「正直、私たちの仕事は繁盛しています。この状況になって、今まで導入していなかった会社・部署も、在宅勤務を推進し始めましたから」

そう話すのは、都内のIT関連企業に勤めるAさん。

緊急事態宣言が出る前から

3月25日の緊急記者会見で、小池百合子都知事(67)が「重大局面です。できるだけ、仕事は自宅でお願いしたい」と語ってから、テレワーク導入の機運は爆発的に高まったようです。

「テレワークには、自宅のインターネット環境が必須。私の会社では、Wi―Fiルーターの代理店業もおこなっていて、もう今年の契約ノルマを達成してしまいました」(Aさん)

パソコン周辺機器大手「ELECOM」の担当者もこう話します。

「ヘッドセット、ウェブカメラなどの商品は売り上げが伸びています。もともと今年は東京五輪開催時の混雑緩和のためにも、テレワークの需要が伸びるのは想定していましたが、かなり早い段階で浸透した印象です」

デリバリー業界も

いわゆる、“巣ごもり消費” の影響も見えてきました。

デリバリー需要の高まりから、正社員200人・アルバイト5000人を新たに採用すると4月2日に発表した、宅配ピザの「ドミノ・ピザ ジャパン」。

好業績が予測されるのですが、担当者は時節柄か「お答えできません」と少し困り気味に言うのです。

新規入会休止も…

生鮮食品宅配の「オイシックス・ラ・大地」では、新型コロナの影響により注文が殺到しているため、一部サービスの新規入会を休止したのです。

「台風や大雪でも配達してきた経験があるので、今回もきちんと危機管理をしながら宅配しています。売り上げが伸びている?……購買していただく機会は増えてきています」(オイシックス担当者)

自炊意識の高まりからか、「ふりかけの売り上げ、需要が増えています」と話すのは、「丸美屋食品工業」の担当者。

「レトルト食品、キャラクターカレーなどでも売り切れてしまう商品があります。お客様に届けられるように、いまは増産態勢で臨んでいます」(丸美屋担当者)

まったく別の業界からも、景気のいい話が聞こえてきた。「思わぬ理由から好況に沸いている」と話すのは、美容整形外科医のCさん。

「大がかりな整形手術になると、『ダウンタイム』という術後の腫れが引く期間を設けないといけません。ですが、いま世間は外出自粛中ですし、外に出るときのマスク着用も不自然ではない。『ダウンタイムがあっても困らない』という理由で、手術希望者が殺到しています」

ネットの反応

「健康な体にメスを入れて整形…。ダウンタイムに免疫が落ちて、コロナに罹り、重症患者になったら。とか考えた方がいいと思う。コロナと戦う医師がたくさんいるのに、今ならバレないと勧める医師と自分は大丈夫だと整形する人。私はマツエクだって行かないでいる。どうか自粛してほしい。」

「好況の業種の経営者はウハウハかも知れませんが、末端で働く人々はコロナにおびえながら働いていると思います。利益を内部留保するのではなく、社員のために使って欲しいと思います。」

「書店勤務ですがうちも巣籠もりの影響か自宅で本を読もうとされるお客さんで店内賑わって売り上げ好調です。しかし来店して頂けるのはありがたいのですが俗に言う3密な環境ゆえ、いつクラスターが発生してもおかしくない環境なんで怖さもあり複雑な心境です。今まで発症者が出てないのが奇跡的な位ですよ。」

デリバリーは、大量に採用しているようですが、終息した時は大量に解雇もあって手放しでは喜べないでしょう。

それでも稼げるときに稼ぐという商魂のたくましさは必要ですよね。

おすすめの記事