コロナワクチン接種で副作用が出る人と出ない人の違いは?

コロナワクチン副作用出る人、出ない人の違いって?

新型コロナウイルスが猛威を奮って早くも1年半になろうとしています。

2021年2月、ようやく日本でもコロナワクチンの接種が始まりました。

そのような中、一刻も早くコロナを収束させるために、いち早くワクチン接種を希望する人もいる一方で、治験中のワクチンだからこそ打つべきではないと接種を検討する人もいます。

自分の意思でワクチンの接種を

専門家の中でもワクチンの有効性と副作用について、様々なデータと意見が散見される現状に、正しい情報とは一体なんだろう、と頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

そこで、「新型コロナウイルス」と「ワクチン」に関する様々な疑問を、近藤誠医師が事実に基づいて徹底的に解説する『新型コロナワクチン 副作用が出る人、出ない人』(小学館)が発売されました。

ワクチンは「みんなが打っているから、私も打とう」というようなあいまいな気持ちで打つようなものではありません。
すべてのワクチンは任意接種。
「必要性」「有効性」「安全性」の3つの要素を検討し、熟慮の上で選択されることを望みます。

と、近藤誠医師が述べるように、今出ている情報をきちんと吟味し、自分の意思でワクチン接種を決めてほしい、そんな願いが込められているのです。



『新型コロナワクチン 副作用が出る人、出ない人』 近藤誠 (著) 小学館 (2021/7/12)

目次

  • 第1章 変異株の疑問に答える
  • 第2章 ワクチンの必要性
  • 第3章 よくわかる免疫の仕組みQ&A
  • 第4章 人々が知らされていない、ワクチンの不都合な真実
  • 第5章 コロナワクチンの特徴と臨床試験
  • 第6章 ワクチン接種後の死亡例と副作用
  • 第7章 日本人の副作用死の実情
  • 第8章 結局、ワクチンは打った方がいいのか?

そのほかにも、

・急激に増えつつある変異株は本当に死亡率が高いのか?
・よくわかる免疫の仕組みQ&A
・なぜアナフィラキシーは女性に多いのか?
・コロナワクチン接種後の死亡例と副作用の実情
・「血栓症」と「脳卒中」は新たな副作用なのか?
・突然死の原因はサイトカインストーム?

など、コロナの常識から最近発見された新事実まで、わかりやすく徹底解説しています。

ワクチンを打つ前に知っておきたい情報が盛りだくさんの本書。

自分の命は、自分で責任を持てるように、きちんとチェックしておきたい。

これからワクチンを打つ予定の若い世代やお子さんのいる親御さんたちにも広く読んでいただきたい一冊です。

著者プロフィール
1948年生まれ。1973年、慶應義塾大学医学部放射線科に入局。「乳房温存療法」のパイオニアとして、安易な手術、抗がん剤治療を批判。2014年同大学を定年退職後「近藤誠がん研究所 セカンドオピニオン外来」を運営。主な著書に『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)、『医者に殺されない47の心得』(アスコム)など。

ネットの声

「コロナウィルスによる若者の重症化が増えているという報道に関して、若者にもワクチンを打たせようとする意図が見え隠れするという近藤先生のご指摘が鋭い。この猛暑ではウィルスも死んでいるでしょう。」

「ワクチンは「みんなが打っているから、私も打とう」というようなあいまいな気持ちで打つようなものではありません。たしかにそうだなぁと思いました。流される、流されないではなく、自分でしっかりその実態を知る。そして、打つ、打たないでどうしたいのかを何と考える。こうしたことが大切なんですね。本当は若い人にこそオススメの本です!」

「コロナ事情の変化に対応するように、またまた近藤先生の新作が。前作『新型コロナとワクチンのひみつ』はコロナ全般+感染症+ワクチンという感じでしたが、こちらはとことんワクチンの話でためになることばかりでした。とりわけ、イギリスやイスラエルなど日本よりかなり先行している国の事情や、何より日本人のワクチン副作用死の最新事情が恐ろしくも役に立ちました。しかも「緊急追記」と題して最新の日本のワクチン接種後の死亡の調査内容を入れるなど、ギリギリまで情報をアップデートしようとした粘りも伝わってきます。」

 

おすすめの記事