「休暇でもないのに、舞妓が実家に帰るなんて」

そうため息をつくのは、京都で老舗の店舗を営む男性。

4月の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、京都府でも遊興施設や夜の接待を伴う飲食店などへの休業要請を行っていました。

この影響で、京都の街の“シンボル”とも言える芸妓や舞妓が姿を消して久しいというのです。

花街にも自粛要請が…

京都には81人の舞妓と165人の芸妓がいます。

花街(かがい)では、舞妓や芸妓はお茶屋に呼ばれて唄や舞を披露するのです。

客は仕出し料理を味わいつつぜいたくな空間を楽しむわけですが、「一見さんはお断り」。

なじみの富裕層らの娯楽の場でもあるのです。

しかし、コロナによる休業要請を受けてお茶屋も5月末まで一斉に自粛に入りました。

花街に詳しい人物がこう話します。

「厳しい修業を経て身につけた芸妓や舞妓の芸事は、京が誇る伝統文化です。それが、休業要請の項目にある『接待を伴う飲食店』に含まれるかといえば、京都府のお役所でも『判断は難しい』というスタンス。ですから5月末までは、自粛の形をとることになったそうです」

芸舞妓は人手不足

芸妓や舞妓といえば近年はなり手も少なく人手不足の代名詞。

さすがにお茶屋が休業してしまっては出番もなくなります。

花街の催しに出るため練習を続けた舞妓らもいたようですが、彼女らをあずかる置屋では、実家に帰すところも出ていたのです。

5月21日には京都府の緊急事態宣言も解除されましたが、客足が戻るかも読めず、いつ元通りの状態になるかは不透明ということです。

高級料亭には影響なし

逆に、京都でひっそりと営業を続けているのは一部の高級料亭。

京都には、ミシュランの星を獲得するような老舗の和食店や高級料亭があります。

創業100年以上の老舗では自前の土地に広い建物、ゆったりとした個室も多く、3密にはならないのです。

こぢんまりとした店舗でも、

「お客さまは、1日1、2組に限定して予約があれば店を開けています」(ミシュランの星獲得店)などと、制限を設けて営業しているのです。

めったに予約の取れない店も、いまならば比較的空いているとか。

老舗和食店の店長がいいます。

「京都は創業100年、200年の店も多く、土地持ちならば高い賃料もない。そういう店はまだまだ維持する体力があります。コロナが収束したら、ぜひ京都に足を運んでください」

ネットの反応

「そう、京都もやばいとか土産物屋が悲鳴とかニュースになるけど、それはインバウンドを当て込んでよそから最近やってきたお店の話。
昔からの旅館や土産物屋や料亭は自分たちの土地だから、賃料云々は実は割と他人事なんですよ。
もちろん長引くと苦しくなるけど、まあ徐々に戻ればいいね、という感じ。
京都以外でもそういう店舗はたくさんあると思うのに、なぜネガティブな報道しかできないのか。」

「高級料亭に出入りしている業者です。
安泰なのは、ほんの一部です。
びっくりするくらい予約が入っていないらしいので、
あと2、3ヶ月この状態だと倒産する料亭がでますよ。
支払いを渋ったりしだすと倒産する前兆なので売掛をしている業者さんは、気をつけたいくださいね。」

「祇園でも通りに面した店は外人客が多く特に昼はほとんどだった店も多い。そのために板前を沢山雇ってたりもする。そんな店は自己所有ではないし若い衆10人くらいは雇ってるから大変そう。
なんだけど実は昼は五千円で50~100人、夜は15000円平均で50人、おおよそ平均して月に三千万は売り上げて来てるから2、3か月では潰れません。クラブとかは店が広いので家賃は大変だけど嬢達の固定給が少ないから持ちこたえられる。
飲食店でも3月、4月にオープンだったところや開店間もない店で余力がないところは厳しいみたいで、あるかなり投資してまるまる一軒新築し昨年開店した店は流行ってたけど潰れたみたいだ。毎月の返済をその月の売上から払ってるような店はそうなります。何年も修行して貯金してやっと開店してこれだと気の毒としか言いようがない。」

高級料亭は一見さんお断りです。

常連客についていくしかないですから、高級料亭の「おこしやす」は京都一流の皮肉なのかも?

おすすめの記事