厚生労働省麻薬取締部、通称マトリがミュージシャン、アイドルの次に標的に選んだのは“お騒がせ”アスリートの国母和宏でした。

11月6日、大麻を営利目的で密輸した大麻取締法違反容疑で、冬季五輪に2度出場したプロスノーボード選手、国母和宏容疑者(31)を逮捕したのです。

バンクーバー冬季五輪の腰パンサングラス男

「捜査は成田空港に米国から不審な国際郵便が届いたところから始まった。中からは大麻製品が発見され、受取人の男の供述から、国母が密輸を持ちかけていた疑いが浮上。結局、国母は出頭し、関与を認めました。ただ、営利目的については否認しています」(社会部記者)

国母は10年のバンクーバー五輪の際、ユニフォームを下にずらした腰パン、サングラス姿で颯爽と登場。

国民の大ひんしゅくはそれだけでは終わりませんでした。

その後の会見での「チッ、うるせえな」「反省してまーす」発言などで世間から大バッシングを受けたのです。


その後、国内では忘れられた存在でしたが、スノーボード界では世界有数のアスリートとしての地位を確立していたのです。

「五輪以外の大会では何度も世界一に輝いています。世界中の険しく雪深い山で、崖のような斜面を華麗に滑る姿を収めた映像も大々的に販売されており、2016年には世界最高の評価も得ました。メーカーとのスポンサー契約も10社以上と結んでおり、年収は1億円近いと語っていました」(前出・記者)

スノーボードと大麻は深い関係

「98年長野五輪で金メダルを取ったカナダ人選手はドーピング検査で大麻成分が出たものの、競技とは無関係としてメダルは授与。その選手は後に、カナダでの大麻一部解禁の立役者になった。国母が拠点として活動する米国でも一部で使用が解禁されている。大麻の使用が発覚しても、選手としての価値には影響しにくい業界ともいえます」(スノーボード業界関係者)

しかし、今回は少し毛色が違うようです。


司法関係者の解説。

「日本における大麻は社会的な目も罰則も厳しい。特に営利目的密輸は重罪で、最大10年の懲役、300万円の罰金。判例では1回限りの輸入で儲けがなかったとしても、他人に譲渡する意思が認められれば認定される傾向だ。今回密輸したのは大麻成分が濃縮された加工製品で、より悪質。1グラム1万円以上で売買され、末端価格は乾燥大麻の7~8倍。しかも今回の57グラムは100回以上分で、自己使用とは考えにくい。実刑判決もあり得ます」

国母本人が過去に発表した映像の中には、紙巻大麻のような絵が入っているものもありました。

スノーボード以外の仕事はしたくないと語っていた国母ですが、副業が大麻密輸だったのでしょうか…。

大麻を常用している海外スノーボーダーもいる

一方で、「中には大麻を常用する海外スノーボーダーもいる」とも続けます。

「スノーボードは死と隣り合わせのスポーツ。オリンピックのハーフパイプは円筒を半分に切ったようなコースを滑って技を競うのですが、コースの高さが6~7mあるので、失敗すれば地面に叩きつけられる。整備されていない雪山を滑り下りるバックカントリースノーボードも、断崖絶壁から落下したり、木に激突したりして大けがを負うことも多い。だからライディング後も興奮状態が続くんです。そのため高ぶった気を落ち着かせるために大麻を使う。大麻は覚せい剤と違って“ダウナー系”の薬物なので、使用するとリラックスできるようです」

2016年4月には、当時未成年だった2人の男子スノーボード選手が遠征先のアメリカで大麻を使用し、全日本スキー連盟から競技者登録無期限停止などの処分を受けています。

「国母選手は後進の育成などのために北海道千歳市に住んでいますが、カリフォルニア州サン・クレメンテにも家を持っていました。今アメリカでは大麻合法化の流れが活発で、2018年1月にはカリフォルニアでも合法化された。現地では大麻を使用できる『カンナビス(大麻)バー』が大流行しています。一般人でもすぐ手に入るので、海外で活躍する選手なら入手は難しくない」(同前)

国母容疑者は取り調べに対して営利目的は否定していますが、大筋で容疑を認めており、警察は今後譲渡や使用の有無についても調べるということです。

ネットの反応

「一部のファンの皆さんにとってはスーパースターなんでしょうけど…。あのときの服装や態度を見て不快感を露にした方が圧倒的に多かったように思います。人を見た目で判断してはいけない、ということに賛同しますが、立場やTPO に応じて振る舞えない人は、何か問題があるんでしょうね。」

「そもそもオリンピックの時も国の代表として基準を作成しないと、成績だけでなく人格も精査しないとね、日本代表だから!結局モラルも犯罪意識もない人間だったって話で、やっぱりね?という結果じゃん?あれから何年も経っているが年齢を重ねただけでアホのままだったって事。」

「普段の服装が腰パンだから、正装しなきゃいけないときも腰パン。アメリカで使っていいから、日本にも持ち込んじゃう。
その時、その場所でやっていい事、悪い事が理解できない…一つの事に天才的な人が、どこかネジが緩んでいるということがあるという、よく聞くパターンで、それが悪い方に出てしまうタイプなんでしょうね。」

やはり資金的な余裕が出来ると遊び方もそちらの方に走ってしまうのでしょうか…。

おすすめの記事