お金に困ったときは借りるに限る!

困ったときのカードローンを紹介します。

お金が必要なときはどうしたらいい?

3万円程度のお金が必要なときは、どうしたらいいでしょうか。

緊急性が高い場合は、クレジットカードのキャッシングを利用するのが一番手っ取り早いでしょう。

お金を借りるにも審査が必要ですが、クレジットカードを持っているということは、クレジットカードの申し込みをした際に審査にパスしているということになるので、利用可能額内でしたら、いくらでも出金することが可能なのです。

もっとも、気をつけなくてはいけないのは、キャッシング枠とショッピング枠は同じということです。

利用可能額が50万円でしたら、キャッシング可能額が50万円であり、ショッピング可能額も50万円です。

合計で100万円ということではなく、共有しているので、毎月の光熱費やスマホの支払い、さらにはショッピング払いなどでクレジットカードを使いこなしている人は、利用可能額の残高をよく把握しておかなければいけません。

3万円キャッシングしたために、光熱費の引き落としができなかったということになると、それも立派な延滞ということになるので、クレジットカードの利用可能額には注意が必要です。

引き落とし額なども考慮しながらキャッシングするようにしましょう。

すぐに3万円が必要というときは、友人知人にお金を融通してもらう方法があります。

昔からのつきあいですから、勝手知ったる間柄でしょう。

友人が困っているのでしたら、すぐにでもお金を貸してくれることでしょう。

ここで3万円という金額なのですが、おそらく友人も財布の中にある現金をサッと出してくれることでしょう。

大事なのはわざわざATMなどで、引き出して用立てしてもらわないことです。

あくまでも手持ちのお金でかりるようにしましょう。

ATMで引き出してまでして、融通してくれるようでしたら、素直に銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。

3万円という少額融資を銀行はしていないので、消費者金融会社からお金を借りるしかありません。

友人も小遣いの中から、お金を貸してくれたのですから感謝するしかないですね。

お金を借りるときは、借用書を用意するようにしましょう。

通常でしたら、お金を貸す側が借用書を用意するのですが、友人も気が引けて借用書を用意しないでしょう。


その気持ちを察してお金を借りる側で借用書を用意するのです。

友人も何を水くさいとか言いそうですが、内心では嬉しく思っていることでしょう。

借用書には、次の給料日に一括で返済する旨のことを書いておきましょう。

間違っても分割で返済するようなことを書いてはいけません。

友人は小遣いをすぐに貸してくれたのですから、なによりも最優先で友人にお金を返すようにしましょう。

そういったことで友人との信頼関係を築いていくのです。

また、自宅にある不要品を買い取り業者に買取りしてもらう方法があります。

不要品ですから、それほどの買取値がつくことはないでしょう。

それでも数多く出すことで、買取値を増やしていくことができます。

中には、買取り不可というものも出てくるでしょう。

それでも、買取り業者の多くは引き取ってくれるはずです。

そういったことで買取り値がつくか不要品の処分ということになるので、買取りしてもらえなくても引き取りをしてくれるので、まさに一石二鳥といっていいでしょう。

それでも、買取値の合計は1万円か2万円くらいにしかならないでしょう。

そういったときは、家にある書籍やコミックなどを買い取りしてもらうようにしましょう。

人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなり高価で買取りしてもらえるはずです。

書籍の場合は、ベストセラーよりもレア本のほうが買取り価格は高いです。

書籍やコミックを多く売ることで、目標金額の3万円には到達すると思います。

書籍やコミックの買取りは、本の価値のわかる古本屋に回取りをしてもらうようにしましょう。

いずれにしても、家にある不要品や書籍の買取りというのは、頻繁に使うことはできません。

数年に一度程度でしょう。

ですから、お金が必要なときでもここ一番というときのために、取っておいたほうが言い買取り方法でもあるのです。

他には、お金が必要でも数日程度の余裕があるようでしたら、日払いのバイトなどで日銭を稼ぐ方法もあります。

日払いのバイトも数は少ないですが、求人情報誌などでカテゴリーがあるので数件程度は見つかるでしょう。

建築現場などのガテン系のバイトが多いでしょうから、体力に自信の無い人は止めておいたほうがいいかもしれません。

男性の場合は特に日払いのバイトとなると、肉体労働のバイトしかないので気をつけましょう。

気をつけるといったら、ケガがつきものなので、労災保険に加入しているかどうかは必ず確認するようにします。

雇い主が労働者に対して労災保険をかけるのが義務づけられているのですが、日雇い労働者には労災保険をかけていないことも珍しくないのです。

その場合で、ケガをしたら治療費は自腹になってしまいます。

お金を稼ぎたいのに治療費で相殺されたり赤字になってしまうこともあるので、日払いのバイトをする前には労災保険の加入を必ず確認するようにしましょう。

銀行と消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要となると、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。

