社会人としてのルールがまだしっかりと身についていない新入社員は、失敗がつきものですよね。

しかし、中には上司や先輩社員の想像をはるかに超えるような、常識外れな行動をしてしまう新入社員も少なくありません。

今回は、実際に出会った新入社員の仰天エピソードについて紹介します。

メモを取らず写真に撮る

「会議中、突然パシャっという音がして振り返ると、新人がホワイトボードに書かれた会議メモや資料を写真に撮っていたんです。『え、何をしてるの?』と尋ねると、『メモとるより手っ取り早いので写メ撮ってます。こっちの方が断然効率良くないですか?』と答える新入社員。その場にいた全員、目が点になりました。会議メモや資料は、顧客データや内部データなど、機密情報がたくさん記載された大切な情報です。『プライベートなスマホで当たり前のように撮影するなんて、一体何を考えているんだろう……』と唖然としてしまいました。上司に叱責されデータは削除しましたが、本人はあまり反省していない様子でした。これから教育していくことを考えると、途方に暮れてしまいます。」(30代女性/営業事務)

困ったら上司ではなく親に相談

「仕事で大きなミスをしてしまった新入社員に、『同じミスをしないために、どうしたらいいか考えて』と指導しました。数日経っても返答がないため、どういうつもりか聞いてみると『いまママに相談してるんですけど、返事が返ってこなくて……』と言われ、呆れて言葉も出ませんでした。自分で答えを出せないようなら、まずは先輩や上司を頼るのが筋だと思います。この年になって上司の前で母親を“ママ”と呼んでいる時点で、親離れできてないんだなとがっかりしました。」(40代男性/広告代理店)

敬語って知ってる?タメ口で話す

「5つ歳下の新人の教育担当を務めることになったのですが、敬語が使えない新人で驚いています。私のことを〇〇ちゃん呼ばわりするどころか、『了解!』『うんうん』『なるほどね』など、会話のほとんどがタメ口なのです。最初は明るくフレンドリーな性格なのかなと思うようにしていましたが、段々イラっとするようになってしまって……。こっちから敬語を強要するのも何だか気が引けるので、周りの先輩や上司に早く注意してもらいたいと心から願っています。」(20代女性/金融)

あいさつ回りを兼ねて男性社員の物色?

「新入社員があいさつ回りをしたときの話です。大きな会社なので、特定の部署のみのあいさつ回りだけで良いと伝えたのですが、全ての部署に挨拶に行きたいというのです。後で耳に入った話では、あいさつ回り後に『○○課の△△さん独身らしい』『□□課はイケメン揃い!』『誰が一番気になった?』という会話で、新入社員同士が盛り上がっていたそうです。あいさつ回り=男性社員の物色だったのでしょうか。職場での露骨な恋人探しはやめて欲しいですね。」(40代女性/メーカー)

仕事よりもプライベート重視

「一年の中で最も忙しい繁忙期に、インフルエンザを理由として新人が休んだんです。目が回るような忙しさでしたが、インフルエンザなら仕方ない……と新人の分まで頑張ることにしました。しかしその夜、クタクタな体でFacebookを見ていると、新人が『アイドルのコンサート!』と楽しそうに近況を報告していたのです。しかも、旅行気分で県外に遠出している様子でした。『何泊かするためにインフルエンザを利用したのか』と思うと、強い憤りしか感じません。嘘をついて仕事よりもプライベートを優先するなんてあり得ないですよね。せめてバレないようにしてほしかったです。」(30代女性/WEB関係)

とんでも新入社員に驚くことなかれ!

経験の少ない新入社員は間違いを繰り返しながら成長していくものですが、あまりに常識から外れた行動も困りものです。

今回紹介したエピソードのように、「想像を絶するような新入社員もいるかも!?」と覚悟しておくと、新入社員の仰天行動に悩むことも少なくなるかもしれませんよ。

現在の50代会社員も「新人類」と呼ばれていましたからね。

おすすめの記事