透けてるから表情がよく分かる…透明で通気性に配慮したマスクをスイスの研究機関が開発。

スイス連邦材料試験研究所(Empa)は、バイオマス由来の材料でできた透明なマスク「HelloMask」を開発しました。

大学科学者が開発

HelloMaskは、Empaとスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の科学者が共同で開発しました。

製品開発のきっかけはEPFL基幹技術センターの責任者クラウス・シェーネンバーガーさんが2015年に体験したことにあるといいます。

当時、西アフリカエボラ出血熱流行の渦中で、シェーネンバーガーさんは、感染予防のために全身を防護服で覆っていた看護士たちが、顔が分かるように写真を胸にピンでとめていたのを目にしたのです。

顔が分かるようにしたかった

マスクは顔の半分以上が隠れるので表情が読み取りづらいものでした。

これでは、ときに威圧的な印象を与えるかもしれません。

表情を直接に見ることはできないものの、写真のおかげで患者は看護士の顔が分かり安心できます。

この体験の後、透明なマスク製造のために年月をかけ、開発に至ったといいます。

プラスチック製のマスクはこれまでにも

透明なマスクはこれまでに開発されており市場で流通しています。

しかし、その原料はプラスチックであるため通気性が悪いものでした。

使っているうちに曇ってしまったり、廃棄する際の環境配慮が十分ではなかったりといった課題もあったのです。

HelloMaskは通気性を考慮した構造と99%バイオマス由来の材料を使用することで、実用性と環境配慮を実現した仕上がりのようです。

HelloMaskの販売を担うスタートアップ企業「HMCARE」が販売のための資金100万スイスフラン(約1億1300万円)を調達することに成功。

現在は販売に向けて話が進んでおり、2021年初頭からの販売を目指しています。

ネットの声

「日本人は目で物を語る、外国人は口で物を語る言語が多い。なので日本で口を隠しても問題ないがサングラスで目を隠すとコミュニケーションとりずらく、人前でサングラスつけてると失礼に当たることもある。外国人は逆な場合が多く、マスクで口を隠してると「何だこいつ?」って感じでコミュニケーション取りづらいらいらしく、人によっては失礼なやつだと思う人もいる。」

「このマスクは何か抵抗感があるなぁ。職種によってはこういうのがいいのかもしれないけど、いくら透明でも口紅は付いちゃうよね。マスクに付くから口紅塗らないこともあるんだけど…。」

「対面の仕事は表情が大事だしな。どっかのデパートが、従業員にマスクは付けさせないって炎上してたけど、このマスク使えば解決だね。」

接客業では重宝するかもしれません。

しかし、顔を隠したい人も少なくないので日本では流行らないかも??

おすすめの記事