金利の低さや返済利息の少なさを考えると、銀行からお金を借りたほうがいいでしょう。

消費者金融会社から借りるのは、いまだに中高年を中心にしてサラ金のイメージが残っていて敬遠する人も少なくないのです。

銀行カードローンは誰でも借りたいのですが、審査基準が厳しくて誰でも気軽にお金を借りるということができません

借りるにも審査が必要だからです。

審査にとおるには、ある程度の属性の高さが必要になります。

属性というのはお金の借りやすさや信用度、さらには返済能力を測る指標のようなものです。

属性が高いとお金を借りやすく、属性が低いとお金が借りにくいのです。


属性は様々な項目から成り立っていますが、その中でも属性の高さを決定づけるのが雇用形態です。

雇用形態は、正規雇用と非正規雇用に分けられるのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。

もういっぽうの非正規雇用は、パートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。

これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、収入が高いとか低いという問題ではなく、雇用が会社から保証されているかどうかが大切なのです。

正規雇用の人は、雇用契約が長い人で40年以上の効力を発揮します。

つまり、雇用契約を結んでいる間は、雇用が会社から保証されるということです。

いっぽうの非正規雇用の人でしたら、雇用契約の期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年という短期間です。

その間は雇用が保証されますが、雇用契約が切れると会社と再契約を結ばなければいけません。

会社が再契約に応じなければ、そのまま退職ということになります。

これが銀行からみると、属性が低いということになるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金というところが大きいです。

預かり金ですから、いつでも引き出せるようにしておかなければいけません。

そのため貸し倒れに遭うわけにはいかないということですね。

ですから、自ずと審査基準も厳しくなるのです。

銀行はさらなるリスク回避として、保証会社と提携しています。

それによって銀行カードローンに融資の申し込みをする際には、カードローンの申込者は銀行の他に保証会社の審査も受けるのです。

当然ですが、保証会社の審査に落ちてしまえば、カードローンを利用することはできません。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって残りの債務の全額を保証会社が銀行に支払うのです。

その後に改めて保証会社は、カードローン利用者(債務者)に立て替えた債務の請求を行います。

この時点ですでに債務整理に入っていますから、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入るのです。

こうしてみると、銀行はカードの原資を回収しているのですから、ノーリスクのように見えますが、返済不能以降の返済利息による収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクというわけではないのです。

消費者金融会社からお金を借りる

大手消費者金融会社のカードローンの特徴は、なんといっても多彩な申し込み方法です。

WEBや店頭からの申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みである程度のところまではできるところも、大手ならではの対応力といえるでしょう。

WEBでの申し込みはWEB完結という、自宅に郵送されない申し込み方法がでてきました。

家人にさらにばれにくいようになっているので、かなりおすすめの申し込み方法です。

大手消費者金融会社の中には、メガバンクと提携しているところもあります。

そうなると、メガバンク行内の自動契約機を使って、大手消費者金融会社のカードローンの申し込みもできるので、これがかなり便利な申し込み方法といえます。

そして、特筆するべきは、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働しているすぐれものです。

これによって、いつでも大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みができますし、オペレータとの対話形式による申し込みなので、間違いがあってもその場ですぐに修正ができ、申し込みまでもっていけるのも大きなメリットです。

即日融資に対応しているので、当日の22時までに申し込み手続き終えて審査に通ればすぐにローンカードが発行されます。

それをもって近くのコンビニのコンビニATMでキャッシングができます。

最近では、カードレスのカードローンサービスも始まっています。

スマホがローンカードの代わりになるというものですが、ますます大手消費者金融会社のカードローンは便利で使い勝手が良くなっている印象ですね。

中小消費者金融会社で借りる

大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなければ、次は中小消費者金融会社に頼るしかありません。

銀行の次が大手消費者金融会社であるように、大手の次は中小消費者金融会社となるのです。

一部の中小消費者金融会社でも、カードローンを扱っているところもあります。

審査も大手よりは厳しくないので、中小消費者金融会社のカードローンは審査に通りやすいでしょう。

中小消費者金融会社で、お金を借りる場合も審査が必用になります。

大手ほど厳しくなくても、多重債務者はブラックの人には審査が厳しくなるので、注意しましょう。

街金なら借りれる

属性が低すぎる、あるいはブラックになっている…そういった人は借りることができないのかというと、難しい面もありますが、審査が信用情報機関を通さない独自審査を行っている街金と一部の中小消費者金融会社でしたら、審査に通ることもあるようです。

現在の属性のみで審査をする方法で、電話による在籍確認や収入証明書などの提出ができれば、審査に通るというものです。

働いていることがわかれば審査に通るので、かなりハードルが低いのですが、それでもブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。

ネットの声

「プロミスの窓口は対応がとても丁寧で好感が持てました。深夜の振込にも対応していて使い勝手は本当にいいです。毎月の返済もコンビニのATMからできるから、とても楽です。」

「電話で申し込みして20分後くらいに本審査に通過できなかったことを電話で教えてもらいました。僕は申込した月に就職したばかりで、まだ一度も給料をもらった実績がないことが響いたのかもしれないです。消費者金融からの借入は初めてだったのでもちろん過去に遅延したこともブラックになったこともないし絶対自分は通ると思っていたから予想外でした。もう少し長く今の職場で勤務したら、もう一度申込みをしてみようと思っています。」

「大手消費者金融会社にした理由は、初めての利用に限り、30日間無利息というところがあったからです。そんなに長い期間借りる予定でもなく、今回乗り切れば問題なく返せることは分かっていたので、余計な金利を払わなくて済んだのはとてもよかったです。」

無利息期間があるのは消費者金融のメリットです。これは利用する価値がありますよ。

おすすめの記事