消費者金融会社になってくるのですが、そこはやはり金利の低い銀行カードローンからお金を借りたほうがいいでしょう。
お金はどこで借りても同じ価値ですから、金利が違うのであれば金利の低いほうで借りたほうがお得なのは自明の理です。

ガソリンが1円でも安いスタンドで入れたくなる心理と似ていると言っていいでしょう。
ですから、金利の低い銀行カードローンで借りたほうがいいのです。
それと、消費者金融会社はいまだにサラ金のイメージがつきまとっていて世間体が悪いのもあるでしょう。

イメージの悪さは、バブル以降の返済に対する厳しい取り立てがあります。
一家離散や一家心中などの事件を引き起こし、その取り立ての厳しさなどが連日報道されるようになって消費者金融会社はサラ金として大きく追求を受けたのです。
それから、サラ金を規制する法律ができたり、グレーゾーン金利の撤廃から過払い請求など、消費者金融会社を巡る環境はどんどん変わっていきました。

当時3万社を超えるくらいの消費者金融会社だったのですが、現在では消費者金融会社の数は2,000社に満たないのです。
それくらい淘汰されたということです。
そのため、現在の消費者金融会社は健全な貸金業者と言えるかもしれません。

銀行カードローンに話を戻すと、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるというわけではありません
というのも審査基準が厳しくて、ある程度属性が高い人ではないとお金を借りることができないのです。
この属性というのは信用度や返済能力などを計る指標のようなものです。

属性が高いと審査に通りやすく、すなわちお金を借りやすいということになるのです。
いっぽうで属性が低いとお金を借りることが難しくなるということですね。
属性は、一つの項目ではなくさまざまな項目で成り立っていて、その中でも属性の高さを決める有力なものが雇用形態です。

雇用形態には正規雇用と非正規雇用があります。
正規雇用はいわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員がこれにあたります。
正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、きちんとした理由付けは、正規雇用の人のほうが雇用が会社から保証されているからです。


終身雇用は崩壊してるけど…。
それは離職率が高くなっていることで、辞める側にも問題があるからです。
法律的にも正社員を簡単にクビを切ることはできませんし、会社としても貴重な戦力ですから、正社員として入社した場合は、望めば定年までつとめあげることができるのです。

いっぽうの非正規雇用の人を見てみましょう。
雇用契約を会社と結ぶのは一緒ですが、雇用契約は有期となります。
その期間は3ヵ月や6ヵ月、さらには1年といったものが主流となっています。

3ヵ月という短い期間では、3ヵ月ごとに雇用契約が更新されるということで、その都度会社に残ることができるのか、退職しなければいけないのか人生の岐路といってもいいのですが、その更新の決定権は会社側にあるのです。
非正規雇用の人は正規雇用の人とは違って、会社も簡単にクビを切ることができるということですね。
そのため、銀行からみると非正規雇用の人は属性が低くなりがちなのです。

ですから、正規雇用の人でしたらお金が借りやすいですし、非正規雇用の人でしたら、お金が借りにくいということになるのです。
銀行カードローンの審査が厳しい理由としてあげられるのが、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金ということが大きいでしょう。
預かり金ですから貸し倒れに遭うわけにはいきませんし、そのため銀行カードローンの融資は返済能力の高い人に貸し出すということになるのです。

そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行だけではなく、銀行と提携している保証会社の審査も受けることになります。
これはあまり公にはなっていないのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行と保証会社の2社の審査を受けることになり、当然ですが両者の審査に通らなければ融資を受けることはできません。
保証会社の働きなのですが、銀行カードローン利用者が返済不能になったとき、カードローン利用者に代わって、残りの全債務を銀行に支払うのです。

そして改めて立て替えた金額の請求がカードローン利用者(債務者)にくるのです。
すでに債務整理に陥っていますから、そこから債権者である保証会社と債務者との間で任意整理の交渉が始まるのです。

消費者金融カードローンで借りる

銀行で借りるのが難しい場合は、消費者金融会社のカードローンで借りるといいでしょう。
属性が低くて銀行でお金が借りにくかった人も消費者金融会社ではお金を借りることができると思います。
特に消費者金融会社のカードローンの特徴となっているのが多彩な申し込み方法です。

店頭やWEBからの申し込みはもちろん、WEB完結という申し込み方法は、郵送物が一切ないというものです。
これだと家の人にもわからないのでとても便利といえるでしょう。
そして、メガバンクと提携している消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機が利用できます。

