昨今の流れでは、結婚延期でなく中止だという流れだろうという各マスコミの報道もありました。

しかし、眞子さまが抵抗されているとか、紀子さまとすきま風が吹いているとか、LINEで小室氏と連絡を取っているとか、すんなり辞退してくれないという小室氏に関係者がため息をついているとかいうものが多かったのです。

さまざまな問題が…

眞子さまと小室氏との結婚がなぜ皇室にとっても困るのか。

小室氏の母親のトラブルとか、母親の信心をめぐる問題とか、父親と祖父の自殺とかも心配なのは間違いないでしょう。

しかし、根本的な問題は、経済的に元内親王として品格を保ち、期待される役割を果たしていっていただくことがいまのところ絶望的だと言うことなのです。

そこをもう少し考えるべきでしょう。

眞子さまは結婚されても皇室と関係なく庶民としての生活を送られるわけではありません。

テロや誘拐、変質者に狙われやすい立場なので、必要に応じてSPがついたりもします。

それなりにセキュリティの高いお住まいに住んでもらわなければいけないのです。

公務をされないとはいえ、宮中の行事や親戚とのお付き合いに呼ばれることもあります。


黒田清子さんでもそうですが、皇族や旧皇族関係の人が減っているなかで、伊勢神宮祭主とか準公的な名誉役職につくことが切実な問題として期待されているのです。

そのため、実家にそれなりの資産があって、配偶者もエリートサラリーマンとして程度の収入がないと成り立たちません。

黒田さんの場合、学習院に子供の時から通っていたというのだからそれなりの資産があり、母親が住んでいるのもいわゆる億ションです。

都庁のエリート職員だから安定しているし、将来において黒田氏は皇室関係者としての仕事についてもこなせそうです。

小室家の身の丈に合っていない生活

昭和天皇の皇女が、東久邇、鷹司、池田、島津家に嫁がれていきました。

三笠宮家が近衛、裏千家といったところと結婚されているのと比べれば大違いです(これらの方も戦後はたいへん苦労されたが、これは異常事態のなかでの話)。

それと比べると、小室家は庶民的なマンションに住み、母親にはパート程度しか収入がありません。

そして本人はパラリーガルという弁護士のアシスタントですから、いまや弁護士でも過剰で生活苦と言われるなかで、大企業サラリーマンのように将来の年功序列での昇給が望める仕事でないのです。

そして、かつて勤めていた銀行でも現在の事務所の関係者からも、残念ながらあまり有能という評判は聞こえてきません。

なかには、アメリカに夫婦で留学してMBAでもとったらという提案をする人もいます。

その原資は眞子さまに税金から支払われるであろう1億6000万円の一時金から出すしかなさそうである(支援者をみつけるという手もあるがろくなことはあるまいし、皇室関係者がそういうことをすることは好ましくありません)。

当然、住むところもこの一時金、目当てになるでしょうから、1億6000万円は最初の数年で使い果たしてしまいかねないのです。

眞子さまも働けばという人もいるが、少なくとも、これまでのところ、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をするというようには育てられないので難しいでしょう。

一時金の使い道を考える

小室氏やその母親が実直で簡素な生活をしてきたのかといえば、まったく違います。

自殺した公務員に残された母子家庭が、祖父が父親の後追い自殺したがゆえに手に入った少しの遺産、住宅ローンについていた生命保険でそのまま住めたマンション…。

わずかばかりの遺族年金、それに母親のパート収入という状況。

インターナショナル・スクールに通い、都内の私立大でも授業料が高いICUに入学。

自宅通学が無理なのでやはりかなり高額といわれる寮に入ります。

そして、アメリカに私費留学し、アナウンス学校に通いといった、かなりの高所得者でも躊躇する超贅沢な学業をしているのです。

当然に背伸びしているので、母親が金回りのよい男性と婚約して、必要金額以上の金を無心しています。


もし、小室氏が同様の家庭環境で、公立高校から国公立大学に進んで、アルバイトしながら大学を出て、語学も工夫しながらエコノミーに学び、まっとうな就職をしていたとします

それなら、眞子さまとの結婚がなんとかうまくいくように工夫して応援したいのですが、小室氏母子の過去の行状からすれば、そんな気も起きません。

さらに、これからも母子ともに経済的なサイズに合わない贅沢な生活をし、おねだりをすることもありうると予想しても失礼ではないでしょう。

また、どう考えても1億6000万円を当てにせざるを得ないし、それも早々に使い切りかねない客観状況なのです。

そして、そもそも、税金から払われる一時金。

母子の非常識な生活を支えることを想定したものでなく、元皇族としての品格を保ち、準公務のようなこともこなしていただくことが目的であることを考えれば、支出の正当性も問われるのではないでしょうか。

そうなれば、一時金制度の見直しも視野に入れた議論が必要になってくるのは必至です。

ネットの反応

「天皇陛下夫人である雅子さんのご両親でさえ警備なしで生活してるのに、これだけ要求する人はやはりすごいなと思う。普通に国民の税金をなんだと思っているんだろうね。眞子さまを応援している人ってどれくらいいるんだろうか。」

「正直、小室は親子揃って頭がおかしいと思う。皇室を乗っとりたいのか、財布としか見てないのか、はたまた別の野望があるのか?真偽は分からないが、基地外には変わりない。基地外はさっさと逮捕でもされないかと切に願う。小室が逮捕されれば流石に眞子さまも目が覚めるかと思います。」

「この母親ヤバいでしょ。何らかの人格障害あるんでしょうね。内定白紙と報道され錯乱して二次障害でも発症したのでしょうか。小室家とハッキリと破談にしないとこの親子を通じて芋づる式に闇の世界と縁を持ってしまいそうですね。」

内定が白紙となれば賠償請求するという話もありますね。

内定決定後の警備の要求もすごかったようですし、母親の佳代さんは性格的に難があるのは間違いないでしょう。

おすすめの記事