お金を借りたいなら、まずは銀行などの金融機関に融資の申し込みをするのが一般的です。
銀行カードローンでしたら、使い交ってもいいですし、利用限度額の範囲内でしたら、いつでも入出金が可能です。

お金を借りたいなら

クレジットカードのキャッシング機能をイメージしたらわかりやすいでしょう。
それでも、銀行カードローンは誰でも利用できるわけではありません。
融資を受けるには審査が必要となります。

中には銀行カードローンの審査に通らない人もいることでしょう。
正規雇用の人でしたら、安定した収入のある人ということで銀行カードローンの融資条件に合致しています。
しかし、一方でパートアルバイトの一でしたら、安定した収入というところで引っかかり、審査にパスすることができないのです。

銀行が申込者に求めるのは返済能力ですから、パートアルバイトといった不安定な雇用形態では返済能力が低いとみなされるのです。
また、正規雇用の人でも多重債務者となっていたら銀行からお金を借りることは難しいかも知れません。
そのときは銀行の融資相談窓口などで相談するのもいいでしょう。

現金がどうしても必要だという場合は銀行などの金融機関ではなく、消費者金融会社のカードローンに申し込むといいでしょう。
銀行よりも審査基準が低いのでパートアルバイトの人でも十分に利用可能です。
もっとも、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りるには、属性がとても大切になります。

銀行でお金を借りるにも、正社員であれば属性が高く、借りやすいのですが、パートアルバイトとなると属性が低くなって融資を受けにくくなるのです。
言うなれば属性というのは返済能力や信用度に置き換えることができるのです。
そして、この属性というのは融資を受ける利用者本人にとっては一律なのですが、融資をする側である金融機関や貸金業者からすれば、属性を決める判断基準というのはマチマチとなっているのです。

ですから、銀行では融資を受けることができなくても消費者金融会社からは融資を受けることができたという理由がここにあるということですね。
いうなれば、属性を判断する審査基準が違ってくるということなのです。

どこもお金を貸してくれない

銀行カードローンの審査に落ちて銀行からは融資を受けることができなければ、消費者金融会社のカードローンを頼ることになるでしょう。
しかし、消費者金融会社からも融資を受けることができない場合はどうしたらいいのでしょうか。
その場合はまずは自分の属性がどうなってるのかを客観的に判断する必要があります。

消費者金融会社の中でもアコムやプロミスといった消費者金融会社は、消費者金融会社の中でも大手とされている貸金業者です。
審査基準も銀行並とはいかないまでも、消費者金融会社全体の中では審査基準は高くなっています。
このような大手消費者金融会社では、多重債務者となっている人に融資をすることはないでしょう。

さらに金融ブラックとなっている人でしたら確実に融資を受けることはできません。
そうなると大手消費者金融会社よりも規模が小さな中小消費者金融会社、あるいはさらに小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社のローンに申し込むことになります。
こういったところの中には金融事故を起こして、債務整理中あるいは自己破産をした人でも融資をしてくれる貸金業者もあります。

それは、ブラック状態であっても現在の属性が悪くなければ貸してくれるということです。
返済能力を重視しているので、無職の人や電話での在籍確認ができない人は融資を受けることができません。

反対に収入のある人であれば、多少でも融資を受けることができるのです。
また、どこもお金を貸してくれないということになると、クレジットカードがあれば、ショッピング枠の現金化、いわゆるクレカ現金化と呼ばれるものですが、この現金化を利用するという方法もあります。
方法は、現金化を専門にする業者に連絡し、こちらのショッピング可能額を知らせます。

これはできるだけ多くの現金が欲しいためです。
業者は申し込み者から提示されたクレジットカードで買い物をしてそれを何らかで現金化することで、手数料を差し引いた金額を申し込み者の口座に降込むのです。
利用可能額が30万円であれば、手元に入ってくる現金は、6割程度の24万円というところですから、かなりの損失となります。

それでも現金が欲しいのですから背に腹は変えられないということですね。
普通にクレカのキャッシングをしたらいいのでは?と思う人もいるでしょう。

おそらくその時点で、クレカのキャッシング機能は止められているか、限度額一杯まで借りていることが多いのです。
また、どこにも頼らずにお金を手に入れる方法としては、ネットオークションがあります。
自宅のある手持ちの商品を出品することで、自分には使い道のないものでも、日本中の人が見るのですから、中にはすごく欲しいという人が出てくるでしょう。

