購入して後悔した家電3つ…これは二度と使わない

便利な最新家電は普段の生活をより豊かでおしゃれに彩ってくれます。

しかし、自分の生活スタイルに合わないと、無用の長物になってしまうかもしれません。

そこで今回は、買うだけ買って使わなくなった家電を3つご紹介します。

おかずも一緒に作れる電子炊飯器

基本的にはひとり暮らしなので、できる限り食事の際に使う食器や調理器具は少なくしたい……そんな人にとって電子炊飯器は魅力的なキッチン家電です。

炊飯器でご飯を炊くとき、一緒におかずの調理もできます。

しかし、何度か温野菜などを作ってみるものの、「おかず用の食材を用意してセットする」という、ちょっとした手間が面倒に感じてしまう人も少なくありません。

結局、調理用の部品も邪魔だと感じて炊飯器のそばに置かなくなり……あっという間に単なる炊飯器としてしか使わなくなることもあるのです。

使い道が限定的?スマートスピーカー

音声で、音楽をかけたり家電を操作したりできるスマートスピーカー。

しかし、音声のみでできることは、まだそれほど多くありません。

「いちいち『OK〇〇、ラジオをつけて』と呼びかけるのが面倒」(31歳・男性)
「照明を連動させたいと思ったけど、手順が複雑そう……。音楽をかけるくらいしか使っていません」(29歳・女性)

最近はディスプレイ付き商品も登場しているので、今後のさらなる進化に期待したいところです。

エスプレッソメーカー

コーヒーに凝っていたころに購入したエスプレッソ&カプチーノメーカー。

フォルムが美しくミルクフォームも作れることに感心して購入しました。

しかし、実際に使ってみると想像より使い方が難しく掃除も大変です。

さらにでっぱりの部分が着脱不能で思ったより場所を取ることに後から気づく始末。

今は、すっかり使わなくなり収納場所にも困るので不用品として買取業者に引き取ってもらおうかと検討中です。

衝動買いは要注意

量販店などに行くと、多機能かつデザイン性に優れた最新家電がずらりと並んでいて、思わず手に取ってしまいそうになりますよね。

しかし、買ったは良いが上手く使いこなせなかったというケースは少なくありません。

購入前には一度立ち止まって、普段の生活スタイルを思い出してみてください。

自分の日常生活の中で、その家電が本当に役に立つかどうかよく考えてから購入すると、後悔することが少なくなるでしょう。




(↑クリックするとショップジャパンのサイトへジャンプします)

おすすめの記事