新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、「ゴミ」を巡る問題が浮上しています。

東京都の小池百合子知事はGW中の「断捨離(だんしゃり)」を後押しする動画の制作を掲げ、小泉進次郎環境相はゴミ袋にメッセージを書いて収集員への感謝を伝えようと提案したのです。

一方で、清掃工場で働く職員からはゴミを直接持ち込む利用者が増えたことに対し怒りの声があがっています。

政治家の「ゴミ捨て」巡る提案

小池知事は4月23日の記者会見で、今年のGWを、都民に在宅を呼びかける「STAY HOME週間」と位置づけると発表しました。

在宅中の過ごし方については、都による「STAY HOME週間」のポータルサイトを通じて提案するとしたのですが、そのコンテンツの一つとして、

「家の中を断捨離しようという方もいらっしゃるかと思いますので、片づけコンサルタントのこんまりさんこと近藤麻理恵さんからもご協力をいただいて、『片づけの極意』などを教えていただく」

と「断捨離」を後押しする動画を制作すると発言しました。

なお、近藤さん協力の動画は4月30日時点でアップロードされていません。

また、小泉環境相は4月28日の記者会見で、在宅時間の増加により一部地域で家庭ゴミが増え、ゴミの収集・運搬に遅れが生じたり、収集員の感染リスクが高まっていると指摘。

現場で奮闘する収集員への感謝を伝えるため、ゴミ袋に感謝や激励のメッセージを書いてSNSで発信して欲しいと呼びかけました。

小泉氏が具体例として掲げたゴミ袋には、環境省職員の子どもが書いたというメッセージ「いつもありがとう みおより」と収集車の絵が描かれていました。

清掃工場は「隠れた3密、クラスターの温床」

政治家たちが「ゴミ捨て」に関するポジティブなメッセージを発信する一方、J-CASTニュースの読者投稿フォームには清掃工場で働く職員を名乗るユーザーから、悲痛な声が寄せられています。

小泉環境相も言及した家庭ゴミの増加が、現場にしわ寄せとなっていることをうかがわせるものです。

都内在住で、とある市の清掃工場で働くという男性は、緊急事態宣言の発令を受けて粗大ゴミの持ち込みが「例年の2倍」になったと話します。

粗大ゴミを持ち込むのは主に「家族連れ」「シニア」「サラリーマン」。

「行くところがない在宅難民が、家の片付けを暇つぶしとして行っている。その粗大ゴミを、連日渋滞を作りながら持ち込んでいる」

と語っています。

労働環境も劣悪で、

「フェイスガードも無く、ソーシャルディスタンスも取れず、マスクの支給もない中、丸腰で市民対応をさせられています。隠れた3密、クラスターの温床です」

と危機感を露わにしています。

小池都知事が「断捨離」の動画を制作するとしたことには、

「今でも疲弊している現場に対して、さらに自粛をしないで、ステイホームせずに粗大ゴミを捨てることを助長するような動きは、(労働環境の改善から)全く逆行するものです」

と憤りを隠しませんでした。

自粛で暇を持て余している

地方都市の清掃工場で働くという男性は「『暇を持て余しやることないから片付けた』と言って、ゴミを持ち込む人が急増しています」と嘆いています。

その多くは「緊急性のないもの」で、「分別ルールも守られず窓口での対応も一苦労」と話すのです。

ゴミを持ち込む人の中には「マスクをしない高齢者」も多いといい、

「要領を得ず大声でのやり取りに疲れます。もう少し外出自粛の意味を分かってほしいです。万が一施設で発症すれば、収集停止にもなりかねません」

と警鐘を鳴らしていました。

ネットの反応

「清掃工場は「隠れた3密、クラスターの温床」本当にそうだと思います。こういう方達に、余分な負担を強いないようにしないと。清掃工事でクラスター起こったら、大変なことになる。住民のゴミ出しも制限される可能性あるし。」

「本当に申し訳ないと思う…自分は棄ててしまえば身の回りが片付いてスッキリするけれど、このゴミは一体どこに行くの?と思うと、「ごめんなさい、これからは無駄な物は買わないように気をつけます、調味料はビンではなく詰め替えパック式の物を使います」と心の中で謝りました…」

「やることないから片付けはいいと思うけど、一方でそれで他人の仕事を増やしたり、外出してしまっては結果的に自粛にならないってことかな。難しいけどバランスだよね…」

家にいるとどうしても普段しないことをしてしまいます。

ゴミ問題も大変です。おとなしくしておくのが一番とは言いませんが、ほどほどが大事ですね。

おすすめの記事