交通事故死よりも窒息死が多い現実…嚥下機能低下に気をつけたい

餅だけじゃない! 窒息死は交通事故死の2倍…嚥下機能低下の6つの症状

不慮の窒息で亡くなる人は交通事故の2倍! 

のみ込む力が弱ってくる高齢者には、お餅だけでなく、あらゆる食べ物に危険が潜んでいます。

どうやったら窒息を防げるのか…専門家に聞いてみました。

交通事故死を上回っている

食べ物をのどに詰まらせて息ができなくなり病院に搬送された患者の多くがこう話すそうです。

「まさか、自分が窒息するとは思わなかった」

厚生労働省の人口動態調査によると、不慮の窒息による昨年の死者数は8095人に上ります。

2006年から交通事故による死者数を上回り、16年からはその差が約2倍となるほど増えているのです。

食べ物がのみ込みにくい「嚥下(えんげ)障害」のある人が特に危ないと思われがちですが、それは間違い。

高齢者は食事をするときいつでも窒息のリスクがあるのです。

武蔵野赤十字病院特殊歯科・口腔外科部長の道脇幸博さんは、同院救命救急センターに搬送された症例のうち、食品による窒息と判定された107人を分析しました。

この調査では、約半数が到着時点で心肺停止状態になっていて、約6割が死亡したそうです。

男女はほぼ同数で、年齢は60歳以上が85%以上でした。

約7割に認知症や脳梗塞、パーキンソン病、精神疾患などの既往歴があったものの「自分で食事ができ、食事形態は普通食」が半数を占めたのです。

嚥下障害の有無は記載なしを除いて、半々でした。

時間帯は昼夜問わず、ほぼ同じだったのです。

月別では年末年始に餅による窒息がやや増えますが、一年を通して事故は起きています。

窒息の原因となった食品はあらゆる固形物で、ご飯、おにぎり、おかゆ、餅、パン、肉類、肉だんご、刺し身、ワカメ、菓子類(ビスケット、カステラ、凍ったゼリーなど)や果物(バナナ、みかんなど)でした。

どの食品で窒息しても、同じくらいの割合で死亡に至っていたのです。

ミキサー食や流動食の人も窒息を起こしていました。

道脇医師はこう説明します。

「高齢になると歩くときに転びやすくなるように、誰でも嚥下機能が低下します。しかし、本人も周囲も気づきにくい。嚥下機能低下の症状が出ていても、それが窒息につながることも知られていません」

6つの症状に注意

嚥下機能の低下を示す次の6つの症状に注意する必要があるそう。

(1)食事中にむせる(うまくのみ込めず、食道でなく気道に入る)
(2)口の中に詰め込むように食べる(のみ込む前に食べ物で気道を狭くする)
(3)一口量を何度ものみ込む(のみ込み切れず少量が口腔内に残る)
(4)食事時間が長くなる(1回でのみ込める量が減っている)
(5)食事をすると、のどにたんがからむようなガラガラ声になる(のみ込み切れない食べ物が声帯に付着して声が出にくくなる)
(6)口の中が乾く(唾液[だえき]の分泌が悪くなって、咀嚼[そしゃく]した食べ物が塊にならずのみ込みにくくなる)

高齢になると、食べ物をかむ力、唾液量、舌で塊を作る運動機能などが低下し、それらがのみ込みの悪さにつながります。

道脇医師は

「窒息事故は、これらののみ込み機能の低下、食品の種類と量、食べる環境(姿勢や場所など)のバランスが崩れたとき起こります。高齢者は日によって体調に波があるため、誰がいつ窒息を起こすか、予測が非常に難しい。交通事故対策のように事例を収集解析してデータベース化するなど、社会的に予防対策に取り組む必要がある」

と提言しています。

このように、窒息は身近な事故と言えるでしょう。

日常生活では、どのように予防すればいいのでしょうか。

東京医療保健大学医療保健学部看護学科講師の山之井麻衣さん(看護師・介護支援専門員)は高齢者が窒息につながる要因をインタビュー調査によって明らかにしています。

インタビューは、65歳以上の高齢者14人、自治体で働く保健師や社会福祉士、地域包括支援センターで働く看護師、ケアマネジャーから聞き取りました。

「高齢者個人」と「環境」の側面から分析した結果、次のような特性があることを導き出したのです。

一人で食べない 良い姿勢も大事

高齢者個人の特性については、

「うっかり詰まらせてしまった」
「目が悪くなっているので、ちょっとしたくぼみが見づらい」

など身体機能の低下を意識していなかったり、

「むせたって、気にしない」と老化をあきらめていたり、認知機能が低下していたりする傾向がありました。

山之井さんは「特に、75歳以上の方の食事中のむせは命にかかわる入り口になると認識すること、むせは予防できることを知ってほしいです」と強調します。

むせを予防し、かつ、食事をおいしく食べるためには姿勢に気を付けるようにします。

「前かがみになったり、下を向いたりでなく、前方を見て背筋を伸ばして食べるほうが、のどのさまざまな機能が適正な位置で働き、のみ込みやすくなります」と説明。

また、窒息を起こしやすい人の特性として、

「一人で食事をする」
「窒息を起こしやすい食べ物を好む」
「不適切な姿勢で食べる習慣がある」

などが挙がっています。

山之井さんは「地域に誰かと一緒に食べる場があれば、日頃の食事の状況を見てもらえます。家庭外の居場所づくり、仲間づくりは大事です」と助言します。

もう一つの環境面については、「口腔内のメンテナンス」、特に入れ歯の手入れをしていなかったり、合わないまま使っていたりすることや、

メガネも昔作ったまま使っていることが窒息と関連があると研究で指摘されました。

「家族や介護者が忙しく気持ちに余裕がないときの関わり」も窒息事故とつながる可能性があるそうです。

いま、オーラルフレイル(口の機能が虚弱になること)への早期対応が呼びかけられています。

嚥下機能低下はその一つ。

「口の機能のささいな衰えを放置することが身体機能の低下を招き、要介護状態へとつながります。高齢者自身がおいしく食べることを意識するとともに、医療・介護専門職や家族がタッグを組んで、食環境を整えていくことが重要です」

と山之井さんは話しています。

ネットの声

「基本的に、しっかりと観察する事。無理と思った時は食事形態を変更する。後は本人がどれだけ要求しても、形態を変えない。何でもかんでも、ぎりぎりまでしようとするからこうなる。今後は、刻み食や、ミキサー食、ムース食などの、クオリティをあげるしかない。介護の現場にも、食事を作る会社にも限界があるので、利用者さんは、ある程度受け入れるしかないとは思います。お金があれば別ですが。介護の制度そのものが、金持ちを基準にしてるからこうなる。」

「食べにくいものは餅の他にも蒟蒻や海苔、わかめ、麺類なども口の中に張りついて危ないし、咀嚼しにくいものは筍、牛蒡、蕗、セロリ、きゅうりなどは食べものとしては固い上に飲み込めない。
自前の歯や入れ歯で噛み砕いて食べられるならいいけど、歯茎や舌ですり潰して食べる場合はそれらの食品は献立として出さない事も必要。」

「咀嚼や嚥下の力が低下しているのに、多めに頬張りろくに噛まずに飲み込もうとする。若い頃の癖や習慣はなかなか抜けない。」

咀嚼が大切ということです。十分にできない人は固形物を控えるしかないかもしれません。

おすすめの記事