昔は半強制!? 免許更新時に勧められる「交通安全協会」って何?

メリットはあるのでしょうか。

運転免許証の更新手続きをする際、同時に受付窓口で加入を勧められることのある「交通安全協会」。

加入自体は任意ですが、地域によっては事前の告知もなく義務のような形で加入させられるケースも過去にはあったといいます。

そもそも交通安全協会とはなんなのでしょうか。

交通安全協会とはどんな組織?加入するとどうなる?

交通安全協会とは、道路交通の安全を目的とする非営利組織です。

各都道府県に置かれる交通安全協会と、それらをとりまとめる全国組織の一般社団法人全日本交通安全協会で構成されています。

事故を減らすために警察や行政、地域住民と協力しながら活動し、啓発広報活動をはじめ、交通安全に関するさまざまな事業を展開。

事業内容は、交通安全活動の推進や普及啓発があり、交通安全の横断幕やポスターの作成などが代表的なものとしてあげられます。

ほかにも、交通安全運動の展開や交通安全講習会の開催など、さまざまな側面から運転者や歩行者の交通安全に貢献しています。

また、免許更新時の更新時講習の主催・講習時に渡される「安全運転のしおり」「交通教本」などのテキスト発行などもおこなっています。

最近では、急増している自転車による交通事故を踏まえて、新たに「自転車会員」の加入を呼びかけたり、

損害保険会社と提携して「自転車の任意保険」への加入を推奨する活動もおこなっています。

交通安全協会への加入手続きは、警察署や免許センターなどの窓口で、運転免許証の更新手続きの際に勧誘され、

更新と同時におこなうことがほとんどですが、東京都などでは勧誘をおこなっていないところもあるようです。

加入時に納める費用については都道府県によって異なりますが、年額相当300円から500円程度を加入年数分納入します。

その加入年数は、通常は次回の免許更新までの年数になっています。

例えば年会費が500円の都道府県で更新手続きをするゴールド免許所持者の場合、金額は500円×5年=2500円となり、期間は次回更新までの5年間ということになります。

加入する義務はないが

交通安全協会への加入は任意となっています。

しかし、任意であることの説明が十分でないまま半強制的に加入手続きが完了してしまうこともあるでしょう。

この加入の勧誘について、ある交通安全協会の担当者は次のように話します。

「加入は任意ですが、交通安全協会は協会ごとにバラバラなので、実質加入の勧誘がどのように行われてきたか、今はどうなっているかについて一概にどうとはいえません。
ただ、昔はほとんどの人が加入しており、加入するのが当たり前という感じはあったとおもいます。最近は昔より加入者も減ってきているので、任意ということは昔より認識されているのではないでしょうか」

最近は、交通安全協会に加入する人は全体の半数程度といわれています。

加入時に免許証カバーがもらえる程度にしか認識していない人も多く、加入直後のメリットがあまり感じられないことも加入者が減っている一因だといえます。

しかし、加入して会員になると都道府県により異なりますが、協会ごとに会員特典が用意されているといいます。

交通安全協会に加入するメリットは?

交通安全協会に加入すると受けられる特典では、チャイルドシートの貸し出しが受けられるというものがあります。

地域によってクリーニング代がかかる場合やレンタル料がかかるところもあります。

しかし無料のところも多く、福岡県や鹿児島県、岡山県、広島県、滋賀県、栃木県などでは無料で貸し出しをおこなっています。

期間は1か月程度のところが多いですが、長期のレンタルが可能な交通安全協会もあり、

里帰り時や購入するまでのつなぎなど一時的に必要なときに役立ちます。

ほかにも、都道府県によって、交通安全協会の会員カードを掲示することで飲食店やレンタカーなどで割引が受けられるという協賛店割引の制度や、

入院を要する交通事故にあうと約3万円程度の入院見舞金が支払われるといった特典もあります。

珍しいものだと、山梨県では交通事故による民事上のトラブル(損害賠償等)が生じた場合、

協会の契約弁護士に無料で法律相談が受けられるようです。

神奈川県では有料ですが、特殊車両などの受験をする人やペーパードライバーなど運転の練習をおこないたい人向けに、

免許センターコースでの運転練習利用や練習用の車両貸し出しをおこなっています。

こういった会員の特典は、都道府県や地域によってバラバラなので、

どんな特典があるか、条件や詳細などについて気になった人は、居住地の交通安全協会に確認してみるといいでしょう。

ネットの声

「一言で言えば、警察の貴重な退職後の勤め先だよ。そんなものに国民が付き合う必要はない。
大体、交通安全に関する講習は、警察の方で予算を組んでる。
交通安全協会は、それを受託する立場に過ぎんわけで、警察官が直接やっても全く問題はない。
人々の善意につけ込み、自分の懐を温かくすることばかりしてきたから、信用を失い、今や消滅の危機にある。
ハッキリ言って、悪意を持った詐欺集団と同じ存在でしかない。」

「メリット…ほぼ「ない」です。
2度目の免許更新の時から加入するのやめたけど、何の変化もありません。
更新前に案内ハガキが来るとか、申請書類を予め書いてくれるとかあるらしいけど、ハガキは免許センター(警察)から正式なものが来るし、書類だってさほどの手間もなく自分で書ける。写真だって結局免許センターで撮るから同じ。おまけで付いてくる免許証ケースもしょぼい。あえてメリットを挙げるとすれば、書類の仕上がりが早い分、申請受付の行列に早く並べたこととか? でも更新時講習はみんな一斉にやるので結局同じこと。
要するにPTAなんかと同じで「外郭団体」という名の利権組織ってことでしょう。」

「莫大な余剰金を毎年プールしているのに、交通安全教師は減る一方、優遇で弁護士無料相談ってどの県でも弁護士会の無料相談はあるし代理人になるには正規料金が必要ですから意味は無い、金の動きもわからない協会に払う必要はありませません。」

交通安全協会は、文字通り交通安全に関してさまざまな事業をおこない、事業を通じて、住民に対し交通安全の意識を高めることに貢献しています。

悲惨な交通事故の多い現代社会において、こういった交通安全の推進活動は、誰かがやらなければならない大切な社会貢献活動といえるでしょう。

おすすめの記事