人材大手のパーソルキャリア(東京都千代田区)が、運営する転職サービスdoda上で行った調査によると、7月の転職市場における求人倍率は1.61倍となり前年同月を大きく下回りました。

求人数も前年同月に比べ3割以上減少していて、ほとんどの業界で新型コロナウイルスによる買い手市場化が続いています。

一方で主な業種別に見ると、「金融」だけが求人倍率が前年同月と比べて逆に上がる結果となったのです。

コロナ禍による不況にもかかわらず、ちょっと意外な背景があるようです。

厳しい転職市場を反映

調査は、ホワイトカラー系の仕事を中心に求人件数約10万件、累計の会員登録者約560万人を持つdodaのデータの一部を使用。

登録者1人当たりの中途採用の求人数を算出して求人倍率としました。

全業種での7月求人倍率は1.61倍で、前年同月より0.87ポイントも下がりました。

前月に比べても0.05ポイント下がり、厳しい転職市場を引き続き反映した形です。

特に低かったのは「小売・外食」で0.51倍。

コロナ禍による営業自粛や時短営業といった業績への悪影響が、採用活動にも響いているとみられます。

4.7倍と他業種より高めの求人倍率である「IT・通信」も、現在よりはるかに売り手市場だった前年同月と比べると2.54ポイントも下がりました。

やはりコロナ禍の余波は免れられなかったようです

コロナ禍でも「金融」の求人はなぜ戻る?

一方、前年同月より0.18ポイント増え1.86倍と、主な8業種のうち唯一逆に求人倍率を伸ばしたのが「金融」。

求人数でも、前年同月よりは微減となったものの、前月に比べると2.8%増えました。

実は金融では他業種と違い、6月ごろから徐々に求人が戻る傾向にあったようです。

パーソルキャリアの担当者は

「コロナ禍を受けて逆に生保や損保サービスは需要が高まる傾向にあるとみられ、こうした企業では採用活動も引き続き活発になっている」

と分析しています。

また、感染症である新型コロナの流行に限らず、一般的にリーマンショックのような急激に発生した不景気では、

こうした保険会社はやはりニーズが増すため、他業界より採用も積極的に行う傾向にあるようです。

テレワークができる業種も堅調

先行きの見えない、コロナ禍による転職市場の暗雲。

同社の担当者は

「最近でも、テレワークの浸透により社内SEなどの募集は比較的堅調。また、コロナ禍では業界経験があり即戦力のある人材が求められる傾向にある」

とみています。

ネットの声

「要は保険の外交がたりないということか。」

「ウーバーイーツかと思った」

「この時期保険に入りたいという人っているのかな…」

保険外交員はこれから無くなる職業の筆頭と言われていますが、難解な保険をわかりやすく説明してくれる人は必要ですからね。

おすすめの記事