そして、大手消費者金融会社ならではというのが、全国各地に設置してある無人契約機でのカードローンの申し込みです。
24時間365日稼働しているので、いつでもカードローンの申し込みができるのがメリットですし、急な入り用でも当日の22時までに申し込み手続きを終え審査に通ることができたら、すぐにローンカードが発行されて最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。

ですから、無人契約機でも即日融資ができるということです。
時間も当日ぎりぎりまで受け付けてくれますので、もっとも便利の申し込み方法と言えるでしょう。

最近ではローンカードなしのカードレスでの利用が可能となっているカードローンもあります。
スマホで代用するというものですが、スマホで何でもできる時代が来つつあるということですね。

お金をなんとかして調達したい

事業を起こしていると何かと必要なのが運転資金です。
そうなるとビジネスローンなどを銀行から借りることが必要になるのですが、そう簡単には借りることはできません。
ビジネスローンは銀行だけではなく消費者金融会社でも扱っています。

しかし、融資の申し込みには事業計画書も提出しなくてはいけません。
ずさんなあるいは荒唐無稽な計画書では審査に入る前に門前払いとなってしまうかもしれません。

銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者に頼らないところとして、日本政策金融公庫からお金を借りるという方法もありますが、申し込みをしても審査に時間がかかることと、事業計画書が詳細にわたって書かれていないとこれもまた、審査以前の問題となってしまいます。

ビジネスローンや公的機関からの借り入れとなると、まずは事業計画書をしっかりとしたものにしなくてはいけません。
これではうまくいかないだろうと思われては、お金を貸す方も心配になるからです。

事業者ですから、開業届を出して、いざ起業するというときには開業資金が必要で、どうしても借入にたよらなくてはいけない場面も出てきます。
借入するということは返済するということですから、事業計画がうまくいけばいいのですが、少しでも破綻するような可能性があれば、お金を貸す方も首を縦に振らないのです。
経営者としてはなんとかして調達先を探さなければいけません。

そういった場合は書類での申し込みよりも銀行や消費者金融会社の窓口に相談に行くことも検討したほうがいいです。
人間同士顔をつきあわせた話すことで人となりがわかれば、変わってくることもあるかもしれません。
金利も低いので銀行から借りることができたらいいのですが、高額融資になると、消費者金融会社も金利を低く設定してくれます。

どうしても金融機関や貸金業者からの資金調達ができなければどうしたらいいのでしょうか。
そのときはネットの個人間融資掲示板が気になる人もいるでしょう。

絶対借りれる個人融資で運転資金を借りる

銀行や消費者金融会社から借りることができない人が、最後に頼るのが個人間融資掲示板のようです。
実際にネットなどで確認してみると、個人間での貸し借りですから、それほどの高額融資での貸し借りはしていないようです。
街金並みで多くても10万円といったところでしょうか。


これだと運転資金の調達には遠く及ばないでしょう。
会社経営の足しにもできないということです。
しかし、個人間融資掲示板で融資を行っている人は、それなりにお金を持っているということですから、個別交渉で、どれだけお金を貸してくれることができるのかを、それこそ個人的に相談してみるのもいいでしょう。

ひょっとしたら数百万円単位での融資も可能かもしれません。
もっともお互いにそれなりの信頼関係を持つことや、保証人など何かしらの担保が必要になることもあるでしょう。
最初から高額融資の相談をするのではなく、まずはコンタクトをとって話し合いの場を儲けることから始めましょう。

ネットの声

「会社はもしも会社に確認出来ない場合はそこにいる証となる給料明細のFAXが必要になる。有名になりすぎた為に毎日多忙なようで融資まで一ヵ月弱は覚悟した方がいい。担当者によって尋問系なのか優しく親身になって質問系なのか違う。」

「銀行系カードローン2件200万、過去に数多くの延滞歴ありです。今回銀行系、大手消費者金融、中小消費者金融等5社断られた後に申込みました。翌日(水曜)午前11時頃、毎月の収入と支出関係を再度確認され、約1時間後枠99万、融資30万可決の電話をいただきました。」

「聞き取りがポイントだと思いますので、明確に正直に答えること、逆にそれが出来ない人は難しいのかなと思います。」

正直に答えないと嘘をついてもわかるんですよ。その確認のために聞いてるのですからね。

おすすめの記事