幸福実現党知ってますか?選挙があれば必ず候補者を擁立している政党です。国政選挙ではまだ当選者を出していませんが、地方選挙では37議席獲得しています。総議席数29,839のうちですから結党から10年…わずかながら進歩している政党ですよ。

もっとも右に位置する政党

ジャーナリストの田原総一朗氏は常日頃から

「日本に『保守政党』はない」

とぼやきます。

与党・自民党が保守政党では?

多くの人がそう思うことでしょう。一般的に現在の日本の政党の縮図は、「自民=保守」「公明・国民=改革保守」「立憲=リベラル」となっています。こうなるともっとも右側といえる自民党といえども、「憲法9条改正」を事実上放棄していて(実際は改正したくてしょうがないのだけど)、さらに経済政策でも「教育無償化」といったリベラル職の強い政策に舵を切っているのです。


そのため、田原氏は、

「自民党のみならず、他の政党はいずれもリベラルで、いってみれば自民党の左側に、よりリベラルな政党が連なっている」

と評しているのです。

そのような中で、極めてストレートに「保守」政策を掲げている政党がいます。

それが幸福実現党なのです。

幸福実現党の基本政策は、「防衛費倍増」「憲法9条を改正し、防衛軍を組織」「消費増税は中止し、5%に減税」です。ネットでの評判は、「自民党も真っ青な保守」「政策は、一番まともで、ぶれない」といった声も見られます。

田原氏は明言していませんが、幸福実現党は現在の政党の中では、自民党よりも右に位置する最右翼政党といっていいでしょう。

参院選での議席ゼロ

地方選挙では徐々にですが結果を残しつつある幸福実現党。しかし、国政選挙では結党10年にしてもなかなか議席を取ることができません今回の参院選では比例3人、選挙区9人の12人を擁立したのですが獲得議席ゼロに終わりました。

関心の高い年金制度についても、明確な積立型年金制度を打ち立てたのですが、これは従来の年金制度を打ち壊す政策です。保守といえども改革色の強い政策で、既存の年金制度の恩恵にあずかっている高齢者の指示を得ることは当然難しく、結果として惨敗に終わったのです。

どうしても振興政党であることがネックとなっているのは間違いないでしょう。不思議に思えるかもしれませんが、今回の参院選では、幸福実現党の活動がマスコミやネットでほとんど取り上げられなかったのです。

これは、今回に限らず毎回といっていいでしょう。政策としては、「国防」を主な論点として選挙活動を行っているのですが、これが有権者には理解してもらえない点も無視できないところです。

そしてなんといってもネックとなっているのが、幸福実現党のバックに「幸福の科学」という宗教団体が存在していることです。新興宗教ですから、どうしてもアレルギーのある人が多いのが実情です。もっとも、公明党の例がありますから、今後はどうなっていくのか…(公明党のバックの創価学会は大元が仏教ですから、そこまでアレルギーのある人はいないという点も考えないといけません)


マスコミが取り上げないのは、

「幸福実現党は公職選挙法などに規定する政党要件を満たしていないから…」

というのが大きな理由なのは間違いありません。他にもミニ政党がたくさんありますから。ここを突破しないとミニ政党は育たないといっていいでしょう。

バックが幸福の科学という現実

幸福実現党のバックに「幸福の科学」の存在があるのが最大のネックといっていいでしょう。公明党も同じでは?と言えるのですが、公明党は創価学会をバックにしながら、宗教色を出さないことで成功している政党です。

いっぽうの幸福実現党は、かなり宗教色を出しているのです。

「大川隆法氏の魂の本体は、仏陀やイエス・キリストを過去に指導していた神エル・カンターレである。大川隆法氏は、天皇陛下やドナルド・トランプなどの守護霊の言葉(霊言)を降ろすことができる。」

これでは、宗教色を嫌う日本では容易に受け入れられないでしょう。また、幸福実現党総裁が大川隆法氏であることも問題と言えます。

過激な言葉を敢えて使うと、守護霊や神と聞いて、幸福の科学を「やばい」「怪しい」「カルト」と考えている人も少なくないのです。

言っていることは(右翼)としてまとも…このような考えがあっていいと思います。しかし右翼の受け皿にならないのが返す返す残念と言えますね。

ネットの声

「幸福実現党は以前と比べて今回は話題性が乏しかった…」

「逆に考えると、幸福実現党って信者がたくさんいるのになんで弱いんだろ」

「N国みたいなインパクトがほしい。れいわのような思い切りも必要かも。右翼としては評価したいんだけどバックがね。幸福実現党の飛躍はかなり時間が必要かも。今回は元気なかったね。」

地方議員も排出しているので、ぶれずにがんばれば議席獲得もありかも??

おすすめの記事