新型コロナウイルス対策をめぐり、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(62)が100万人のPCR検査提供をぶち上げて撤回したばかり。

今度は楽天の三木谷浩史会長兼社長(55)も検査拡大を主張して、「周回遅れ」と批判されました。

ツイッターでの「炎上」が相次ぐカリスマ経営者ですが、本業でも火の車状態なのです。

孫子の兵法をすぐに撤回

100万人分のPCR検査無償提供について「医療崩壊を招く」と批判されると、介護施設と開業医にマスク100万枚を寄付すると方針転換した孫氏。

これも「一般人への供給が遅れる」と指摘されました。

しかし、本当に怒っていたのはソフトバンクグループの株主かもしれません。

投資先企業が不振続きで、2月12日の終値で5751円だった株価は今月19日終値では2687円まで落ち込み、27日現在3876円まで戻した状態です。


もちろん、今後も楽観視できるどころか、2千円割れの危険水域も予想されます。

同社は23日、株式などの保有資産のうち最大4兆5000億円分を売却。

確保した資金は最大2兆円分の自社株買いや負債削減に充てると発表しました。

同日の株価はストップ高となったのですが、守りの経営を余儀なくされているのが実情です。

新規事業は茨の道…三木谷氏

三木谷氏もツイッターで「医療崩壊が起こるから検査するなという人もいるがドイツ、韓国を見習うべきだ」とPCR検査の推進を提言。

元ライブドア社長の堀江貴文氏(47)に「検査したところで感染対策にはならない。気休めのために大金使うの反対」などと批判されていました。

三木谷氏率いる楽天も逆境です。

通販サイト「楽天市場」で、出店者負担による送料無料化の一律実施を見送ったのですが、公正取引委員会は独占禁止法に基づく審査を継続しているのです。

携帯電話事業にも孫氏の後を追う形で参入しましたが、大手3社に食い込めるかは不透明な状況です。

伝家の宝刀は不発…前澤氏

「100万円プレゼント」など大盤振る舞いで知られる「ZOZO」前社長の前澤友作氏(44)。

コロナ禍をめぐりツイッターで「経済回しました」として高級ワインの写真をアップしたのですが、「なんか違う気がする」と微妙な反応。

「こういう時に逆張りしてリスクをとれる人がヒーロー」などと発言するが、目立った行動には出ていません。

ネットの声

「今の検査方法では検査する側にリスクがありすぎる 検査に来た陽性の人から陰性の人への感染のリスクが大きすぎる それに精度の問題 陰性と誤判定され安心して動きまくり感染を広めるリスク それを理解してない富豪経営者たち 情けない話だと思う」

「前澤さんは素晴らしいことも提案しています。緊急対策として所得制限などせずに全国民に現金をバーンと給付。所得制限だのなんだのやっていたらスピード感が失われる。富裕層からはあとで臨時徴税すれば良い。それで富裕層が海外に流出する懸念もあるが、故郷に育ててもらって恩返しもしないようなのは出て行けば良いと。」

「孫正義氏は浅いブチ上げも派手だが、短期間で「ダメかな」と思ったら速攻撤回するからまだいい。三木谷氏は数日前のこういった発言をおかしいと思ってるのか無いのかは分からないが頑なに撤回しない。高須先生が言ってたが、大阪の松井市長が朝令暮改した際「素晴らしい」とツイしてた。正直、緊急事態とも言っていいこの時期はおのれのプライドは経営者はなるべく小さめでいてほしい、これが治まったらまたプライド復活すればいいですし。」

ダメだと思えばすぐに前言を撤回する姿勢は孫氏らしいところです。

しかし、今回の発言が世間の期待とずれていた面はありますね。

孫氏と三木谷氏は日本経済の中枢に関わる人物なので、『中途半端な知識で首を突っ込まないでほしい』という世間の見方もあったのではないでしょうか。

おすすめの記事