そういった人が多ければ多いほど出品した商品に次々と入札が入って結果的に思った以上の金額になることもあります。
場合によってはすぐに数万円といったお金を手に入れることができるので、自宅の不要になったものをできるだけ多くネットオークションに出品しましょう。
送付するのが手間というのでしたらフリマなどをリアルに行う方法もあります。

しかし、フリマの場合はボランティアに近いことと、ある程度の商才がないと売りさばくのは難しいと言えるでしょう。

個人間融資掲示板を利用する

ネットで主に取引されているのが個人間融資掲示板です。
少額融資が基本ですから、緊急小口資金として活用できると評判となっているのです。
個人間での貸し借りになるのですから、金融ブラックなどは全く関係ありません。

返済能力についても。
個人では調べようがありませんから、これも不問でしょう。
主婦などでも利用できそうです。

個人ですから独自審査といっても知れていることでしょう。
在籍確認の電話をするわけでもありませんから、お金の貸し借りというのは、掲示板でのやり取りの中で信頼関係を築いていくしかないのです。
もっとも、個人間融資掲示板とはいっても個人よりも業者のほうが介在するケースが多いようです。

消費者金融会社の中でも街金消費者金融といった貸金業者でしたら、世間的な知名度もありませんから、ネットなどで利用者を募ることが昔から盛んでした。
その一つの形が個人間融資掲示板と考えてもいいでしょう。
もちろん、個人が融資をするケースもあります。

それでも現在の個人間融資掲示板では、街金などの貸金業者が介在するケースが多くなっているのです。
利用する側も個人と取引するよりも、貸金業者と取引をしたほうが金利なども低く借りることができるでしょう。
個人間融資掲示板で個人間での取引となると利息制限法などで定められて上限金利は適用されません。

現在の上限金利は年利で20%となっていますから、それ以上の金利での融資となる場合があるのです。
さらに中には街金と名乗りながら闇金が介在する場合もあります。
ヤミ金の場合はさらに金利設定が高くなります。

金利が20%といってもそれが年利ではなくて、月利あるいは週利ということになると、とんでもなく高い利息を支払うことになるので注意しましょう。
個人間融資掲示板では、被害報告を出すことはできますが、事後報告となり被害金額が補償されないことがほとんどです。
ですから、できるだけ個人間融資掲示板は利用しない方がいいでしょう。

個人間融資では、振込みよりも現金融資が基本となる場合もありますし、銀行振込みでまったく顔を合わせないまま取引が終わる事も多いです。
街金などの業者が介在していればすぐにわかるので、キャッシング相談をしてみるのも一つの方法です。

個人間融資は安全?

銀行や消費者金融会社でお金を貸してくれないとなると、個人でお金を貸してくれるところを探すしかないでしょう。
そして、個人間ということですから、大きなリスクがあるのは言うまでもありません。
タダでお金を貸してくれるわけではないのですから、そこには金利手数料などが設定されることでしょう。


もちろん事前の打ち合わせがありますから、そこで金利が法外すぎるなど、取引の内容に納得がいかない場合は、契約しないほうが無難です。
また、街金などの業者が介在してくることが多いので、個人間融資よりもそちらのほうがまともと言えるでしょう。
貸金業者ですから、キャッシング相談をするようにしてもいいと思います。

また、個人間融資掲示板を利用する人の大半は属性が低く、中には自己破産者もいることでしょう。
基本的にお金にルーズな人が多いですから、融資をする側も高い金利での融資となります。
利息制限法などで決められている上限金利などは個人間融資では絵に描いた餅に近く、かなり高い金利となることが多いです。

審査も独自審査となるようですが、基本的には交渉が決裂しない限りは融資を受けることができると思います。
個人間融資が安全かどうかということになると、安全ではないというのが一般的な意見かと思います。
あくまでも自己責任で行うところですから、かなりのハイリスクとなることは理解しておいたほうがいいです。

個人間融資掲示板でお金を借りた人はいるの?

実際に多くの書き込みがあるのが、個人間融資掲示板です。
利用した人の口コミサイトもありますから、真面目に取引をすれば問題なくお金を借りて最後まで返済するといったケースも少なくありません。

但し、中には闇金業者にひっかかったというケースもあります。
向こうもヤミ金と名乗って融資をするわけではないので、利用するほうがヤミ金かどうかを判断しなければならないのです。
しかし、ヤミ金顔負けの高金利をふっかけてくる人もいるので、利用するしないというのは自分の判断ということになります。

実際の体験談などは、個人間融資掲示板を利用した人の書き込みがたくさんある口コミサイトなどで確認するようにしましょう。

おすすめの記事