高齢者の入浴は気をつけて…朝風呂もよくないらしいよ

高齢者は避けるべきお風呂の入り方3つ…朝風呂、食後すぐの入浴、あと1つは?

大阪市の入浴中死亡データによると、施設で介助を拒んで1人で入浴し、不慮の事故が起きたケースがありました。

また、冬場に多い入浴中の事故だが、とくに危険なのが朝風呂だというのです。

介護施設で1人で入浴して不慮の事故も…

入浴は毎日の習慣。事故を起こしたくないから風呂に入らないということは不可能です。

ではどのようにしたら入浴時の事故を防げるでしょうか。

千葉科学大学危機管理学部教授の黒木尚長さんは、

「家族のサポートも欠かせない。5~10分ごとの声かけや、30分経っても出てこない場合など、異変を感じたらドアを開けて覗いた方がいい」

と言います。

恥ずかしがらずに家族と入浴したり、介助を受けることも手だ。と話します。

「大阪市の入浴中死亡データを5年分調べたところ、施設でも介助を拒んで1人で入浴し、不慮の事故が起きたケースがありました。
自分の力で湯船の外に出られないと感じたら、無理に立ち上がると立ちくらみで転倒する恐れがあるので、まず、湯船の栓を抜く。可能なら水を浴びて体温を冷やしましょう。また、できれば半身浴にした方が、上半身が空気に触れているので、多少の長湯でも熱中症のリスクが下がります」(黒木さん)

高齢者は控えたいお風呂の入り方3つの危険!

1.事故が発生しやすい”朝風呂”に注意

ヒートショックのリスクが高い「朝風呂」はなるべく避けたいところですが、どうしても入りたいという人は短時間で済ませるようにしましょう。

「朝風呂の場合は、しっかり脱衣所や浴室を暖めた上で、ちょっと熱めのお湯にさっとつかる。そうすれば、副交感神経がリラックスモードになる前に上がれます。シャワーは服を脱がず、足だけ、頭だけといったふうに体の一部のみにとどめたい」(前田さん)

2.食後すぐの入浴で意識障害も…

食後すぐの入浴も体に毒。血液が消化管に集まっているため、脳に血液が行き届かず意識障害を起こしやすいのです。

「最低でも30分、なるべく1時間は空けるようにしましょう。アルコールを飲んだ後は血管が拡張して血圧が下がっているため、入浴は控えてください」(早坂さん)

3.サウナの後の水風呂は高齢者は厳禁!

銭湯や温泉は脱衣所や浴室に暖房が完備され、人の目もあるため自宅よりリスクが少ないというのです。

ただし、サウナ後の水風呂はやめておきましょう。

「サウナで熱くなった体を水風呂で急激に冷やして “ととのえる”ことが流行っていますが、自らヒートショックを起こしにいっているようなもの。高齢者にとってはリスクでしかありません。また、銭湯の帰りは暑いからといって薄着は禁物。体が冷えると血圧が上がります。血行がいい状態を維持するためにも、しっかり体を拭いて、暖かい格好で帰るようにしましょう」(早坂さん)

おすすめの記事