残された家族には故人の解約地獄が待っている…

ネットを使いこなしていた父が死去 家族に待っていた「解約地獄」

「父のクレジットカードを1枚止め損ねただけで、まさかこんな“解約地獄”が待っているとは思いませんでした」

──ジャーナリストで映画監督の三上智恵氏は肩を落としました。

亡くなって8ヵ月過ぎても…

三上氏の父が85歳で亡くなり8か月以上が過ぎても、父が生前に利用していたサービスの支払いと解約に、三上氏ら遺族は今も翻弄されているのです。

「銀行口座やクレジットカードからの自動引き落としは、本人死亡の連絡をすれば取引が停止されるはずです。ところが父のカードは複数あり、そのうちの1枚を止め損なったせいで、年会費のほか、さまざまなサービスの料金請求が父の死後も続いたのです」(三上氏)

2020年の11月にカード停止の連絡をしたそうですが、「停止には2か月かかる」と言われ、今も月約10万円の支払いが続いているというのです。

「父はネットを使いこなしていたので、その他の契約も確認して解約するのは大変でした。ネット銀行、動画配信サービス、ケーブルテレビ、インターネットプロバイダーまで、それぞれにアカウントとパスワードがある。電話で解約しようにもなかなか繋がらず、繋がっても『本人確認のため』とたくさんの書類提出を求められました」(同前)

近年、三上氏と同じような目に遭う遺族が増えているそう。

ネット経由での契約は手軽に申し込める半面、いざ解約となると本人ですら面倒です。

死んだ親の契約を子が解除する場合、手続きの負担は何重にもなってしまいます。

相続手続カウンセラー協会代表理事の米田貴虎氏が指摘します。

「公共料金や携帯電話・通信、各種カード類など、解約手続きをしなければ死後も料金支払いが継続してしまうものは多い。サービスの契約先は多様で複雑化しているので、亡くなった親が何を契約していたかを全て把握するのは無理でしょう」

カードを止めないと支払い請求は続く

故人が複数のクレジットカードで支払いを行なっていた場合は特に注意が必要です。

引き落とし先の銀行口座を停止しても、カードを止めなければサービス提供者からカード会社への支払い請求は続きます。

米田氏が続けます。

「遺族(子など)から1人暮らしをしていた故人(親)の解約手続きを丸ごと依頼されることがあります。私たちがまず行なうのは、引き落としや支払いに使う銀行口座やクレジットカードの停止です。
1~2か月が経つと、引き落としや決済ができなかった契約先から、請求書が郵送で届く。そこで初めて、故人がどんな支払い契約を結んでいたか確認できるのです」

ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏はこう指摘します。

「最近はネット銀行での引き落としやネット証券での取引を行なう高齢者が増えています。その場合、通帳が存在しないので、パソコンやスマホのパスワードがわからないとお手上げです。ネット銀行に口座があるかを親に確認し、可能ならパスワード類のメモがどこにあるかを聞いておきましょう」



携帯電話の解約も

携帯電話も解約しなければ月額数千円の基本料金を払い続けることになってしまいます。

携帯ショップに親の死亡診断書の写しと親が使っていた本体、解約手続きを代行する者の身分証明書を持参すれば解約できます。

解約手続きがなければ月々の基本料だけでなく、親が携帯で登録していた有料アプリや定額サービスなども請求され続けることになるのです。

「振り込み用紙」での支払い契約もある。都内在住の40代男性が語ります。

「実家の母が亡くなって1か月後、地方の水産加工会社から毎月セット商品を定期購入していたことを不在配達票が来ていたことにより知りました。商品に同梱される振り込み用紙で支払いをするもので、解約しない限り毎月商品の請求が来てしまう。早めに気づいて良かったと思いました」

新聞・雑誌の定期購読料やフィットネスクラブの月会費なども解約を申し出ない限り支払いが生じるケースが多いので注意が必要です。

ネットの声

「知人の兄がなくなられ、視聴していたユーネクスト解約するのに大変な思いをしたと聞きました。アカウント・パスワードは故人しかわからず、どこに行ってもパスワードが必要になる。3か月経過してやっと停止できたそうですが大変だったらしいです。」

「うちの親は携帯もネットもカードも何もないのでまあいいかなとは思うけど、自分が色々契約してるからなあ…人間いつ倒れるか知れんから、わかりやすくしとかないとな・・」

「口座停止しても年払いだと業者も支払い時期まで判らないからな。口座は極力減らし、クレジットカードも一本化して置かないとだな。直接の口座引き落としは減らし、クレジット払いにしておくのも手かも。ネット関係はスマホひとつで済ますくらいに、最後はしておかないといけないですね。」

故人のことは一気に片づけたいと思いがちですが、何をしていたのかわからないことが多く、出た先からつぶしていくしかないですね。



おすすめの記事