88万円!可愛い小さい! EVモビリティメーカー、ブレイズよりレトロフューチャーな原付ミニカー「EV CLASSIC(クラシック)」誕生。

ブレイズは、クラシックスタイルの原付EVミニカー『EVクラシック』を発表、8月25日より先行予約の受付を開始しました。

レトロフューチャーな一台

EVクラシックは、クラシカルなデザインと現代のEV技術を掛け合わせた「レトロフューチャー」な一台。

ボディサイズは全長2330×全幅1170×全高1160mm。

ミニカーながらEVらしいトルクフルな加速力を発揮し、最高速度は50km/hに達します。

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、家庭用100Vコンセントから充電できます。

約8時間で満充電となり、航続距離は約50km。

一回の充電にかかる費用は約110円、原付ミニカー登録のため車検・車庫証明も不要で、ランニングコストが安いことも魅力。

EVクラシックの特徴

「EV CLASSIC(クラシック)」は、公道走行が可能な電気で動くクラシックカー。

3つの特徴があります。

① レトロフューチャー

1930年代~1960年代、憧れの存在であったかつての高級車。

そんな時代を引き継いだクラシカルなデザインと、現代のEV技術を掛け合わせた、まさに「レトロフューチャー」な一台なのです。

② ロー・ランニングコスト

原付ミニカー登録のため、車検・車庫証明が不要。

100Vの家庭用コンセントからの充電が可能で、ガソリン代もかかりません。

セカンドカー・サードカーに重要なランニングコストが抑えられるのです。

③ ハイ・アクセラレーション

現代のEV技術で力強い走行を実現。

走り出しからEVならではのトルクフルな加速力を体感してできます。

またエンジンの騒音がないため、住宅街でも安心して走行できるのも○。

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、家庭用コンセントからの充電が可能です。

一回の充電でかかる費用は約110円。

約50km走行可能で、最大速度は50km/h。

また、約8時間で満充電になります。

カラーは、リフレクトシルバー、ノワールブラック、スモーキーグリーン、ミスティックレッドの4色を展開。

価格(税別)は88万円。

ネットの声

「エンジンからモーターに変われば中国が台頭して来るだろうね。実用性は別として、こういう国内メーカーのチャレンジングな試みは応援したい。」

「かなりいいね。中国製みたいな安っぽさが一切ない。充電8時間。航続距離カタログ数値50km。最高速カタログ数値50km/h。前がドラムブレーキで後ろがディスクブレーキなのは、クラシックカーを意識したのかな?
実用性は皆無だね。せめて9000Wのモーターか125ccのエンジンが積めたら…。EVにこだわらなければ、かなり売れると思う。車体はすごく良い。」

「ミニカー登録を知らない人が多いみたいで驚いた。教習所で何を学んできたのやら?排気量50cc(又は0.6kw)以下で二段階右折は不要、最高速度は60km以下と決まっていますよ。」

走行距離が短いのが気になりますが、それでも50km走るのなら日常ユースには十分かもしれません。

これは売れる予感しかありませんね。

原付の言葉が出ていますがミニカー登録なので60kmの速度が出せます。

おすすめの記事