やっぱり食は国産にこだわるべき…レモンの正しい使い方は?

半分に切って冷凍するだけ! 冷凍レモンが使える!

食の安全志向の高まりで、最近では国産レモンに注目が集まっているそうですよ。

やっぱり国産

外国産のレモンは収穫から店頭に置かれるまで、数週間かかることも。

そのため、カビがはえるのを予防するために防カビ剤が使われます。

流水でこすり洗いをすればある程度は落とせるのですが…。

防カビ剤を使わない国産レモンは安心して皮まで食べられるということで人気が高まっているのです。

ちなみに皮まで食べると、レモンのビタミンCは2倍とれるんですよ。

レモンの果汁とレモン丸ごとを比べると、レモン果汁のビタミンCは50mg、レモン丸ごとだと100mg(100g中)。

レモン1個を丸ごと食べると、一日分のビタミンCがとれるほどです。

国産レモンは冷凍で

そこで、レモンを皮まで食べるおすすめの方法が、国産レモンを冷凍しておくこと。

レモンはそのまま冷蔵庫に入れておくとあまり日持ちはしませんが、冷凍しておけば使いたいときに使えて便利。

そして皮ごとすりおろし、料理に使います。

この方法は愛知県豊橋市でレモン栽培をしている人により考案され「豊橋方式」と呼ばれているんだそうです。

たとえば、すりおろしてサラダや焼き魚、味噌汁に。

刻んでサラダにトッピングするのもいいですよ。

そしてスライスしたものをハチミツ漬けにして、ハチミツレモンにし、ヨーグルトにイン。

※ハチミツは1歳未満の乳児には禁物…乳児ボツリヌス症にかかる場合があります。

冷凍レモンを刻むのも、そんなに力はいらないはず(もし硬い場合は、少し常温で置いてから切れば大丈夫)。

爽やかな風味がプラスされ、彩りもきれいになりますし、料理がグレードアップする気がします。

暖かい陽気に、この爽やかさもベストマッチ。

香りで癒されるのか、私は外出自粛になってから、冷凍レモンがマイブームです!

冷凍レモン

<材料 レモン1個分>
レモン(国産) 1個

<作り方>
1、国産レモンを洗い、半分に切る。

2、冷凍庫に入れ、冷凍する。

国産レモンを見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

ネットの反応

「コーラサワーに冷凍レモンで優勝」

「わかります!本当に風味が段違いですよね!私は以前訪れたレモン農家さんから教わりました。1番感動したのはお肉をその冷凍レモンの摺り下ろしで一晩漬けたものが、最高に美味しくなった事です。」

「最近は冷凍レモンぶち込んだレモンサワーばっかり飲んでるけど、ビタミンCとクエン酸で飲めば飲むほど身体にいい気がしてたくさん飲んでしまいそうだからとても自制している。しかし、明日は休肝日だから、今日は健康のためにもう一杯飲んでしまおう。うふふ。」

冷凍レモンは定番だと思っていたのですが、意外と知らない人も多いかも。

ただし、国産レモンはスーパーでも高いんですよね。

おすすめの記事